今こそキャリアアップを本気で考えよう 資格試験で学ぶビジネスの極意!

業種、職種を問わず、Microsoft Office は、ビジネスを遂行する上で欠かせないツールとなりました。その利用スキルを証明する資格である MOS (モス) を取得している人材は、企業にとって重要な役割を担っています。

MOS とは?

Microsoft Office Specialist (マイクロソフト オフィス スペシャリスト) の略称で、Excel や Word などの Microsoft Office 製品の利用スキルを証明できる資格です。

立場や仕事内容が変わっても Office は必須のビジネスツール 華山聖二さん サイボウズ株式会社 ビジネスマーケティング本部ダイレクトマーケティング部セールスアドバイザー

資格取得者が語る、MOS のリアルなメリット

就職後すぐに実感した、MOS のメリット

私が MOS を取得したのは、今からおよそ 10 年前、大学 4 年生の頃でした。当時から営業の仕事をしたいと考えており、そのために必要となる資格の 1 つとして就職活動前に取得しました。

MOS のメリットは就職後すぐに実感できましたよ。当時、サイボウズでは営業部へ配属した新入社員に「100 万円売り上げなさい」という飛び込みの営業研修がありました。営業用のツールとしては、社内向けに全機能の概要をまとめた資料がありましたが、私は、お客様のニーズを元に個別の資料を PowerPoint で自作。お客様が興味を持たれた機能、役立つ機能をピンポイントに分かりやすく説明することが契機になり、効率的に契約につなげていきました。結果、切磋琢磨した同期の中で、私が 1 番に研修を終えることができたんです。

もちろん研修終了後もこの手法は継続。現場の営業として活動していた頃は、月に最大 20 本くらいの資料を作っていましたね。今は、会社として製品の説明資料を作るとなれば、社内向けの資料だけでなく、お客様向けの資料もセットで作成し、サイボウズのホームページに公開しています。遠方のため、対面でお会いすることが難しいお客様にも、自らサイボウズの製品を導入することへのメリットを感じていただけているのではないでしょうか。お客様を対応するほとんどのスタッフが PowerPoint を有効なツールとして活用しています。

Office 活用で社内外のあらゆる業務を効率化

MOS の取得で培った Office スキルは社外向けだけでなく、社内でも役立っています。数年前、上司と共に新しいチームを立ち上げることになったのですが、その将来性を計るデータの管理、分析に Excel が大活躍してくれました。

ちなみに今私が所属している部署は、その新規事業チームが発展、拡大したもの。現在は、私を含めて7人のチームを運営するようになり、お客様のもとに直接飛び込むということはなくなりました。でも、Excel や PowerPoint を使う頻度はむしろ増えたくらい。毎日、必ずこの 2 つのソフトウェアを利用していますね。立場や仕事内容が変わっても Office は必須のビジネスツールだと思います。

また、最近はチームのメンバー専任で、お客様向けに製品の魅力や機能の利用度を促進するセミナーを実施しています。そこでも PowerPoint を活用しています。限られた時間で、効率的に情報を伝えるには、PowerPoint が最適。アニメーション機能などを駆使して、お客様の印象に残るようなセミナーを行うように心がけています。おかげさまでセミナー参加後の反応も好評で、セミナーが契機となり導入へ結びつく事例もできています。ちなみに弊社代表も PowerPoint のヘビーユーザー。スライドの使い方は、まねしたいなと感じるほど。プレゼンスキルを高めるためには、PowerPoint を駆使することが不可欠ですね。

My Study Style - こっそり教える「私の勉強法」 -

「効果」を実感しながら続けることが合格の秘訣

華山さん

MOS は PC スクールで勉強しました。週に 3、4 回通って、半年くらいで一発合格しました。その半年間で一番つらかったのはずばり「続ける」こと (笑)。途中、何度もサボってしまいそうになったのですが、通学路の途中にあるスクールを選ぶことで何とか続けることができました。

その上で、勉強していくうちにだんだん楽しくなっていったのも続けられた大きな理由の 1 つだと思っています。それまでほとんど Office を使っていなかったこともあり、知らなかったさまざまな機能にただひたすら感心。「Excel ってこんなことができるのか!」といった感動がモチベーションを高めてくれました。また、覚えたことを当時取り組んでいた卒業論文などに生かせたのもうれしかったですね。クラスメイトからデータの作り方についていろいろ質問されたのを今でもよく覚えています。

目に見える効果を実感しながら学んでいくのが、MOS 取得への近道だと思いますよ。Excel や PowerPoint はどんな仕事をしていても役立つツールなので、多くの人にこのやり方が当てはまるのではないでしょうか。

人事担当者が、「MOS 取得」を勧める本当の理由とは?

MOS とは新しいウィンドウで開きます

MOS 試験の内容新しいウィンドウで開きます

MOS 公式サイト新しいウィンドウで開きます

ページ TOP へ
  • Twitter
  • Facebook