メールに署名をつける

Microsoft Outlook Tips

署名のあるメールは信頼できるし、わかりやすいもの。いつでも決まった署名を入れられたり、相手によって変えたりと署名を使いこなしましょう。

  1. Outlook ウィンドウで [ツール] メニューの [オプション] を選択すると、[オプション] ダイアログ ボックスが表示される。(1-1)
  2. [メール形式] タブをクリックする。(1-2)
  3. [署名] を選択すると、[署名とひな形] ダイアログ ボックスが表示される。(1-3)
  4. [新規作成] を選択すると、[新しい署名] ダイアログ ボックスが表示されるので、設定したい署名を作成する。(1-4)
  5. 作成した署名に名前を入力し、[OK] を選択。この方法で複数の署名を設定できる。(1-5)
    → [署名とひな型] ダイアログ ボックスに戻る。

ヒント:作成した署名の内容を変更するには

[署名とひな形] ダイアログ ボックスを表示し、[編集する署名の選択] ボックスの一覧で変更したい署名を選択して、[署名の編集] ボックス内で署名の内容を変更する。

ヒント:署名の入ったメッセージを作成するには

[署名とひな形] ダイアログ ボックスで署名を設定しておく。[新規作成] ボタンなどで新しいメッセージの作成操作を実行すると、最初から署名が挿入されたメッセージ作成ウィンドウが表示される。
複数の署名がある場合は、いつも入れておきたい署名を[既定の署名の選択] で選択しておく。

ページトップへ

「Microsoft 製品 ご購入情報」詳しくはこちら

  • Twitter
  • Facebook