メールの自動振り分けルールを設定する

Microsoft Outlook Tips

メールの受信数が増えてくるとまず困るのが、一つずつ閲覧していかなくてはいけないということです。メールの確認が必要かそうでないかは「誰からのメールで、どういったメール内容なのか」といった部分が重要です。
Outlook では、受信メールを、アドレス毎や、件名や本文に含まれる文字を判断して自動的にフォルダへ振り分けてくれる機能がありますので、その設定方法を、ご紹介します。

  1. メニュー「ホーム」を選択します。仕分けしたいメールを選択し(1-1)、リボンインターフェイス内の「ルール」をクリックし、ドロップメニュー「仕分けルールの作成」を選択します。(1-2)
  2. 一例として、特定のアドレスを判別して、仕分ける設定をします。
    「差出人が次の場合」のチェックボックスを選択します。(2-1) ※1-1 で選択したメール、差出人のアドレスが表示されます。「フォルダーの選択」で、自動的に移動するフォルダーを選択します。(2-2)
    フォルダーを作成していない場合は、「新規作成」を選択し、仕分けるフォルダーを作成します。(2-3)
  3. 設定が完了すると、設定を適用するために「サーバーの更新」が行われます。(3-1)


    現在選択しているフォルダ内のメールを仕分け、実行する。チェックボックスにチェックし「OK」を選択すると、実行されます。(3-2)
    ※受信トレイを選択している場合、受信トレイのフォルダ内のメールを仕分け、実行します。
  4. 上記の設定に加えて、特定の件名や本文の単語などを判別して、自動的に指定フォルダへ振り分けることも可能です。(4-1)
ページトップへ

「Microsoft 製品 ご購入情報」詳しくはこちら

  • Twitter
  • Facebook