壊れて開けなくなったファイルを修復する方法

Microsoft Excel Tips

保存しておいた Excel ファイルが壊れて開けなくなってしまった、ということはありませんか? また一からの作業だと大変ですよね。そんな時、あきらめず、破損したファイルの復元を行ってみましょう。

※場合によっては、全てが復元できないこともあります。その場合、一部のデータを抽出するということもできます。もしもの時にはぜひ、ご活用ください。

  1. メニューバー「ファイル」を選択し、「開く」を選択します。(1-1)
  2. 開きたいファイルを選択し(2-1)、「▼」を選択、「開いて修復する(E)」をクリックします。(2-2)
  3. 出現したダイログボックスの「修復」を押下します。(3-1)無事、破損前のファイルを開くことができれば修復完了です。
    全てのデータではありませんが、一部のデータを抽出することができます。修復できなかった場合は、「データの抽出」を試してみましょう。(3-2)
ページトップへ

「Microsoft 製品 ご購入情報」詳しくはこちら

  • Twitter
  • Facebook