Microsoft Office Tips

ファイルにパスワードを設定してデータを保護する

会社で扱う Excel や Word、PowerPoint などのファイルには、関係者以外には秘密にしておきたいデータが含まれていることがあります。
そんなときには、ファイルの暗号化をしてパスワードの設定をすることができます。
パスワードの設定をすることで、ファイルが保護され、パスワードを知らない人は開く事ができなくなります。
ここでは、Word を暗号化し、読み取りパスワードを設定します。

Step 1

  • リボン インターフェイスのファイルをクリックします。(1-1)
    「文書の保護」をクリックし、プルダウン メニューから「パスワードを使用して暗号化 (E)」をクリックします。(1-2)
    クリックすると「パスワード ボックス」があらわれます。
  • パスワード ボックスにパスワードを入力し、「OK」をクリックします。(1-3)
  • パスワードの確認が求められるので、もう一度同じパスワードを入力し、「OK」をクリックします。これで文書が暗号化されました。(1-4)
  • ※暗号化された文書を開くとパスワード ダイアログ ボックスが表示され、パスワードの入力を求められます。正しいパスワードを入力して「OK」をクリックすると、文書が読み込まれます。

他にもこんな Office (オフィス) Tips があります!

ページトップへ

「Microsoft 製品 ご購入情報」詳しくはこちら

  • Twitter
  • Facebook