End-to-End のアプリケーション開発 IoT アプリ開発を新たなステージへ

Visual Studio は End-to-End の
ソリューションを提供

Visual Studio は、これからの IoT (Internet of Things) アプリケーション開発に欠かすことのできないデータ収集やクラウドへの接続からデータ分析、クロスプラットフォーム対応までの全工程を End-to-End で実現することができる唯一のソリューションです。

End-to-End のアプリ開発を実現するサービス/ソリューション

  • コネクティビティ

    .NET Micro Framework と.NET Gadgeteer を組み合わせることで一般的な業務アプリと同様に開発を行うことができます。
    また、作成したアプリは Raspberry Pi※ でも稼働します。
    ※Windows 10 で対応予定

  • データ
    プラットフォーム

    数百万のデバイスを繋ぎ、異なるクラウド群を束ねてデータ処理をするといった連携も Microsoft Azure 環境によりスケーラブルで高い信頼性を確保して実現できます。

  • 分析ソリューション

    Azure マシン ラーニングで通常専門家でなければ設計できないデータ モデルを直観的な操作だけで利用することが可能です。
    また、C# でのマシン ラーニング機能も提供 (Preview)。

  • クロス
    プラットフォーム

    iOS/Android/Windows 等のクロス プラットフォーム (マルチデバイス) のアプリ開発を容易に行うことができ、より多くの端末で分析データの参照/操作が可能になります。また、使いなれた Excel からビッグデータ分析が行えます。