Visual Studio ではじめる iOS/Android/Windows
クロス プラットフォーム アプリ開発

使い慣れたツール Visual Studio の利便性を活かしながら、iOS/Android/Windows 等のクロス プラットフォーム (マルチデバイス) のアプリ開発を行うことができます。また、Monaca/Cordva/Xamarin 等の拡張機能を使えば、ご自分のスキルやアプリ特性に合った開発言語で開発が可能です。

1 つのソースで複数のプラットフォームのアプリを開発

イメージ: 1 つのソースで複数のプラットフォームのアプリを開発
  • 開発リソースの最適化
  • 継続的デリバリの効率化

最新 Visual Studio の強力なモバイル アプリ開発機能

Android Designer

Android 開発者向け Visual Studio UI スクリーンショット画像

iOS Designer

iOS 開発者向け Visual Studio UI スクリーンショット画像

  • Visual Studio 上で Native UI を構築
  • Visual Studio の画面デザイナーに近い操作性

Visual Studio Emulator for Android

Android 向け Visual Studio エミュレーター スクリーンショット画像

  • マイクロソフト製 Android 向け
    Visual Studio エミュレーター
  • 高速かつ高信頼性
  • Hyper-V ベースで 実行可能

Azure Mobile App

Azure Mobile App イメージ画像

  • 煩雑なバックエンド処理なしに、
    モバイル サービス利用可能
  • マルチ デバイス向けのパワフルな
    クライアント サイドのライブラリ
  • オフライン同期サポート

HockeyApp

クラッシュ レポートの入手_ユーザー メトリックの追跡_アプリの配布_ベータ テストを総合的にサポート

  • クラッシュ レポートの入手
  • ユーザー メトリックの追跡
  • アプリの配布
  • ベータ テストを総合的にサポート

保有スキルにより追加選択できる 2 つのクロス プラットフォーム開発拡張機能

クロス プラットフォーム開発拡張機能利用ユーザーの声

HTML + Monaca での利用例:

ロゴ画像: セカンドファクトリー様
ロゴ画像: お客様のスマホでオーダー! QOOpa

セカンドファクトリー様 新しいウィンドウが開き、社外サイトへリンクされます

弊社の飲食店向けクラウド型オーダー システム「QOOpa」のサービス向上のため、既存の Web システムのアプリ化を検討する際に Visual Studio と Monaca を使ったクロス プラットフォーム (マルチデバイス) 開発の検証を行いました。
使い慣れた Visual Studio でのクロス プラットフォーム (マルチデバイス) 開発は、Intellisense が使え、マルチ モニターでプレビューを見ながらコード編集ができ、local host で場所を問わずにオフラインでも開発が可能になるなど、開発効率が飛躍的に上がり、10 人月相当のシステムのアプリ化はコード変更の必要もほとんどなく 3 日で完了することができました。(プロジェクト リーダー 篠原様)

ロゴ画像: ビービーシステム様
ロゴ画像: MeetingLook

ビービーシステム様 新しいウィンドウが開き、社外サイトへリンクされます

会議資料をリアルタイムで共有し会議を効率化する MeetingLook は Windows ストア アプリで提供されてきたが他プラットフォームへの展開を計画しています。

クロス プラットフォーム (マルチデバイス) 開発において Visual Studio と Monaca で開発推進中です。

Objective-C エンジニアや Mac 等の新規リソースは不要でボトルネックも発生せずリソース活用が促進しています。生産性も Onsen UI と Monaca を組み合わせた開発は Objective-C での開発より倍近く高く、かつ、純粋な Cordova 利用プロジェクトよりも倍近く効率が良いと感じています。

これまでクロス プラットフォーム (マルチデバイス) 開発で課題となってきたビルドやテスト時に Mac が必要となる課題が解消され、Visual Studio と Monaca を使った環境では iOS 上でもリアルタイム デバッグが可能で開発効率が大幅に向上しています (プロダクト・サービス本部 部長 遠藤様)。

C# + Xamarin での利用例:

ロゴ画像: 株式会社三井住友銀行様

株式会社三井住友銀行様 新しいウィンドウが開き、社外サイトへリンクされます

画期的な機能を持つ住宅ローン事前審査アプリでサービス品質が大幅に向上。クロス プラットフォーム開発環境である Xamarin とマイクロソフト コンサルティング サービスを採用することで、顧客と不動産会社の双方から高い評価を得る住宅ローン事前審査アプリの早期開発を実現

ページのトップへ