挿絵: Team Foundation Server ソフトウェア開発のライフサイクル管理やコミュニケーションも

ソースコード管理からプロジェクト管理、
ビルドやリリースの自動化まで

開発のあらゆる成果物を管理することができ、運用中の課題やユーザーのフィードバックを取り込み次のバージョンに素早く反映させるコラボレーションも可能にします。また、テストやビルド、デプロイの自動化などにより、作業効率や品質の向上、ひいてはリリースサイクルを向上させ、価値あるアプリケーションをいち早く提供することができます。

挿絵:ソースコード管理からプロジェクト管理、ビルドやリリースの自動化まで、リリースサイクルを向上させ、価値あるアプリケーションをいち早く提供

挿絵:作業項目、ソースコード、ビルド、テスト、バグ情報を一貫性を保って一元管理

作業項目、ソースコード、ビルド、テスト、バグ情報を一貫性を保って一元管理

プロジェクト管理の方法や優先事項は会社やチームごとに異なります。Team Foundation Server は開発部門のプロセスに合わせて使用でき、作業項目から、ソースコード、バグ情報、ビルドまであらゆる情報が 1 つのリポジトリで管理できるため、インテグレーションが不要で、関連する情報をすぐに参照できます。シンプルな使い方から大規模で複雑な開発にも対応できる柔軟性があります。

IT部門やプロジェクト関係者など、開発者以外にもリアルタイムな情報共有が可能

アプリケーション開発に関わるのはコーディングをする開発者だけではありません。IT部門がリクエストした要件が反映されているかを確認したり、担当営業がスケジュールを確認することもあります。作業状態に基づいたリアルタイムなレポートと情報共有で、より価値のあるアプリケーションをタイムリーに提供できます。また、Excel 連携機能で使い慣れたツールから編集や閲覧をすることもできます。

挿絵:リアルタイムな情報共有が可能

Team Foundation Server 関連情報

Visual Studio 2015 エディション構成

エディション比較新しいウィンドウで開きます

ページのトップへ