Visual Studio 技術ガイド

最終更新日: 2013/2/14

アプリケーション ライフサイクル マネジメント (ALM) としての技術ガイド

アジャイル開発とは、スクラム、エクストリーム プログラミング (XP)、ダイナミック システム開発メソッド (DSDM)、および Crystal の開発者と、フィーチャ駆動型開発の代表的な提唱者、さらにソフトウェア業界のその他数人のソート リーダーで構成されるグループによって 2001 年に策定されたアジャイル宣言から派生した用語です。このドキュメントでは、アジャイル開発において共通する価値について、Jeff Sutherland 氏が解説します。(Jeff Sutherland 氏は、1993 年にスクラムを発明し、Ken Schwaber 氏と共に OOPSLA'95 でスクラムを正式に発表しています。)

インクリメンタルに "完了(Done)" を提供することは、アジャイル ソフトウェア開発が成功するうえで非常に重要です。このドキュメントでは実際例や理論的な例を使用して、"完了" の概念と "完了" の現実の違い、および "完了" がプロジェクトの成功にどのような影響を及ぼすかについて説明します。(Ken Schwaber 氏は、Jeff Sutherland 氏と共に OOPSLA'95 でスクラムを正式に発表しています。)

このドキュメントでは、Mitch Lacey 氏が、ソフトウェア プロジェクトの見積もりに関する難しさについて解説し、プロジェクトを見積もるときの 2 種類のアジャイル ソフトウェア見積もり手法の使用に関するヒントを示します。(Mitch Lacey 氏はアジャイルとスクラムの導入と改善に特化したコンサルティング会社である Mitch Lacey & Associates, Inc の経営者です。)

スプリント計画は必ずしも難易度が高いとは限りません。これは、楽しいことも多く、「何にコミットできるか」という質問に答えようとして共同作業することで、スクラム チーム全体が仲間意識を育む時間です。この記事では、スプリント計画を明確かつ有効なものにするために例と戦略を示し、チームがスプリントを計画する際に生じる共通の問題に対して詳しいソリューション候補を提供します。

このドキュメントでは、多くのアジャイル チームで特に有効であると証明された 3 つの方法を紹介します。具体的には、顧客満足度の Kano モデル、Luke Hohmann による一連の Innovation Games、Karl Weigers の相対的な重み付けのモデルです。これらのいずれかを使用すると、バックログの大まかな優先順位付けから、リスク、重要性および顧客満足度を十分に評価する正確な順序付けに移行することができます。

このドキュメントでは、Mitch Lacey 氏がプロダクト バックログの重要性について説明します。優れたバックログに必要な作業や、バックログの作成および維持のためのベスト ラクティスについて説明します。(Mitch Lacey 氏はアジャイルとスクラムの導入と改善に特化したコンサルティング会社である Mitch Lacey & Associates, Inc の経営者です。)

アジャイル ソフトウェア開発において注目を集めている「リーン ソフトウェア開発」について、David J. Anderson 氏がその歴史や登場の背景を解説するとともに、実践に当たっての価値、原則、プラクティスを紹介します。(David J. Anderson 氏は Team Foundation Server にて提供しているプロセス テンプレート MSF (Microsoft Solution Framework) のバージョン 4.0 を策定した主要メンバーの 1 人でもあります。)

欠陥をできるだけ早く見つけることが、ソフトウェア品質を確保する最も低コストな方法です。このドキュメントでは、開発プロジェクトにおけるテストの方針や計画から、実際の単体テストや自動テストの実施まで、実際の開発現場で培われたプラクティスと、ツールの活用方法に関して解説します。

アジャイルなソフトウェア開発において、テストが障害になることがあります。たとえ小さな変更であっても、それがアプリケーションすべての再テストにつながりかねないからです。このガイドでは、Visual Studio 2012 のテスト機能を活用することで、どのようにこれらのコストを最小化するかを示します。また、あなたがテストの準備をする際に役立てることができるサンプル コードを提供します。

このガイドでは、"カンバン (Kanban)" の考え方を活用したチーム開発の概要から、Team Foundation Server 2012 において "カンバン" 機能を利用するための手順や実際の現場におけるその機能の利用方法等を説明します。

Visual Studio の ALM (Application Lifecycle Management) 機能のプロフェッショナルである "ALM Rangers" による ALM 機能のクイック リファレンス ガイドです。Visual Studio 2012 が持つ豊富な ALM 機能 ~ 例えば "ストーリー ボード" や "手動テスト"、"探索テスト" などなど ~ の概要の説明と簡単な使い方などを、それぞれ 1 ページの分量で "クイック" に解説しています。

本ホワイト ペーパーでは、Team Foundation Server 2010 を活用してアジャイル開発を中心に、あらゆる開発プロセス下においても Team Foundation Server 2010 を活用する基本的な方法とシナリオについて学習することができます。アジャイル開発としては、「スクラム」をベースとしてプロジェクトの運営方法についても学習することができます。

本ホワイト ペーパーでは、次期バージョンの Visual Studio vNext の開発コンセプトを解説します。IT 業界が直面する課題にマイクロソフトが IT 業界とともに取り組んでいること、さらに ALM の効率を高める方法について、概要と補足を示します。

パフォーマンスが低いアプリケーションを使用していると、企業では、毎年多額のコストがかかるだけでなく、評判に傷を付けることになります。常に期待どおりに動作して、応答性の高いソフトウェアをリリースするという単純な課題は、現在でも大きな課題です。パフォーマンスの低い社内アプリケーションを使用していると、生産性が低下し、期限に間に合わないなど、さらにコストがかかることになります。Microsoft Visual Studio 2010 には、アプリケーションがどのような状況でも期待どおりに実行するように、多様な条件下でアプリケーションのパフォーマンスを測定、向上、および確認するツールが用意されています。

本ガイドは、Visual Studio 2010 および Visual Studio 2008 が提供するパフォーマンス テスト機能をさらに高度に活用いただくために、マイクロソフト社内のメーリングリストに寄せられた情報や、開発チームのブログ、テスト コンサルタントがマイクロソフトのラボで得た経験などをまとめたものです。主要ドキュメントでは扱われていない情報や理解しにくい情報を解説する、クイック リファレンスを提供します。本ドキュメントは『Visual Studio Performance Testing Quick Reference Guide (Version 3.5)』の日本語訳です。原文は こちら から入手いただけます。

本ガイドは Visual Studio 2010 に搭載されている単体テストの機能をステップ バイ ステップで解説します。メソッドやプロパティの処理を確認するための単体テスト コードの生成、ツールによる実行、タイムアウトやしきい値などの特殊なケースのテストの実行、カバレッジの取得方法などを順をおって解説します。

Microsoft Visual Studio Lab Management 2010 は、仮想化されたテスト環境を開発者やテスト担当者に提供する製品です。テスト環境を仮想環境上に構築することで、テスト環境構築の効率化やコスト削減だけでなく、問題の再現性も向上するため、生産性を確保しながらソフトウエア品質の向上を可能にします。

『Visual Studio 2010 評価ガイド - Test Manager 2010 を活用したテスト プロセスの包括的な管理』

 (XPS | PDF)

Test Manager 2010 はテストの計画、実行、管理、問題追跡といった一連のテストプロセスを 1 つのツールでカバーします。特に受け入れテストや、開発プロジェクトの最終工程である総合テストで活用することでテストの実施と発生した問題の解決を効率化し、最終的なソフトウエアの品質向上に貢献します。このホワイト ペーパーは Test Manager 2010 をもちいたテスト プロセスの実施と管理について解説します。

『Visual Studio 2010 評価ガイド - ユーザーインターフェイスの自動テスト』

 (XPS | PDF)

Visual Studio 2010 Premium および Ultimate には、ユーザーインターフェイスの自動テストを実施するための「コード化された UI テスト」の機能が備わっています。この評価ガイドでは、コード化された UI テストを概要から詳細までステップ バイ ステップで理解いただくための手順を記載しました。Visual Studio 2010 Premium / Ultimate の無償評価版は こちら より入手いただけます。製品版や評価版を活用しながら本機能を実際にお試しください。

『Visual Studio Team Foundation Server 2010 によるソースコード管理入門』

 (XPS | PDF)

Visual Studio Team Foundation Server 2010 には数多くの強力な機能が搭載されていますが、このドキュメントはその中でもソース コード管理の機能に着目し、基本的な操作手順をわかりやすく解説しています。

アプリケーション ライフサイクル管理とビジネス戦略 (XPS 形式/461 KB)

David Chappell による、ALM と競争優位性の構築を解説するホワイト ペーパーです。(XPS | PDF)

ビジネス プロセスとしてのアプリケーション ライフサイクル管理 (XPS 形式/482 KB)

David Chappell による、ALM が他のビジネスプロセスの基盤となる理由を解説するホワイト ペーパーです。(XPS | PDF)

チーム開発ツール: ベンダーが適切なツールを提供するようになった理由 (XPS 形式/467 KB)

David Chappell による、開発ツールがチーム開発ツールへと進化する必然性を解説するホワイト ペーパーです。(XPS | PDF)

Visual Studio Team Foundation Server によるチーム開発 (XPS 形式/6.51 MB)

このガイドはVisual Studio Team System Team Foundation Server を最大限に活用する方法を紹介し、チームベースのソフトウェア開発の効率を向上させるための支援をするものです。Team Foundation Server を既に使用している場合であっても、これから採用する場合であっても、特別なシナリオに適合するガイダンスおよび見解を見つけることができるでしょう。 (XPS | PDF)

Web アプリケーションのパフォーマンス テスト ガイダンス (PDF 形式/3.75 MB)

Patterns & Practices シリーズ「Performance Testing Guidance for Web Applications」の日本語訳です。このガイドでは Web アプリケーションにおけるパフォーマンス テストの実践についてベストプラクティスやポイントを解説します。 (XPS | PDF)

開発環境 (IDE) としての技術ガイド

Visual Studio 2012 における Web 開発向け新機能

このドキュメントでは Visuall Studio 2012 における Web 開発向けの新機能として、HTML5 や JavaScript あるいは CSS を記述する際に、どのような機能を利用いただけるかを解説します。また Page Inspector や Web アプリケーションの発行のための機能等を紹介します。

主に初めてVisual Studio 2010 を利用するユーザー向けに Visual Studio 2010 の基本的なツールの活用方法を解説するガイド ブックです。プロジェクトの作成、主要なウィンドウの解説、画面のデザイン、コーディング、デバッグ、単体テストの作成方法など、Visual Studio による開発の一連の流れにしたがってツールの使い方を解説しています。

本ガイドは、データベース スキーマの構成管理や、データベースへの配置など Visual Studio 2010 に搭載されているデータベース開発機能の活用方法をより詳細に解説します。 本ドキュメントは『Visual Studio 2010 Database Projects Guidance Document』の日本語訳です。原文は こちら から入手いただけます。

本自習書 (Do-It-Yourselfシリーズ) では、Expression BlendのSketchFlowの基礎を学習していきます。SketchFlowは、 Expression Studio Ultimateに含まれているExpression Blendの機能であり、アプリケーションのプロトタイプ作成を支援しま す。本書の目的は、初めてExpression Blend+SketchFlowを使う人がプロトタイプを作成する際のファーストステップを提供す ることです。コンパクトな実例を紹介し、SketchFlowの理解を深めてください。

開発言語、プラットフォーム、アーキテクチャとしての技術ガイド

このドキュメントでは Windows ストア アプリの開発において重要となるユーザー エクスペリエンス (UX) のデザインにおける、計画、デザイン ガイド、アプリケーションの分野 (ゲーム、生産性、教育、等) ごとのデザイン例、また、アニメーション デザインのサンプル (資産) などを紹介します。

マイクロソフトにおいて、開発におけるベスト プラクティスを紹介するグループ Patterns & Practices チームによる Windows ストア アプリ開発に関するガイドです。このドキュメントでは、写真アプリケーションである "Hilo" というサンプルを用いて、HTML、CSS、JavaScript、Windows ランタイム、最新の開発パターンを使って Windows 8 アプリを作成する JavaScript 開発者向けのガイダンスを紹介します。Hilo にはソース コードとドキュメントが用意されており、非同期プログラミング パターン、MVP パターン、JavaScript の単体テスト、などについても解説を行います。また国際化機能として、日本語以外にも、英語、ドイツ語、アラビア語などへの切り替え機能を提供しています。

マイクロソフトにおいて、開発におけるベスト プラクティスを紹介するグループ Patterns & Practices チームによる Windows ストア アプリ開発に関するガイドです。このドキュメントでは、写真アプリケーションである "Hilo" というサンプルを用いて、最新の C++、XAML、Windows ランタイム、推奨される開発パターンを使って Windows 8 アプリを作成する C++ 開発者向けのガイダンスを紹介します。Hilo にはソース コードとドキュメントが用意されており、非同期プログラミング パターン、MVVM パターン、Microsoft のテスト フレームワークを用いた C++ の単体テスト、などについても解説を行います。また国際化機能として、日本語以外にも、英語、ドイツ語、アラビア語などへの切り替え機能を提供しています。

このドキュメントでは、リバーシのボード ゲーム アプリをサンプルとして XAML と C# による Windows ストア アプリ構築に関する解説を行います。また、アプリが複雑になるにつれて役に立つレイヤー化されたアプリ構造を (Model-View-ViewModel (MVVM) パターンを使って) 作成するための XAML と C# の機能の使い方も示しています。また関連するドキュメントへのリンクを紹介します。

このドキュメントでは、DirectX と Visual C++ を使用して、3-D の Windows ストア ゲームを作成する方法について説明します。Windows 8 では、タッチ センサー、モーション センサー、近接センサー、モビリティなどの最新技術を取り込んだ Windows ストア アプリを構築可能です。このドキュメントでは、タブレットなどの新しい形態のデバイスにも対応し、一方で従来のデスクトップやノート PC でも動作する、Marble Maze という名前の 3-D ゲームを作成する方法を示します。

.NET Framework を活用したアプリケーション開発において理解しておきたい基本事項や、各種アプリケーションの構築方法、セキュリティやパフォーマンスに関する注意点、また .NET Framework 4.5 の新機能の 1 つである非同期プログラミングのデザイン パターンなど各種情報を提供しています。

優れた .NET アプリケーションのアーキテクチャを構築するためのガイドです。
このガイドは、開発者とソリューション アーキテクトが、十分に試行されて信頼できるアーキテクチャ、設計原理、およびパターンを活用することによって、マイクロソフト プラットフォームと .NET Framework で実行する効果的で高品質のアプリケーションを少ないリスクですばやく構築できるようにすることを目的としています。

.NET Framework 4 ホワイト ペーパー

 (XPS | PDF)

.NET Framework 4 の新機能を紹介したホワイト ペーパーです。

ASP.NET 4.0 ホワイト ペーパー

 (XPS | PDF)

ASP.NET 4.0 の新機能を紹介したホワイト ペーパーです。

ガイダンス『Composite Application Guidance for WPF』

Composite Application Guidance for WPF は、エンタープライズ レベルの Windows Presentation Foundation (WPF) クライアント アプリケーションを構築するためのガイダンスです。このガイダンスでは、結び付きが緊密ではなく、相互に依存しない、個別に進化可能で、相互に連携する要素を利用し、それらを全体的なアプリケーションに統合することで、柔軟性のある "複合的な" WPF クライアント アプリケーションをデザインおよびビルドできるようにします。

XAML Do-It-Yourself シリーズ

XAML は WPF、Silverlight でユーザー インターフェイスを定義するための共有言語です。本コンテンツを完了することで WPF や Silverlight のアプリケーションの構築に必要な XAML の基礎知識を習得することができます。

過去の技術ガイド

.NET Framework 1.1/3.5 移行ホワイト ペーパー (XPS 形式/2.35 MB)

本資料では.NET Framework 1.1 から .NET Framework 2.0 / 3.0 / 3.5 への移行をスムーズに行うために知っておくべき点、考慮すべき点について説明します。なお、本資料は日本ユニシス様の協力により作成しております (XPS | PDF)

アプリケーション ライフサイクルにおける初期プロセスの自動化 (XPS 形式/1.8 MB)

Visual Studio Team System 2008 Team Foundation Server を利用して、アプリケーションライフサイクルにおける初期段階でのプロセスをどのように効率化し、プロジェクトのスタートダッシュを実現するかについて説明します。 (XPS | PDF)

Visual Studio 2008 製品比較 データ シート (PDF 形式/1.68 MB )

Visual Studio 2008 の各エディションを機能別に比較したデータ シートです。製品選択のご検討の際にお役立てください。 (XPS | PDF)

Team Foundation Server を利用したアプリケーション開発概観 (PDF 形式/4.63 MB)

本資料はマイクロソフトのコンサルタントの執筆による、アプリケーション開発の際に利用されるTeam Foundation Server の主要な機能の使い方とその機能を利用する際の推奨事項を記載しています。 (XPS | PDF)

アジリティ (俊敏性) 向上のためのツール (PDF 形式/1.44 MB)

アジャイル開発等で著名なケント・ベックによる、ツールとアジャイル開発に関するホワイト ペーパーです (XPS | PDF)

Visual Studio Team System 2008 を使用したコミュニケーションとコラボレーション

 (XPS | PDF)

Visual Studio Team System 2008 を使用した予測可能性の向上

 (XPS | PDF)

Visual Studio Team System 2008 を使用した早期かつ頻繁な品質確認

 (XPS | PDF)

Visual Studio Team System 2008 を使用した頻繁な作業の統合

 (XPS | PDF)

Visual Studio Team System 2008 を使用したリアルタイムの意思決定

 (XPS | PDF)

Visual Studio Team System 2008 を使用したチーム ワークフローの管理

 (XPS | PDF)

Visual Studio Team System 2008 での馴染みのあるツールの使用

 (XPS | PDF)

Visual Basic 6.0 アプリケーションのビジネス プランニング ガイド

 (XPS | PDF)

Visual Studio の拡張性に関するホワイト ペーパー

 (XPS | PDF)

分岐のガイダンス (XPS 形式/1.82 MB)

Team Foundation Server における分岐のベストプラクティスです (XPS | PDF)

要求管理と Team System

 (XPS / PDF)

新しいイテレーション型開発

開発者とデザイナのコラボレーションによる新しい開発スタイルを紹介します。

.NET Framework 3.5 ホワイト ペーパー

David Chappell による .NET Framework 3.5 のホワイト ペーパーです。

Visual Basic 9.0 概要

Visual Basic の最新バージョン Visual Basic 9.0 について説明します。

C# バージョン 3.0 仕様

LINQ をはじめとする、C# 3.0 に関する仕様です。

Visual Studio のためのテスト方法論

Team Foundation Server で提供される各種機能を解説いたします。

DSL Tools のご紹介

DSL Tools の概要、カスタマイズ方法を紹介します。

Team Test Load Agent 設定ガイド

 (XPS | PDF)

Team Test Load Agent の設定ガイドです

» 参考資料

THE ARCHITECTURE JOURNAL

▲ Top of Page