Microsoft Office 2008 for Mac Service Pack 2 (12.2.0)

言語を選択:
この更新プログラムは、Office 2008 の脆弱性および安定性を改善します。さらに、Microsoft Document Connection という新しいアプリケーションと、Microsoft PowerPoint 2008 for Mac の新しい機能が含まれます。また、この更新プログラムは、Microsoft Entourage 2008 for Mac, Web Services Edition のインストールに対する必要最低条件になります。
  • バージョン:

    12.2.0

    ファイル名:

    Office2008-1220UpdateJA.dmg

    公開日:

    2016/05/16

    ファイル サイズ:

    186.6 MB

      この更新プログラムは、Office 2008 の脆弱性および安定性を改善します。SharePoint サイトまたは Microsoft Office Live Workspace 上にあるファイルを操作できる Microsoft Document Connection という新しいアプリケーションを導入します。さらに Microsoft PowerPoint 2008 for Mac に対して、アニメーションの軌跡やアニメーション GIF などの新しい機能が含まれます。また、この更新プログラムは、Microsoft Entourage 2008 for Mac, Web Services Edition のインストールに対する必要最低条件になります。この更新プログラムの詳細については、Microsoft の Web サイトを参照してください。

      対象製品 : Office 2008 for Mac, Office 2008 for Mac ファミリー&アカデミック, Office 2008 for Mac Special Media Edition, Word 2008, Excel 2008, PowerPoint 2008, Entourage 2008
  • サポートされるオペレーティング システム

    Mac OS X

      • オペレーティングシステム : Mac OS X バージョン 10.4.9 (Tiger) 以降。ソフトウェア・アップデートから入手できる最新版の Mac OS X のご利用をお勧めします。

        注意 お使いのコンピュータの情報を確認するには、[アップル] メニューの [この Mac について] をクリックし、[詳しい情報] をクリックします。
      • Microsoft Office 2008 for Mac 12.1.0 更新プログラム: この更新プログラムは、Microsoft の Web サイトから無償でダウンロードできます。

        注意 この更新プログラムが既にインストールされているかどうかを確認するには、まず Office アプリケーションを起動します。Word の場合、[Word] メニューの [Word について] をクリックし、バージョン番号を確認します。
    • インストール方法
      1. オフラインで参照する場合は、このページを印刷します。
      2. Office アプリケーション、Microsoft Messenger、Microsoft Office アラームの他、ウイルス対策ソフトウェアなど、稼働中のすべてのアプリケーションを終了し、インストールが中断されないようにしてください。
      3. お使いのコンピュータがシステム要件を満たしていることを確認します。
      4. [ダウンロード] をクリックします。
      5. 画面の指示に従って、ファイルをハード ディスクに保存します。Safari を使用している場合は、Safari の [環境設定] ダイアログ ボックスで別の場所を指定しない限り、ダウンロードしたファイルはデスクトップに保存されます。環境設定を確認するには、[Safari] メニューの [環境設定] をクリックし、左のウィンドウにある [一般] をクリックします。
      6. ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてマウントします。ご利用の Web ブラウザによっては、自動的にマウントされます。その際はこのステップはスキップしてください。
      7. 画面に表示される指示に従ってインストールを行います。
      8. インストールが完了したら、マウントされている [Office 2008 SP2 Update (12.2.0)] ボリュームとダウンロードしたファイルをゴミ箱に移動し、[Finder] メニューの [ゴミ箱を空にする] をクリックしてファイルを削除します。
      注意 この更新プログラムは、マイクロソフト製ソフトウェアを自動的に更新する Microsoft AutoUpdate からも利用できます。この更新プログラムをダウンロードおよびインストールするには、Office アプリケーションを起動してください。次に [ヘルプ] メニューの [更新プログラムのチェック] ダイアログ ボックスで、[Microsoft Office 2008 for Mac Service Pack 2 (12.2.0)] を選択してください。

      アンインストール方法
      本更新プログラムには、アンインストールの機能はありません。Office 2008 アプリケーションを元の状態に戻すには、Office 2008 をハード ディスクから削除して、その後、製品 DVD から再度 Office 2008 をインストールし直してください。
    • Service Pack 2 をインストールできない場合、またはインストール後に Office 2008 で問題が発生する場合は、次のような設定になっていないかどうかを確認してください。
      • [Microsoft Office 2008] フォルダが起動ディスクの [アプリケーション] フォルダに存在することを確認してください。別の場所にある場合は、[アプリケーション] フォルダに戻してから Service Pack 2 をインストールしてください。
      • コンピュータを一度再起動してから Service Pack 2 のインストールを試みてください。
      • 管理者権限を持っているアカウントでインストールを行っているのかどうかを確認してください。管理者権限については、Mac OS ヘルプを参照してください。
      • お使いの Office 2008 for Mac と同じ言語の Service Pack 2 をダウンロードし、インストールしようとしていることを確認してください。
      • [Microsoft Office 2008] フォルダの中のファイル名を変更したり、ファイルを削除したりしてフォルダの内容を変えた場合、またはフォルダを別の場所に移動した場合は、更新プログラムのインストールに支障をきたすことがあります。その場合は、まず [Microsoft Office 2008] フォルダをゴミ箱にドラッグして削除し、次にお手元の DVD などから Office 2008 を再度インストールしてください。
      • Service Pack 2 をインストールした後に Office アプリケーションで問題が発生する場合は、コンピュータを再起動してください。再起動しても問題が解決しない場合は、Office 2008 を再度インストールしてください。
      さらに詳しい技術情報が必要な場合は、Microsoft の Web サイトのサポート情報をご利用下さい。
サイト フィードバック
Microsoft

フィードバックのカテゴリを選んでください。



この Web ページの満足度:

コメント:

送信