Internet Explorer

Internet Explorer 9 自動配布の無効化ツールキット

言語を選択:
Internet Explorer 9 Blocker Toolkit を使用すると、Windows Update (WU) の自動更新 (AU) 機能を介して重要な更新プログラムとして Internet Explorer 9 が 自動配布されることを無効にできます。
  • バージョン:

    9.0.8080.16413

    ファイル名:

    IE9_BlockerToolkit.EXE

    公開日:

    2011/02/10

    ファイル サイズ:

    115 KB

      Microsoft は、お客様のセキュリティ保護を強化し最新のプログラムを利用していただくために、Windows Internet Explorer 9 を重要な更新プログラムとして自動更新で配布します。対象は、Windows Vista SP2 (64ビット版 および 86 ビット版)、 Windows Server 2008 SP2 (64ビット版 および 86 ビット版)、Windows 7 RTM (86 ビット版) 以降、および Windows Server 2008 R2 RTM (64 ビット版) 以降です。
      この Blocker Toolkit は、自動更新が有効になっている環境内のコンピューターに Internet Explorer 9 が自動配布されるのをブロックする必要のあるユーザーのために提供されています。Blocker Toolkit は期限切れになりません。

      注:
      • Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、または Windows Server 2008 R2 が稼働しているコンピューターの場合、Blocker Toolkit によって、コンピューターが Windows Update サイトおよび Microsoft Update サイトの自動更新を介して、重要な更新プログラムとして Internet Explorer 9 を受信することをブロックできます。Internet Explorer 9 はオプションの更新プログラムとして一覧に表示されます。
      • Blocker Toolkit は、Windows Update サイト、Microsoft Update サイト、Microsoft ダウンロード センター、または外部メディアから、ユーザーが推奨される更新プログラムとして Internet Explorer 9 を手動でインストールすることを妨げることはありません。
      • 組織では、Windows Server Update Services や Systems Management Server 2003 などの更新管理ソリューションで管理されている環境に Blocker Toolkit を展開する必要はありません。組織ではこれらの更新管理ソリューション製品を使用することによって、Windows Update および Microsoft Update を介してリリースされた更新プログラム (Internet Explorer 9 を含む) が組織環境内に展開されることを、完全に管理することができます。
      • Blocker Toolkit を使用して、優先度の高い更新プログラムまたは重要な更新プログラムとして Internet Explorer 7 または Internet Explorer 8 がインストールされることをブロックしている場合でも、Internet Explorer 9 バージョンの Blocker Toolkit を使用して、Internet Explorer 9 のインストールをブロックする必要があります。Internet Explorer 7、Internet Explorer 8、および Internet Explorer 9 の自動配布のブロック/ブロック解除に使用されるレジストリ キーはそれぞれ異なります。

      Blocker Toolkit の構成および展開手順の詳細については、後述の「追加情報」セクションを参照してください。同じ情報は、ダウンロードに含まれるヘルプ ファイルにも記載されています。

      よく寄せられる質問に対する回答については、こちらを参照してください
  • サポートされるオペレーティング システム

    Windows 7, Windows 7 Service Pack 1, Windows Server 2008 R2, Windows Server 2008 R2 SP1, Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows Vista Service Pack 2

      • Windows 7 RTM 以降
      • Windows Server 2008 R2 RTM 以降
      • Windows Vista Service Pack 2 以降
      • Windows Server 2008 Service Pack 2 以降
      1. リンクをクリックし、パッケージをダウンロードして、[Run] または [Open] を選択します。パッケージ コンテンツへのアクセス許可を得る際は、エンドユーザー ライセンス契約 (EULA) を事前に受諾するように要求されます。パッケージには 4 種類のファイルが収録されています。
      2. [Browse] をクリックして、上記 4 つのファイルの保存先となる場所を指定します。抽出されたファイルの保存先となる場所を指定したら、[OK] をクリックします。
      3. 管理者特権でコマンド プロンプトを起動します ([スタート] ボタン -> [すべてのプログラム] -> [アクセサリー] の順にクリックし、[コマンド プロンプト] を右クリックして、[管理者として実行] を選択します)。「CD」と入力し、その後ろに、上記の手順 2 で 4 つのファイルを抽出した場所のパスを入力します。
      4. コマンド プロンプトで、「ie9_blocker.cmd /B」と入力し、Enter キーを押して、コンピューター上にブロッカーを設定します。
      5. コマンド プロンプトに「Blocking deployment of Internet Explorer 9 on the local machine. The operation completed successfully.」という確認メッセージが表示されます。この時点で、コマンド プロンプト ウィンドウを閉じることができます。

人気のあるダウンロード

結果を読み込み中。お待ちください...

無料の更新プログラム

  • セキュリティ更新プログラム
  • ソフトウェア更新プログラム
  • Service Pack
  • ハードウェア ドライバー

Microsoft のおすすめ

Windows の最新版ブラウザーをダウンロードしましょう
お使いの Internet Explorer のアップグレード
Windows の最新版ブラウザーをダウンロードしましょう
無料ダウンロード