BizTalk Server 2002 Service Pack 1

BTS 2002 SP1 には、修正プログラムとセキュリティの修正プログラムのコレクション、および Windows Server 2003 に対するサポートが含まれています。BizTalk Server 2002 SP1 をインストールする前に、右側の [関連リソース] で示されているドキュメントを注意深くお読みになることを強くお勧めします。BTS 2002 SP1 には、修正プログラムとセキュリティの修正プログラムのコレクション、および Windows Server 2003 に対するサポートが含まれています。BizTalk Server 2002 SP1 をインストールする前に、右側の [
  • バージョン:

    1.0

    ファイル名:

    BTS2002-SP1-JPN.exe

    公開日:

    2003/08/11

    ファイル サイズ:

    4.3 MB

      BTS 2002 SP1 には、修正プログラムとセキュリティの修正プログラムのコレクション、および Windows Server 2003 に対するサポートが含まれています。

      重要 BizTalk Server 2002 SP1 は、他の BizTalk Server 2000 システムや BizTalk Server 2002 システムとは互換性がないので、互換性を維持するためには修正プログラムを適用する必要があります。互換性の問題の詳細については、サポート技術情報 (Microsoft Knowledge Base) の文書 811092 を参照してください。

      SP1 をインストールする前に、必ず SP1 のドキュメントをお読みになり、内容を確認してください。
  • サポートされるオペレーティング システム

    Windows 2000, Windows Server 2003

      • BizTalk Server 2002 をインストールしてから、SP1 をインストールする必要があります。

      • 必要なシステムの完全な一覧については、このページから入手できる SP1 のドキュメントをご覧ください。


      • Service Pack 1 は、次の言語でも提供されています。
      • 英語

      • フランス語

      • ドイツ語


      1. [ダウンロード] リンクをクリックして、ダウンロードを開始します。
      2. [このプログラムをディスクに保存する] をクリックして、ダウンロード ファイルをコンピュータにコピーします。
      3. BTS2002-SP1-JPN.exe を右クリックすると、展開したファイルの保存先ディレクトリを指定する画面が表示されます。
      4. 「c:\biztalkserver2002sp1」と入力するか、または必要に応じて別のフォルダへのパスを入力します。
      5. 展開が完了した後に展開先のフォルダに移動し、setup.exe をダブルクリックすると、SP1 がインストールされます。



サイト フィードバック
Microsoft

フィードバックのカテゴリを選んでください。



この Web ページの満足度:

コメント:

送信