Microsoft Office 2008 for Mac 12.3.6 更新プログラム

言語を選択:
この更新プログラムは、重大な問題を修正するほか、セキュリティの強化に役立ちます。攻撃者が悪意のあるコードを使用してコンピューターのメモリの内容を上書きできる脆弱性などが、この更新プログラムによって修正されます。
  • バージョン:

    12.3.6

    ファイル名:

    Office2008-1236UpdateJA.dmg

    公開日:

    2016/05/16

    ファイル サイズ:

    223.1 MB

      この更新プログラムは、重大な問題を修正するほか、セキュリティの強化に役立ちます。攻撃者が悪意のあるコードを使用してコンピューターのメモリの内容を上書きできる脆弱性などが、この更新プログラムによって修正されます。この更新プログラムの詳細については、Microsoft の Web サイトを参照してください。

      対象製品: Office 2008 for Mac、Office 2008 for Mac ファミリー&アカデミック、Office 2008 for Mac Special Media Edition、Word 2008、Excel 2008、PowerPoint 2008、Entourage 2008、Office 2008 for Mac Business Edition
  • サポートされるオペレーティング システム

    Apple Macintosh, Mac OS X

      • オペレーティング システムのバージョン: Mac OS X バージョン 10.4.9 (Tiger) 以降。ソフトウェア アップデートから入手できる最新版の Mac OS X のご利用をお勧めします。

        メモ お使いのコンピューターがこれらの最小要件を満たしていることを確認するには、アップル メニューの [この Mac について] をクリックします。
      • Microsoft Office 2008 for Mac Service Pack 2 (12.2.0): この更新プログラムは、Microsoft の Web サイトから無償でダウンロードできます。

        メモ この更新プログラムがインストールされているかどうかを確認するには、Microsoft Office 2008 アプリケーションを開いてバージョン番号を確認します。たとえば、Word を開き、[Word] メニューの [Word について] をクリックします。ダイアログ ボックスで、[最新のインストール済み更新プログラム] の隣のバージョン番号を比較します。
    • この更新プログラムをインストールするには
      1. オフラインで参照用に使用する場合は、このページをプリントしてください。
      2. インストールを妨げる可能性があるため、すべての Office アプリケーション、Microsoft Messenger、Office Notifications など、実行しているすべてのアプリケーションを終了します。
      3. お使いのコンピューターが最小システム要件を満たしていることを確認します。
      4. [ダウンロード] をクリックするか、目的の言語バージョンへのリンクをクリックします。
      5. 画面の指示に従って、ファイルをハード ディスクに保存します。Safari を使用している場合は、Safari の [環境設定] ダイアログ ボックスで別の場所を指定しない限り、ダウンロードしたファイルはデスクトップまたは [Downloads] フォルダーに保存されます。環境設定を確認するには、[Safari] メニューの [環境設定] をクリックし、左のウインドウにある [一般] をクリックします。
      6. 手順 5 でダウンロードしたファイルをダブルクリックして Office 2008 12.3.6 更新プログラムのボリュームをデスクトップに配置し、Office 2008 12.3.6 ボリュームをダブルクリックして開きます。この手順は既に自動的に実行されている場合があります。
      7. [Office 2008 12.3.6 Update ボリューム] ウインドウで、Office 2008 12.3.6 Update アプリケーションをダブルクリックして更新処理を開始し、画面に表示される指示に従って操作します。
      8. インストールが正常に完了した場合、更新プログラムのインストーラーをハード ディスクから削除できます。更新プログラムのインストーラーを削除するには、Office 2008 12.3.6 Update ボリュームを [ゴミ箱] にドラッグしてから、ダウンロードしたファイルを [ゴミ箱] にドラッグします。
      メモ この更新プログラムは、マイクロソフト製ソフトウェアを自動的に更新する Microsoft AutoUpdate からも利用できます。この更新プログラムをダウンロードおよびインストールするには、Office アプリケーションを起動してください。次に [ヘルプ] メニューの [更新プログラムのチェック] ダイアログ ボックスで、[Office 2008 12.2.6 更新プログラム] を選択してください。

      この更新プログラムを削除するには

      この更新プログラムには、アンインストール機能は含まれていません。アプリケーションを元の状態に復元するには、ハード ディスクからアプリケーションを削除し、元のインストール ディスクから再インストールして、目的の更新プログラムをインストールします。
    • この更新プログラムをインストールできない場合、またはインストール後に Office 2008 で問題が発生する場合は、次のような設定になっていないかどうかを確認してください。
      • Microsoft Office 2008 フォルダーがスタートアップ ボリュームのアプリケーション フォルダーに置かれていることを確認します。これがお使いのコンピューターの別の場所にある場合は、スタートアップ ボリュームのアプリケーション フォルダーに移動し、更新プログラムを再度インストールします。
      • コンピューターを再起動し、更新プログラムを再度インストールします。
      • 更新プログラムのインストーラーの認証に使用するユーザー アカウントが管理者アカウントであることを確認します。管理者アカウントについて詳しくは、Mac ヘルプを参照してください。
      • お使いの Office 2008 for Mac と同じ言語の更新プログラムをダウンロードし、インストールしようとしていることを確認してください。
      • [Microsoft Office 2008] フォルダーの中のファイル名を変更したり、ファイルを削除したりしてフォルダーの内容を変えた場合、またはフォルダーを別の場所に移動した場合は、更新プログラムのインストールに支障をきたすことがあります。その場合は、まず [Microsoft Office 2008] フォルダーをゴミ箱にドラッグして削除し、次にお手元の DVD などから Office 2008 を再度インストールしてください。
      • この更新プログラムをインストール後、Office アプリケーションを開けないという問題が生じた場合は、コンピューターを再起動します。再起動後もこの問題が解決しない場合は、元のインストール ディスクから Office を再インストールし、この更新プログラムを再度インストールします。
      さらに詳しい技術情報が必要な場合は、Microsoft の Web サイトのサポート情報をご利用ください。
サイト フィードバック
Microsoft

フィードバックのカテゴリを選んでください。



この Web ページの満足度:

コメント:

送信