Windows

Windows 7 Service Pack 1 (SP1) 用のリモート サーバー管理ツール

言語を選択:
Windows® 7 SP1 用のリモート サーバー管理ツールを使用すると、IT 管理者は、Windows 7 または Windows 7 SP1 を実行しているリモート コンピューターから、Windows Server® 2008 R2、Windows Server® 2008、または Windows Server® 2003 を実行しているコンピューターにインストールされた役割と機能を管理できます。
  • 説明: ここでは、複数のファイルの中から必要なものをダウンロードすることができます。 [ダウンロード] ボタンをクリックすると、一覧が表示されますので、必要なファイルを選んでください
    バージョン:

    1.0

    ファイル名:

    Windows6.1-KB958830-x64-RefreshPkg.msu

    Windows6.1-KB958830-x86-RefreshPkg.msu

    公開日:

    2011/04/07

    ファイル サイズ:

    239.5 MB

    230.0 MB

      **Windows 7 SP1 用のリモート サーバー管理ツールは、Windows 7 または Windows 7 SP1 の Enterprise、Professional、Ultimate の各エディションを実行しているコンピューターにのみインストールできます。**

      Windows 7 SP1 用のリモート サーバー管理ツールを使用すると、IT 管理者は、Windows 7 または Windows 7 SP1 を実行しているリモート コンピューターから、Windows Server 2008 R2 SP1 または Windows Server 2008 R2 (および一部の役割と機能については Windows Server 2008 または Windows Server 2003) を実行しているリモート コンピューターにインストールされた役割と機能を管理できます。Windows 7 SP1 用のリモート サーバー管理ツールは、Windows Server 2008 R2 SP1 または Windows Server 2008 R2 の Server Core インストールまたは完全インストール (および一部の役割と機能については Windows Server 2008) を実行しているコンピューターのリモート管理をサポートしています。Windows Server 2003 上の一部の役割と機能は、Windows 7 SP1 用のリモート サーバー管理ツールを使用してリモート管理できますが、Server Core インストール オプションは Windows Server 2003 オペレーティング システムでは使用できません。

      この機能は、Windows Server 2003 管理ツール パックおよび Windows Vista Service Pack 1 (SP1) 用のリモート サーバー管理ツールと機能的に同等です。
  • サポートされるオペレーティング システム

    Windows 7, Windows 7 Service Pack 1

      Windows 7 SP1 用のリモート サーバー管理ツールは、Windows 7 または Windows 7 SP1 の Enterprise、Professional、Ultimate の各エディションを実行しているコンピューターにインストールできます。リモート サーバー管理ツールは、Windows 7 または Windows 7 SP1 の Enterprise、Professional、Ultimate の各エディションにのみインストールでき、管理対象となるサーバーにはインストールできません。

      32 ビット版と 64 ビット版両方の Windows 7 SP1 用リモート サーバー管理ツールが、このページからダウンロードできます。管理ツールをインストールするコンピューターのアーキテクチャに応じて、ダウンロードするバージョンを選択してください。コンピューターにインストールされている Windows が 32 ビット版か 64 ビット版かわからない場合は、コンピューターで実行されている Windows オペレーティング システムが 32 ビット版か 64 ビット版かを確認する方法 を参照してください。

      Windows 7 SP1 用のリモート サーバー管理ツールは、64 ビット版 Windows Server 2008 R2 SP1 または Windows Server 2008 R2 オペレーティング システム (Server Core インストール オプションと完全インストール オプションの両方) を実行しているサーバーの役割と機能を管理できます。リモート管理は、Windows Server 2008 または Windows Server 2003 上で実行される一部の役割や機能に対してもサポートされています。

      Windows 7 SP1 用のリモート サーバー管理ツールは、Windows Server 2003 管理ツール パックまたは Windows 2000 Server® 管理ツール パックを実行しているコンピューターにはインストールしないでください。Windows 7 SP1 用のリモート サーバー管理ツールをインストールする前に、すべてのバージョンの管理ツール パックまたはリモート サーバー管理ツールをコンピューターから削除してください。

      1 台のコンピューターに複数の Windows 7 SP1 用リモート サーバー管理ツールをインストールすることはできません。新しいパッケージをインストールする前に、既存の Windows 7 SP1 用リモート サーバー管理ツールをすべて削除してください。これには、異なる言語のリモート サーバー管理ツールも含まれます。

      Windows 7 SP1 用リモート サーバー管理ツールの詳細や、管理対象としてサポートされているオペレーティング システムについては、サポート技術情報 958830 を参照してください。
    • Windows 7 SP1 用のリモート サーバー管理ツールのインストール


      管理ツール パックをインストールするコンピューター上の Administrators グループのメンバーであるか、ビルトイン Administrator アカウントを使用してこのコンピューターにログオンしている必要があります。

      重要: Windows 7 SP1 用のリモート サーバー管理ツールをインストールする前に、すべてのバージョンの管理ツール パックまたはリモート サーバー管理ツールをコンピューターから削除してください。

      重要: 1 台のコンピューターに複数の Windows 7 SP1 用リモート サーバー管理ツールをインストールすることはできません。新しいパッケージをインストールする前に、既存の Windows 7 SP1 用リモート サーバー管理ツールをすべて削除してください。これには、異なる言語のリモート サーバー管理ツールも含まれます。既存の Windows 7 SP1 用リモート サーバー管理ツールを削除するには、このページの「Windows 7 SP1 用のリモート サーバー管理ツール パックの完全な削除」を参照してください。

      1. Windows 7 または Windows 7 SP1 を実行しているコンピューターで、Microsoft ダウンロード センターから Windows 7 SP1 用のリモート サーバー管理ツール パッケージをダウンロードします。

      2. パッケージをダウンロードしたフォルダーを開いて、パッケージをダブルクリックして展開し、Windows 7 SP1 用のリモート サーバー管理ツールのセットアップ ウィザードを起動します。

      重要: 管理ツール パックのインストールを開始するには、ライセンス条項と品質保証規定に同意する必要があります。

      3. ウィザードの手順をすべて完了し、インストールが完了したら、[完了] をクリックして、ウィザードを終了します。

      4. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をポイントします。次に、[プログラム] をクリックします。

      5. [プログラムと機能] 領域で、[Windows の機能の有効化または無効化] をクリックします。

      6. ユーザー アカウント制御により、[Windows の機能] ダイアログ ボックスを開くことを許可するかどうか確認するメッセージが表示されたら、[続行] をクリックします。

      7. [Windows の機能] ダイアログ ボックスで、[リモート サーバー管理ツール] を展開します。

      8. インストールするリモート管理ツールを選択します。

      9. [OK] をクリックします。

      10. [管理ツール] ショートカットが表示されていない場合には、表示されるように [スタート] メニューを構成します。

      • [スタート] ボタンを右クリックして [プロパティ] をクリックします。

      • [[スタート] メニュー] タブで、[カスタマイズ] をクリックします。

      • [[スタート] メニューのカスタマイズ] ダイアログ ボックスで、下にスクロールして、[システム管理ツール] の項目で [[すべてのプログラム] メニューと [スタート] メニューに表示する] をクリックします。[OK] をクリックします。Windows 7 SP1 用のリモート サーバー管理ツールによってインストールされたスナップインのショートカットが、[スタート] メニューの [管理ツール] に追加されます。


      Windows 7 SP1 用リモート サーバー管理ツールの個別再インストールまたは削除

      Windows 7 または Windows 7 SP1 を実行しているコンピューターからリモート管理ツールが削除された場合、次の手順に従ってこのツールを再インストールできます。

      リモート管理ツールを個別に再インストールするには

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をポイントします。次に、[プログラム] をクリックします。

      2. [プログラムと機能] 領域で、[Windows の機能の有効化または無効化] をクリックします。

      3. ユーザー アカウント制御により、[Windows の機能] ダイアログ ボックスを開くことを許可するかどうか確認するメッセージが表示されたら、[続行] をクリックします。

      4. [Windows の機能] ダイアログ ボックスで、[リモート サーバー管理ツール] を展開します。

      5. インストールするリモート管理ツールを選択するか、削除するツールのチェック ボックスをオフにします。[OK] をクリックします。


      Windows 7 SP1 用リモート サーバー管理ツール パックの完全な削除

      管理ツール パックを削除するコンピューター上の Administrators グループのメンバーであるか、ビルトイン Administrator アカウントを使用してこのコンピューターにログオンしている必要があります。

      管理ツール パックをコンピューターから完全に削除するには、コントロール パネルの [プログラムのアンインストール] ユーティリティを使用します。

      管理ツール パックを削除するには

      1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をポイントします。次に、[プログラム] 領域で [プログラムのアンインストール] をクリックします。

      2. [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックします。

      3. [Microsoft Windows の更新 (KB958830)] を選択します。

      4. [アンインストール] をクリックします。

人気のあるダウンロード

    • 02

      Malicious Software Removal Tool

      このツールを使用すると、特定の悪意のあるソフトウェア (Blaster、Sasser、Mydoom など) に感染していないかどうかコンピュータをチェックし、感染が見つかった場合にはそれらを削除することができます。 マイクロソフトは、毎月第 2 火曜日に、このツールの更新バージョンをリリースする予定です。

    • 04

      Windows Media Player

      すべてのデジタル エンターテイメントに対応するメディア プレイヤーです。

結果を読み込み中。お待ちください...

無料の更新プログラム

  • セキュリティ更新プログラム
  • ソフトウェア更新プログラム
  • Service Pack
  • ハードウェア ドライバー

Microsoft のおすすめ

仕事も、遊びも、快適に。
新しくなった Windows
仕事も、遊びも、快適に。
詳細を見る