Windows XP Mode

言語を選択:
Windows XP Mode for Windows 7 により、Windows XP 上で動作する多くの生産性プログラムを、Windows 7 を実行するコンピューターから直接インストールおよび実行できるようになります。
  • バージョン:

    1.3.7600.16422

    ファイル名:

    WindowsXPMode_ja-jp.exe

    公開日:

    2009/10/19

    ファイル サイズ:

    601.8 MB

      Windows XP Mode for Windows 7 により、Windows 7 上の Windows XP で動作する多くの生産性プログラムを簡単に実行できるようになります。 Windows Virtual PC などの仮想化テクノロジを活用し、Windows 7 用に仮想 Windows XP 環境を実現します。

      Windows XP Mode では、32 ビットの仮想 Windows XP Professional Service Pack 3 (SP3) 環境が搭載されています。 このダウンロード ファイルには、Windows XP SP3 がプレインストールされた仮想ハードディスク (.vhd ファイル) が含まれています。 Windows XP Mode を使用するには、Windows Virtual PC などのクライアント仮想化ソフトウェアが必要です。

      注 : Windows XP Mode ベータ版/Release Candidate からのアップグレードはサポートされていません。詳細については、ここをクリックしてください。
  • サポートされるオペレーティング システム

    Windows 7

      Windows 7 Professional、Windows 7 Ultimate、または Windows 7 Enterprise。
      • ハード ディスク要件: Windows XP Mode のインストール用に 2 GB。さらに、仮想 Windows 環境用に 15 GB のハード ディスク空き領域。
      注 :使用しているコンピューター上で Windows XP Mode を実行するには、Windows Virtual PC を使用してください。 Windows Virtual PC では、AMD-V™、Intel® VT、または VIA® VT (BIOS で有効に設定) が搭載された、ハードウェア仮想化に対応したプロセッサが必要です。

    • Windows XP Mode のインストール:

      • Windows XP Mode インストーラーをダウンロードします。
      • インストーラーをダブルクリックし、指示に従ってインストールを完了してください。
      注 :
      Windows XP Mode 環境を復元する場合に備えて、Windows XP Mode インストーラーのコピーを保存しておくことをお勧めします。たとえば、インストーラーを DVD に書き込むか、バックアップ メディアに保存します。Windows XP Mode でインストールしたファイルが壊れたり削除されたりすると、Windows XP Mode を起動するときにエラーが発生します。このような場合は、保存していたインストーラーを使用して Windows XP Mode を再インストールしてください。

サイト フィードバック
Microsoft

フィードバックのカテゴリを選んでください。



この Web ページの満足度:

コメント:

送信