de:code

参加登録

セッション

ブレイクアウト セッションの動画、資料公開中

※ 各セッション概要欄に動画と資料へのリンクがございます (一部非公開あり)。

IT 技術者の方々が抱えている課題に対して、マイクロソフトが今、そしてこれから先を見据えてどうお応えできるか ー。それを考え抜き作成した至極のセッションをお届けします。また、米国で開催される開発者向けイベント「Build 2015」やインフラ技術者向けイベント「Microsoft Ignite」で発表される最新情報についてもご紹介します。
セッション終了後は「Ask the Speaker」コーナーにおいて、担当スピーカーが皆様からのご質問にお答えします。

詳細につきましては順次アップデートいたしますのでご期待ください。

526 日 (火)

9:00受付開始 
AMキーノート 
 ランチ (会場内で提供)展示
PMセッション
夕方参加者
パーティー
 

527 日 (水)

9:00開場 
AMセッション展示
 ランチ (会場内で提供)
PMセッション

セッションはアーキテクチャ設計、Windows & デバイス、開発プラットフォーム & ツール、クラウド & データセンター プラットフォーム、システム管理と運用、データ プラットフォーム & BI、プロダクティビティ― & ビジネス ソリューション、スポンサーの 8 トラックで構成されます。

トラック概要はこちら
トラック
00
00
00
00
00
00
00
00
製品/テクノロジ
00
00
00
00
00
00
00
00
その他の製品/テクノロジも表示
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
その他の製品/テクノロジを隠す
オーディエンス
00
00
00
すべてのセッション概要を開く
ARC-001

クラウド時代のデータ アーキテクチャ

詳細を見る
写真:多田 典史

多田 典史 日本マイクロソフト株式会社
Azure CAT
プリンシパルプログラムマネージャー

本セッションでは、伝統的なオンプレミスでのデータ アーキテクチャと比較して、クラウド上でのデータ アーキテクチャについて解説します。またアーキテクチャのそれぞれの部分に対応するマイクロソフトのサービスや OSS テクノロジについても概観し、その特長と活かし方について考えます。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
ARC-002

アジャイルなビジネスに貢献する IT アーキテクトの役割

詳細を見る
写真:板倉 真由美

板倉 真由美 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
ITアーキテクチャー推進部 部長

写真:​鈴木 雄介 氏

​鈴木 雄介 氏 グロースエクスパートナーズ株式会社
アーキテクチャ事業本部
執行役員

写真:萩本 順三 氏

​萩本 順三 氏 株式会社 匠 Business Place
代表取締役社長

IT がビジネス競争力の源泉になりつつある今、IT アーキテクトの役割もシステム設計だけでなく、そのシステムのビジネス価値の説明を求められたり、技術シーズから顧客が思いもよらなかったニーズを提示するといったシーンも多くなってくると思われます。本セッションでは、業界を代表する IT アーキテクト 2 名を招き、クラウド時代の IT アーキテクトの役割モデル、そして IT アーキテクトがビジネスにもたらすものとは何か、について明らかにします。

受講対象:IT サービスの企画、開発、運用に携わるすべての皆様。特にアーキテクトの役割を担っている方、アーキテクトの仕事に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
ARC-003

クラウド デザイン パターンを利用したエンタープライズ
アプリケーション開発入門

詳細を見る
写真:勇 大地

勇 大地 日本マイクロソフト株式会社
Azure ソリューション技術部
Cloud Solution Architect

エンタープライズ アプリケーション開発では業務、インフラ、アプリケーションと設計が必要なものは多数存在しますが、クラウドの登場と共に必要な設計内容は従来とは異なるものになりました。本セッションでは、Azure を例としたクラウド デザイン パターンの位置付けを解説し、クラウド パターンを利用したエンタープライズ アプリケーション開発について考えます。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
ARC-004

Web オープン ソース時代到来!
企業アーキテクトは何を考えるべきか?

詳細を見る
写真:森屋 英治 氏

森屋 英治 氏 株式会社アークウェイ
代表取締役社長

今や、マイクロソフトもオープン ソースの積極利用を牽引する時代となりました。企業アーキテクトも膨大な自社システムのアーキテクチャを検討する際にその潮流を無視できない状況となっています。企業 Web アーキテクチャにおける考慮事項、オープン ソースを含む技術選択の指針および基本構造についてお話しします。また、アーキテクチャ ライフサイクルを考慮したうえで、新技術にどのように挑戦し、採用をしていくかの道筋についてもご説明します。

受講対象:企業アーキテクトの皆様へ、OSS 時代に今一度アーキテクチャ戦略の重要性と Web の基本アーキテクチャが求めるものを考察し、方向性を確認する時間にしたいと考えています。ぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は非公開です。

詳細を閉じる
ARC-005

業務系システムにおける分散処理アーキテクチャの現在と未来。
その勘所とノウハウ的なアレ。

詳細を見る
写真:神林 飛志 氏

神林 飛志 氏 株式会社ノーチラス・テクノロジーズ
代表取締役
公認会計士

業務システムにおける分散処理の現在のアーキテクチャを解説すると共に、将来の分散処理の概観をご説明します。また同時に、そのアーキテクチャの理解と実践に必要なクラウドの実態や、今後展開されるであろう分散トランザクションの概要をご説明し、最後に実際に Azure 上でもデリバリーされている分散処理フレームワークの Asakusa の現状をご説明します。

受講対象:あの Asakusa Framework が Azure に対応! これからのクラウド、分散並列技術の目指すべき方向性や実現可能な技術について興味のある技術者、必聴です!

詳細を閉じる
WIN-001

次世代 OS、Windows 10 概要

詳細を見る
写真:浅田 恭子

浅田 恭子 日本マイクロソフト株式会社
Windows 本部
エグゼクティブ プロダクト マネージャー

2015 年夏、いよいよ Windows 10 がリリースされます。Windows 10 はさまざまなデバイスの共通プラットフォームであり、新しい Windows の幕開けとも言える OS です。本セッションでは、Windows 10 のコンセプトやキーとなる機能概要、新しいサービシング モデルなど、Windows 10 の全体像をご紹介します。

受講対象:Windows 10 に興味をお持ちのすべての皆様に。他の詳細セッションの道案内としてご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
WIN-002

Windows 10 "Windows as a Service"

詳細を見る
写真:高添 修

高添 修 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

95 の登場から早 20 年、Windows 10 はこれまでの文化を捨て、新たな道を歩み始めました。それが Windows as a Service (サービスとしての Windows) です。本セッションでは、サービスとしての Windows とは何か? アップデートはどうなるのか? Windows を取り巻くさまざまな要素技術との接点をどのように見出していけばよいのか? など新しい Windows について解説します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
WIN-003

Windows 10 で進化したセキュリティ
~サイバー攻撃における攻防~

詳細を見る
写真:蔵本 雄一

蔵本 雄一 日本マイクロソフト株式会社
クラウド & ソリューションビジネス統括本部
シニアテクノロジースペシャリスト

近年サイバー攻撃は凶悪化の一途を辿っており、甚大な被害を受ける企業も少なくありません。しかし、Windows 10 は最新のセキュリティ対策を実装することで、非常に高い防御力を実現しています。本セッションでは、Windows 10 に実装されているセキュリティ対策機能を解説していきます。

受講対象:Windows 10 のセキュリティ対策機能に興味のある方はぜひご参加ください!

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
WIN-004

Windows 10 のデバイス管理機能解説

詳細を見る
写真:戸嶋 一葉

戸嶋 一葉 日本マイクロソフト株式会社
モビリティ & クラウド技術部
テクノロジースペシャリスト

Windows 10 では、従来型 PC としての管理手法に加え、モバイル デバイス管理プロトコルに対応した管理手法が適応できます。新しく登場した管理機能と SCCM、Intune などの PC 管理製品、MDM 製品を用いた管理方法をご紹介します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
WIN-005

変わる? 変わらない? Windows 10 の展開手法紹介

詳細を見る
写真:胡口 敬郎

胡口 敬郎 日本マイクロソフト株式会社
クラウド & ソリューションビジネス統括本部
シニアテクノロジースペシャリスト

Windows 10 を企業に展開するにあたってぜひおさえておいて欲しい OS 展開に関してのテクニカル セッションです。Windows 10 から導入された新しい展開手法だけでなく、従来の手法での展開手法についてもご紹介します。また、本セッションでは新しいアプリケーション ストアの概要についても取り上げ、モダン アプリの展開手法についてもご紹介します。

受講対象:企業への PC キッティングを担当されている皆様やストア アプリの開発に携わっている皆様

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
WIN-006

Windows 10 で実現する新たなデータ保護のアプローチ手法解説

詳細を見る
写真:橘 浩平

橘 浩平 日本マイクロソフト株式会社
クラウド & ソリューションビジネス統括本部
シニアテクノロジースペシャリスト

Windows 10 に新たに実装される Enterprise Data Protection の機能を中心に、データ保護におけるアプローチ手法やそのメリット、実装における解説を実施します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
WIN-007

Surface の企業での展開

詳細を見る
写真:横田 幸郎

横田 幸郎 日本マイクロソフト株式会社
クラウド & ソリューションビジネス統括本部
プリンシパルテクノロジースペシャリスト

マイクロソフトのタブレット Surface を企業内で展開するための実践的な手法を技術的な観点から解説します。また、Surface の Windows 10 へのアップグレードや展開についてご紹介します。

受講対象:Surface の社内展開を計画中の皆様

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
WIN-008

マイクロソフトの Web ブラウザの今までとこれから

詳細を見る
写真:春日井 良隆

春日井 良隆 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Windows 10 には Internet Explorer と新しい Web ブラウザ「Microsoft Edge」が搭載されることが明らかになっています。本セッションでは、Microsoft Edge を発表するに至った市場の動向、既存の Web サイトや Web システムとの互換性を踏まえながら、マイクロソフトが考える今後の Web ブラウザについてお伝えします。

受講対象:Web 上にサービスやシステム、コンテンツを展開している皆様

詳細を閉じる
WIN-009

開発者のための Windows 10 アプリ プラットフォーム

詳細を見る
写真:荒井 省三

荒井 省三 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Windows 10 では、OneCore の基にユニバーサル アプリ プラットフォーム (UAP) が提供されます。 UAP とは何か、また Windows 10 で提供される各種デバイスで実行させるアプリを開発するために必要なことをご説明します。そして、UAP を支える仕組みである API/ABI にも言及します。

受講対象:OneCore 上のアプリケーション開発に携わるすべての皆様

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
WIN-010

Windows 10 アプリ デザイン
~そのコンセプトと UI/UX デザイン~

詳細を見る
写真:高橋 忍

高橋 忍 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Windows 10 でのアプリケーション開発における大きな課題は、さまざまな画面環境への対応です。これまでは基本的にフルスクリーンだけ考えればよかったのですが、ウィンドウ モードやスマートフォン、タブレット、大画面での対応が「必須」になっていきます。本セッションでは Windows 10 のスクリーンにおける基本的な仕様と、さまざまなスクリーン モードに対応する設計のためのガイドラインを確認しながら、その実装方法をご紹介します。

受講対象:Windows/タブレット/Windows Phone のアプリケーションの設計開発にかかわる方、特に UI/UX に。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
WIN-011

Windows 10 アプリ開発解説 Part 1 ~基礎編~

詳細を見る
写真:田中達彦

田中 達彦 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Windows 10 上で動くアプリを開発する可能性がある方は、本セッションにご参加ください。Windows 10 に対応したアプリを開発するために、知っておくべき基礎的な内容をご説明します。Windows 10 の内部構造からアプリの種類、開発するための環境、アプリの特長などを解説します。Windows 10 上で動くアプリの開発を始める前に、本セッションの内容を習得することをお勧めします。

受講対象:Windows 10 対応のアプリを開発される可能性がある方

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
WIN-012

Windows 10 アプリ開発解説 Part 2 ~応用編~

詳細を見る
写真:田中達彦

田中 達彦 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Windows 10 は、Windows の集大成とも言える OS です。本セッションでは、Windows 10 の特長的な新機能をアプリにどのように実装していくかを、デモを交えて解説します。Windows 10 アプリ開発解説 Part 1 と合わせて受講されることをお勧めします。

受講対象:Windows 10 対応のアプリを開発される可能性がある方

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
WIN-013

既存アプリケーション を Windows 10 で動作させる際の注意点と
移行の方法

詳細を見る
写真:井戸 文彦

井戸 文彦 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

本セッションでは Windows 10 で既存のストア アプリやデスクトップ アプリを動作させる場合にどのような注意点があるのか、また Windows 10 の使い勝手に合わせるためにはどのような移行を行う必要があるのかを、ストア アプリとデスクトップ アプリそれぞれについて解説します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
WIN-014

Windows Gaming Technology & Service

詳細を見る
写真:鵜木 健栄

鵜木 健栄 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Windows 10 はクロス デバイスを意識したマイクロソフトの最先端テクノロジを結集させた OS です。クリエイターの方は、これまでのレベルを超えた新しい未知のワクワクする体験を創造し、提供することが可能になりました。本セッションでは Windows 10 ゲーム開発における新しいテクノロジとサービスについてご紹介します。

受講対象:技術の進歩と調和で人を楽しませたいと思ってる方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
WIN-015

Windows 10 for Phone のすべて

詳細を見る
写真:高橋 忍

高橋 忍 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Windows 10 世代になった Windows Phone プラットフォームはどのような環境になったのか。Windows Phone や Windows 8 など既存のプラットフォーム用アプリケーションの移行方法、スマートフォン環境を前提としたアプリケーション機能の提供方法など Windows 10 for Phone に関する情報と、 併せてアプリケーションをリリースするために必要な情報をまとめてご紹介します。

受講対象:Windows Phone そしてそのアプリケーション開発に興味がある方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
WIN-016

小型組込み機器でも、Windows 10
~Windows 10 for IoT Devices 解説~

詳細を見る
写真:太田 寛

太田 寛 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

写真:村林 智

村林 智 日本マイクロソフト株式会社
コンシューマ & パートナーグループ OEM 統括本部
アカウントテクノロジーストラテジスト - IoT

昨年の Intel Galileo にて Windows カーネルが動く "Windows on Device" の発表に続いて、いよいよ具体的に Raspberry Pi 2 などでも動作する Windows 10 for IoT Devices の情報が公開されました。今や、廉価な汎用ボードでも、PC、タブレット、スマートフォン、XBox と同様、Universal Apps が実行可能な時代が到来しました。本セッションでは、Windows 10 for IoT Devices の概要とアプリケーション開発方法を、デバイス ドライバー開発方法やハードウェア操作向け API のご紹介を交えながら解説します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
CDP-001

クラウド プラットフォーム次期 Windows Server 概要

詳細を見る
写真:伊賀 絵理子

伊賀 絵理子 日本マイクロソフト株式会社
サーバー プラットフォーム ビジネス本部
エグゼクティブプロダクトマネージャー

マイクロソフトのクラウド プラットフォームを実現するコア製品である Windows Server は、お客様のデータセンターとクラウドを横断的かつ柔軟に利用できるように進化していきます。本セッションでは、現在 Technical Preview を提供中の次期 Windows Server の発展の方向性と機能の実装にについてご紹介します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
CDP-002

コンサルティングの現場から見えてきた
Azure IaaS インフラ設計の最新ベスト プラクティス

詳細を見る
写真:大井 雄介

大井 雄介 日本マイクロソフト株式会社
コンサルティングサービス統括本部
アーキテクト

2013 年に正式リリースされた Azure 仮想マシンは、その後猛烈なスピードで機能の改善や追加を繰り返してきました。IT システムのクラウドへのシフトを進めるには、クラウドのメリットを最大化するような設計ができるかどうかがキーになります。本セッションでは、数多くのコンサルティング現場から得られた知見をもとに、Azure 仮想マシンの最新機能を活用した IaaS インフラ設計のベスト プラクティスをご紹介します。

受講対象:IT インフラの設計に携わる技術者の皆様。特に、Azure 仮想マシンをはじめとする IaaS 基盤を使ったインフラ設計を担当されている方、興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
CDP-003

Azure Networking with ExpressRoute

詳細を見る
写真:飯島 徹

飯島 徹 日本マイクロソフト株式会社
モビリティ & クラウド技術部
テクノロジー ソリューション プロフェッショナル

Azure、特に IaaS を本格利用する際、設計の要となるのはネットワークです。本セッションでは、Azure vNet の構造についておさらいをした後、オンプレミスと Azure とを透過的に接続する手段や、負荷分散の仕組みについて解説します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
CDP-004

Hybrid Identity ~認証システム デザイン パターン~

詳細を見る
写真:安納 順一

安納 順一 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

オンプレミスの Active Directory と Azure Active Directory によるハイブリッド認証基盤により、認証システムの設計の幅が広がりました。一方で、何をどのように使うのが正攻法なのか? アプリケーションをどのように設計すべきかといった疑問も多く寄せられています。本セッションでは、最新の Hybrid Identity 環境における認証システムのデザイン パターンについて解説します。

受講対象:Active Directory ドメインサービスと Azure Active Directory の基本知識をお持ちのこと

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
CDP-005

最新 Azure Active Directory と Windows 10 で認証はこう変わる

詳細を見る
写真:安納 順一

安納 順一 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

本セッションでは Azure Active Directory 初心者に向け、最新 Azure Active Directory の全体像と存在意義について解説します。もちろん、Windows 10 との組み合わせによるインパクトも無視するわけにはいきませんから、この点についてもデモンストレーションを交えて解説します。

受講対象:初心者の方大歓迎です。これから最新 Windows を売っていこう! という営業職の方も、ぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
CDP-006

マイクロソフトのサポート エンジニアが語る
Active Directory クラウド連携のトラブルと対処法

詳細を見る
写真:田中 郁洋

田中 郁洋 日本マイクロソフト株式会社
カスタマー サービス アンド サポート
サポート エンジニア

写真:​三浦 徹

​三浦 徹 日本マイクロソフト株式会社
カスタマー サービス アンド サポート
シニアテクニカルアドバイザー

クラウド サービスへのシングル サインオンのために Active Directory Federation Services (AD FS) をご利用になる機会が増えてきていると思います。そんな中、認証でトラブルが発生すると、クラウド サービスの利用ができなくなります。そのような問題を起こさないためにも、認証の根幹をなすオンプレミスのシステムは健全に保っておく必要があります。現場のサポート エンジニアとして、オンプレミス システムの構成/問題によるトラブルと対処法をご紹介します。

受講対象:AD FS を用いたシングル サインオンを検討中の皆様、ぜひ本セッションでよくあるトラブルを事前に把握ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
CDP-007

Azure Active Directory とオンプレミス Active Directory の連携

詳細を見る
写真:広瀬 望

広瀬 望 マイクロソフト コーポレーション
アジア インキュベーションセールス部
シニアテクノロジースペシャリスト

本セッションでは、オンプレミスの Active Directory と Azure Active Directory の連携についてご紹介します。「なぜ連携するのか」「連携すると何ができるようになるのか」を、デモを交えて解説します。クラウド時代の認証基盤である Azure Active Directory とその利用シナリオについて理解を深めていただくことを目的としています。

受講対象:「Azure Active Directory で何が変わるの?」「クラウド時代の認証はどう考えればいいの?」といったことに興味のある方、ぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
CDP-008

MS 版 Docker 誕生! Windows Server Containers とは?

詳細を見る
写真:高添 修

高添 修 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

長らくデータセンター技術の主役だったサーバー仮想化技術は、ハイパーバイザーからコンテナへと世代交代が進む可能性が出てきました。それを裏付けるように、次期サーバー OS にもコンテナ技術が搭載される予定です。本セッションでは、まだまだ未知数の多いコンテナ技術に対するマイクロソフトからのメッセージと Windows Server に実装される機能、そして Docker とのインテグレーションについて解説します。

受講対象:企業様向けインフラストラクチャーにかかわるすべての皆様に知っておいていただきたい内容です。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
CDP-009

次期 Windows Server に実装されるクラウド生まれの SDN

詳細を見る
写真:高添 修

高添 修 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

次期 Windows Server の SDN では、既存のオーバーレイ ネットワーク技術に加えて、ロードバランサーやファイアウォールなどをサービス化する Network Function Virtualization の搭載、既存 SDN との連携を意識した Data Plane/Control Plane アーキテクチャー採用などが予定されています。本セッションでは、SDN vNext について解説します。

受講対象:Software Defined Datacenter に携わる方は必見です。

詳細を閉じる
CDP-010

Software Defined Storage を実現する次期 Windows Server の
ストレージ機能

詳細を見る
写真:前島 鷹賢

前島 鷹賢 日本マイクロソフト株式会社
モビリティ & クラウド技術部
テクノロジー ソリューション プロフェッショナル

近年、Software Defined xx のアプローチが急速に広まってきていますが、ストレージの世界も例外ではありません。マイクロソフトでは、Windows Server OS の機能として、SDS の実現を支えるさまざまな機能を提供しています。本セッションでは、特に次期 Windows Server で計画されている新しいストレージ機能を中心に、マイクロソフトの SDS への取り組みを解説します。

受講対象:ストレージ管理者、ストレージ構築に携わる皆様は、ぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
CDP-011

Microsoft Azure Stack で実現する Azure 互換クラウドの紹介と
ロードマップ

詳細を見る
写真:吉田 薫 氏

吉田 薫 氏 NECマネジメントパートナー株式会社
人材開発サービス事業部
シニアテクニカルエバンジェリスト/
Microsoft MVP System Center Cloud and Datacenter Management

Microsoft Azure Stack は、マイクロソフトが提供するクラウド コントローラーです。Azure Stack では Windows Server 2016 と System Center 2016 で統合されたプライベート クラウド環境を短時間で構築することができます。本セッションでは、現行の Azure Pack の概要からスタートし、今後リリース予定の Azure Stack の概要や変更点、ロードマップをまとめてご紹介します。まさにクラウド コントローラーの今とこれからをお伝えします。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
CDP-012

Microsoft Loves Linux :
Azure で Linux をしっかり使うための基礎知識

詳細を見る
写真:吉田 雄哉

吉田 雄哉 日本マイクロソフト株式会社
クラウド & ソリューションビジネス統括本部 Azureソリューション技術部
クラウドソリューションアーキテクト

Azure 上で Linux の活用を選択される企業が増えてきました。しかし、Azure 上での Linux 利用はまだまだ全体の割合からは少なめです。そのため、どうしても情報が埋もれてしまいがち。本セッションでは、そんな Azure で Linux を使うときに知っておくべき基礎知識をしっかりまとめてお届けします。また、人気の Docker などやその他 OSS と組み合わせての利用についても、デモを交えてご紹介します。

受講対象:Azure 上での Linux 利用を企画/計画/検討されてる皆様。また、現在ご利用中の皆様

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
CDP-013

OSS の運用管理 on Azure

詳細を見る
写真:高岡 将

高岡 将 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

写真:久森 達郎

久森 達郎 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

OSS を Azure やマイクロソフト プラットフォーム上、あるいは混在で利用する場合の、ログの監視や運用のヒントなどについて、デモと共にご説明します。

受講対象:既に Microsoft, OSS などの環境を有されており、かつ別々に管理、運用されている方、OSS 製品を利用されたことのない方

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
CDP-014

ハイブリッド VDI と RDP 10 のパフォーマンス
~Azure RemoteApp も~

詳細を見る
写真:小塚 大介 氏

小塚 大介 氏 株式会社ビズポイント

RDP 8 の進化によって VDI 市場で存在感を増すマイクロソフトのテクノロジは、現在 Azure IaaS や Azure RemoteApp など、クラウドを使ったシナリオでも利用されています。そこで本セッションでは、次期 Windows Server の VDI 新機能や Azure RemoteApp などを含む最新の Microsoft VDI ソリューション、そして機能や性能が強化される RDP 10 について概説します。

受講対象:VDI システムをお客様に提案、導入をしているエンジニアの方、クラウド上の VDI に興味のある方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
CDP-015S

ハイブリッド クラウド ストレージ Microsoft Azure StorSimple の
革命的威力!

詳細を見る
写真:工藤 政彦

工藤 政彦 日本マイクロソフト株式会社
アジア インキュベーション セールス部
StorSimpleテクノロジーソリューションプロフェッショナル

ファイル サーバなどのストレージ環境の課題はデータ増加への対処、投資コスト、そして管理です。近年では監査/証跡面でのデータの長期保管も検討要素に含まれてきています。ハイブリッド クラウド ストレージ StorSimple は従来型ストレージの継続的な追加というアプローチに終止符を打ち、ストレージ環境の「容量、バックアップ、災害対策」の悩みを一挙に解決します。

受講対象:ストレージ管理者、ストレージ構築に携わる皆様、ぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
CDP-016

これが噂の Nano Server
~期待に応えるために小さくなった次期サーバー OS~

詳細を見る
写真:小塚 大介 氏

小塚 大介 氏 株式会社ビズポイント

写真:高添 修

高添 修 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Microsoft Azure の IaaS/PaaS 基盤を大きく進化させ、迅速さを求めるお客様からの強い要求にも応えていくために、Windows Server 2016 のサーバー コアチームは "Nano Server" を開発中です。本セッションでは、世界中のエンジニアが注目する、ディスク サイズが 93% も削減された小さなサーバー OS のコンセプトやインストール方法などをご紹介します。

受講対象:Windows Server に触れる可能性があるすべての IT エンジニアの方に知っておいていただきたい内容となります。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
MOP-001

Azure を使ったクラウド ベースのバックアップ システム運用

詳細を見る
写真:小賀坂 優 氏

小賀坂 優 氏 MVP for System Center Cloud and Datacenter Management

Microsoft Azure には、Windows Server や System Center と連動可能なクラウド バックアップ/復元機能が組み込まれています。本セッションでは、Azure Backup の基本機能 (オンプレミス、Azure 仮想マシンのバックアップ/復元) や DPM を使った利用シナリオ、PowerShell による管理などについて解説します。また、イベント開催時点での最新動向などもご紹介する予定です。

受講対象:災害対策、バックアップや復元、データ保護などのシステムを構築、運用している方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
MOP-002

ハイブリッド デバイス管理 ~Microsoft Intune~

詳細を見る
写真:髙部 大佑

髙部 大佑 マイクロソフト コーポレーション
アジア インキュベーションセールス部
テクノロジースペシャリスト

本セッションでは、Microsoft Intune によるモバイル デバイス管理、モバイル アプリケーション管理についてご紹介します。iPad、iPhone および Android と異なるデバイスをビジネスに利用する際に「何を管理する必要があるのか」「どのように展開していくのか」を、デモを交えて解説します。クラウド時代のデバイス管理基盤である Microsoft Intune とその利用シナリオについて理解を深めていただくことを目的としています。

受講対象:「Microsoft Intuneで何が管理できるの?」「ハイブリッド デバイスの管理はどう考えればいいの?」といったことに興味のある方、ぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
MOP-003

次期 Windows Server ならびに次期 System Center で実現する
クラウド基盤のシステム管理

詳細を見る
写真:三澤 淳

三澤 淳 日本マイクロソフト株式会社
ホスティング サービス プロバイダー ビジネス本部
パートナー テクノロジー ストラテジスト

本セッションでは、Microsoft Cloud Platform を構成する各コンポーネントにおいて、次期 Windows Server ならびに次期 System Center を使った「マルチテナント環境におけるシステム管理」という観点での最新アップデート情報をデモを交えてご説明します。

受講対象:サービス プロバイダー様やホスティング事業者様、プライベート クラウド基盤の設計/構築/運用/保守に携わるすべての皆様

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
MOP-004

ハイブリッド クラウドにおける Linux ワークロードの運用管理

詳細を見る
写真:佐藤 和

佐藤 和 日本マイクロソフト株式会社
クラウド & ソリューションビジネス統括本部

写真:前島 鷹賢

前島 鷹賢 日本マイクロソフト株式会社
モビリティ & クラウド技術部
テクノロジー ソリューション プロフェッショナル

ハイブリッド クラウドのワークロードは Windows だけではありません。本セッションでは、Linux ワークロードをマイクロソフトのハイブリッド クラウド上で利用し、その運用を行うためのノウハウを中心に、マイクロソフトのオープンソースへの取り組みなどについてご紹介します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
MOP-005

運用コストも削減! クラウド時代のオートメーション
~コンピュータができることはコンピュータにやらせましょう!~

詳細を見る
写真:東屋 善昭

東屋 善昭 日本マイクロソフト株式会社
モビリティ & クラウド技術部
プリンシパル テクノロジースペシャリスト

Azure は、ハードウェアにかかわるコストを削減するソリューションだけではなく、お客様の運用コストも削減できるソリューションです! Azure プラットフォームが自動化で稼働し続けるのは当たり前ですが、初期構築作業や日々の運用作業も自動化することでさらなるコスト削減が可能となります。本セッションでは、Azure Automation、PowerShell DSC、Resource Manager などの機能紹介と、Azure を使いこなすための運用設計の参考情報もご紹介します。

受講対象:オンプレミス技術からクラウド技術へプラットフォームが進化しています。クラウドでのシステム運用を行われる方、システム運用で商売される方は、ぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
MOP-006

ハイブリッド クラウドにおけるオートメーション
~次期 System Center Orchestrator と Azure Automation の
ロードマップ~

詳細を見る
写真:横谷 俊介

横谷 俊介 日本マイクロソフト株式会社
コンサルティングサービス統括本部
コンサルタント

本セッションでは、IT プロセスの自動化ツールである System Center Orchestrator、Azure Automation をおさらいしながら、PowerShell ベースに生まれ変わる次期バージョン System Center Orchestrator と Azure Automation のロードマップをお伝えします。また、これらの製品によって、さまざまな要素により構成される既存のシステムやプロセスをどのように自動化し、管理していくかの一例をご紹介します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
MOP-007

Microsoft Azure Site Recovery による物理/仮想を問わない
クラウドへの移行と DR

詳細を見る
写真:公森 義貴

公森 義貴 日本マイクロソフト株式会社
クラウドOS技術部
テクノロジーソリューション プロフェッショナル

ハイブリッド クラウドを検討されるお客様から、「クラウド利用 DR 環境を構築したい、既存環境のサーバーをクラウドへ簡単に移行したい」というリクエストを常に頂きます。本セッションでは、Microsoft Azure Site Recovery (ASR) と関連ソリューションをご紹介し、ASR を中心とした DR 環境構築、既存サーバーのクラウドへの移行方法について解説します。

受講対象:既存サーバーのクラウドへの移行やクラウドを活用した DR に興味がある皆様はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
MOP-008S

Azure 新管理ポータルによる Azure リソース管理手法

詳細を見る
写真:関田 文雄

関田 文雄 日本マイクロソフト株式会社
クラウド & ソリューションビジネス統括本部 Azureソリューション技術部
クラウドソリューションアーキテクト

本セッションでは、Azure にかかわるすべての人が利用する Azure 新管理ポータルの特長を、運用管理という視点でご紹介します。リソース単位ではなく、システム単位での課金を含めた監視、ユーザー レベルの権限設定で操作ミスを軽減する方法、さらには個々のリソースの監視など、デモを交えてご紹介します。

受講対象:Azure にかかわるすべての皆様

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
MOP-009

Enterprise Mobility への道しるべ
~多様化するデバイスとワークスタイルに応える IT 環境のご紹介~

詳細を見る
写真:野明 純

野明 純 日本マイクロソフト株式会社
モビリティ & クラウド技術部
プリンシプルテクノロジースペシャリスト

Enterprise Mobility という言葉を聞いたことがありますか? 昨今スマートフォン、タブレットが普及していく中、ワークスタイルも大きく変わりつつあります。このような変化に対応できる IT 環境についてマイクロソフトでは、Enterprise Mobility という言葉を使い、さまざまな製品、サービスを提供しています。本セッションでは、マルチ デバイス時代の IT 環境の運用管理手法についてご紹介します。また、Intune、Azure Active Directory などのセッションを聞く前の予習としても最適です。

受講対象:初心者の方大歓迎です。スマートフォン、タブレットを「もっと活用したい」「最適な管理手法を知りたい」方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
MOP-010S

運用管理者のための DevOps

詳細を見る
写真:高添 修

高添 修 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

DevOps の半分は運用管理者が担う仕事であるにもかかわらず、開発チーム主導で進む DevOps に距離感を感じる人も多い。そこで本セッションでは、運用管理者が知っておくべきクラウド ベースの DevOps (含むNoOps) と、Dev & Ops がそれぞれに本領を発揮するためにマイクロソフトが提供する運用管理のためのツールや技術をご紹介します。

受講対象:企業システムのアプリケーションの展開や運用に携わるエンジニアの方や、DevOps を運用から提案したいと思っている方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DBI-001

地図プラットフォームの Bing Maps API を用いたビッグ データ活用

詳細を見る
写真:佐野 健

佐野 健 マイクロソフト コーポレーション
Bingインターナショナル ビジネスディベロップメント
シニアビジネスディベロップメントマネージャー

写真:山﨑 大助 氏

山﨑 大助 氏 デジタルハリウッド大学院 教員
Microsoft MVP - Bing Maps Development

地図プラットフォームとして、さまざまな企業向けのビッグ データ活用にご利用いただける Bing Maps API。本セッションでは Bing Maps API を用いて簡単に位置情報を可視化する方法から、複雑なビッグ データの加工まで、多種多様な Bing Maps API の活用方法を、デモや国内外の最新事例を交えてご紹介します。また、ご利用いただくまでのステップも詳しくご案内します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DBI-002

Azure を利用した IoT データ分析

詳細を見る
写真:ジニアス 平井

ジニアス 平井 日本マイクロソフト株式会社
モビリティ & クラウド技術部
プリンシパル テクノロジー スペシャリスト

Azure の IoT を担うサービスである Event Hubs、Stream Analytics を中心に技術解説します。実際にセンサーで計測されたデータをクラウドに集積するところから、流れ込むデータのリアルタイム処理、集約したデータの永続化、機械学習を利用した予測分析、データの可視化と活用に至るまでの一連の流れをご紹介します。わかりやすく、役に立つデモを満載した楽しいセッションです。

受講対象:クラウドを利用した IoT のデータ分析基盤に興味のある方は、ぜひお立ち寄りください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DBI-003

Effective "Hadoop on Azure" ~HDInsight とゆかいな仲間たち~

詳細を見る
写真:佐々木 邦暢

佐々木 邦暢 日本マイクロソフト株式会社
モビリティ & クラウド技術部
シニアテクノロジースペシャリスト

Azure 上の "Hadoop as a Service" である HDInsight。この 1 年で、Hbase, Storm クラスタの作成が可能になったほか、Linux 版のサポート、新しい D シリーズ インスタンスへの対応と、精力的なアップデートが続けられています。また、Cloudera の CDH やHortonworks の HDP が Azure Marketplace に登場するなど、「HDInsight 以外の Hadoop on Azure」も賑やかになってきました。本セッションでは、HDInsight のデフォルト ファイル システムである BLOB ストレージの性能特性、Impala, Tez, Storm, Spark といった関連技術の活用方法など、詳細に解説します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DBI-004

実践 Azure Machine Learning

詳細を見る
写真:得上 竜一 氏

得上 竜一 氏株式会社マイニングブラウニー
代表取締役

写真:砂金 信一郎

砂金 信一郎 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
部長/エバンジェリスト

機械学習 (Machine Learning) は検索エンジン、レコメンデーション、需要予測、不正検出など、さまざま用途で活用できる画期的なサービスです。本セッションでは具体的に利用シーンを想定して Azure Machine Learning の実践的な活用手順から、方法、ポイントをご紹介します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DBI-005

Power BI 最新情報と活用方法

詳細を見る
写真:北澤 英崇

北澤 英崇 日本マイクロソフト株式会社
ビジネスプラットフォーム統括本部
アーキテクチャルテクノロジースペシャリスト

データ活用は大きく Hindsight, Insight, Foresight に分類されます。BI ツールを利用することでこの Hindsight を可視化したり、Insight を得たりすることは可能ですが、マイクロソフトが提供する Power BI では Hindsight から Foresight まで一貫して実現することが可能です。現在プレビュー版としてリリースされている Power BI の最新テクノロジを含めて、Power BI を導入することでどのような分析ができて、どのような課題が解決できるのかを、デモンストレーションを交えて解説します。

受講対象:ビッグ データの活用や BI システム に携わるすべての皆様

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DBI-006

Azure SQL Database 最新情報とベスト プラクティス

詳細を見る
写真:井上 大輔

井上 大輔 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

写真:小澤 真之

小澤 真之 ​フリーランス

SQL Server のテクノロジをベースとした Azure SQL Database は最新版の V12 が正式提供され大幅に機能やパフォーマンスが強化されています。 本セッションでは、SQL Database の新機能や性能、実際に導入する際のポイントを詳しく解説します。

受講対象:SQL Database は Azure で最も人気のあるサービスの 1 つです。クラウドで RDB を利用されている方は必見です。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DBI-007

SQL Server on Azure 仮想マシン (IaaS) の可用性とパフォーマンス

詳細を見る
写真:大林 裕明

大林 裕明 日本マイクロソフト株式会社
データプラットフォーム技術部
プリンシパルテクノロジースペシャリスト

クラウド上にデータベースを構築する際に気になるのは可用性とパフォーマンスです。Azure 仮想マシン上に立ち上げた SQL Server 2014 の可用性を担保するための AlwaysOn Availability Group を設定する方法や、Azure 仮想マシン上のパフォーマンスについて、デモと検証結果を交えてご説明します。

受講対象:データベース設計、構築にかかわる方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DBI-008

SQL Server 2016 概要

詳細を見る
写真:平山 理

平山 理 日本マイクロソフト株式会社
プレミアフィールドエンジニアリング部
シニア プレミア フィールド エンジニア

2016 年にメジャー アップグレードされる SQL Server の CTP2 が、間もなくリリースされる予定です。本セッションでは次期バージョンである SQL Server 2016 の機能強化ポイントを、いち早くお伝えします。ぜひ CTP2 評価計画や、新機能に関する情報のキャッチアップにお役立てください。

受講対象:SQL Server に携わるすべての皆様。特に、最新の SQL Server に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DBI-009

SQL Server 2014 スケーラビリティ検証
~240 物理コア 4TB メモリのモンスター~

詳細を見る
写真:熊澤 幸生

熊澤 幸生 日本マイクロソフト株式会社
クラウドアプリケーションビジネス部
SQL Server 技術顧問

2014 年 12 月、日本ヒューレット・パッカード社から、Superdome X 16 ソケット 240 物理コア 12TB メモリを搭載したモンスター マシンが発売されました。私たちは世界に先立ち、この環境を用いて、SQL Server 2014 環境での OLTP ベンチマーク テストを完了しました。本セッションでは、従来と比較したインテル Xeon E7 v2 のアーキテクチャから、最新のベンチマーク テストの結果を解説し、SQL Server 2014 のスケーラビリティ結果をお披露目します。

受講対象:最新ハードウェアでの SQL Server 提案/利用に携わるすべての皆様。特に、最新ハードウェア上での SQL Server のパフォーマンスやスケールアップに興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DBI-010

マイクロソフトの IoT ビジョン
~Create the Internet of Your Things~

詳細を見る
写真:James Osborne

James OsborneMicrosoft Corporation
Principal Program Manager

データを収集、蓄積、処理することで企業の IoT を収益化するために、マイクロソフトは柔軟なクラウド ベースのアプローチを提供します。本セッションではマイクロソフトの IoT 分野におけるポジショニング、テクノロジそして IoT を実現するために提供しているサービスについてご説明します。マイクロソフト米国本社のエンジニアによるセッションです。(同時通訳あり)

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
PBS-001

ここまでできる! Office 365 API を活用したアプリ開発
~Office 365 内のデータ活用~

詳細を見る
写真:大田 昌幸

大田 昌幸 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

モバイル、クラウド時代の新 API である Office 365 API は、Web 標準技術をベースとした軽量な API であり、さまざまなプラットフォームで利用されています。本セッションでは、Office 365 API を使用した開発手法や、同 API で取り出した Exchange, SharePoint, Office Graph などのデータを使って実現できることを、具体的な事例も交えてご紹介します。

受講対象:Office 365 API を使用したアプリケーション開発に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
PBS-002

次世代 SharePoint 概要

詳細を見る
写真:杉山 彰

杉山 彰 日本マイクロソフト株式会社
クラウド & ソリューションビジネス統括本部
テクノロジースペシャリスト

次世代 SharePoint に関して、米国にて 5 月 4 - 8 日に開催される Ignite で発表される最新情報も含めてご紹介する予定です。加えて、Office Delve や Office 365 Video など、SharePoint の関連サービスのロードマップについてもご紹介します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
PBS-003

Dynamics CRM の開発フレームワークでコーディングレスに作れる
業務システム

詳細を見る
写真:西澤 貴志

西澤 貴志 日本マイクロソフト株式会社
Dynamics ビジネス本部
プリンシパル テクノロジー ストラテジスト

会社や部署内に、紙、Excel、レガシー システムで管理されている業務がありませんか? Dynamics CRM を利用すれば、GUI 操作でのカスタマイズと設定だけで、それらの管理環境が実現します。本セッションでは、Dynamics CRM を「開発フレームワーク」として捉え、ビジネスにかかわるさまざまな業務システムを「コーディングレス」で作る方法をデモを交えながらご紹介します。

受講対象:コーディングレスでの業務アプリケーション開発に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
PBS-004

Dynamics CRM Online 向けモバイル アプリの開発

詳細を見る
写真:中村 憲一郎

中村 憲一郎 日本マイクロソフト株式会社
カスタマー サービス & サポート
PMC Delivery

ビジネス用アプリケーションは業種や業務によって要件が大きく変わるため、独自開発の機会が多くあります。本セッションでは Dynamics CRM Online 向けのカスタム モバイル アプリケーション開発で利用できる複数の技術 (ユニバーサルアプリ/Xamarin/Cordova など) をデモを交えながら解説すると共に、状況に応じた使い分けをご紹介します。

受講対象:Dynamics CRM Online のモバイル開発や外部連携に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
PBS-005S

Office 開発/Office 365 開発の新機能紹介

詳細を見る
写真:松崎 剛

松崎 剛 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

本セッションでは、Office と Office 365 を活用した最近のアップデート情報や今後のロードマップをお伝えします。

受講対象:Office Add-ins (旧 App for Office)、Office 365 API など、現在の Office 開発の最新テクノロジをご存じの方で、次期開発テクノロジに興味がある方

詳細を閉じる
PBS-006S

Skype for Business の開発プラットフォーム紹介

詳細を見る
写真:松崎 剛

松崎 剛 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

本セッションでは、次期 Skype for Business における新しいアプリケーション開発プラットフォームをご紹介します。

受講対象:Web 開発者でリアルタイム コミュニケーション開発に興味がある方。現在の Lync を使用した開発の最新技術をご存じの方で、今後の開発技術に興味がある方

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-001

Visual Studio 2015
~広がるアプリ開発の可能性と統合開発環境の進化~

詳細を見る
写真:相澤 克弘

相澤 克弘 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エグゼクティブ プロダクト マネージャー

最新バージョンである Visual Studio 2015 は、クラウドやモバイルのアプリの拡充、IoT の進展、また既存システムとの連携が要求される時代に合わせてクロス プラットフォーム化を促進し、その開発スタイルに合うよう ALM/DevOps をさらに強化しています。この Visual Studio 2015 の概要、さらに進化した統合開発環境と ALM 機能について、デモを交えてご説明します。

受講対象:アプリケーション開発に携わるすべての皆様。特に、最新の Visual Studio に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-002

Visual Studio Online 概要 ~開発基盤のクラウド化~

詳細を見る
写真:近藤 和彦

近藤 和彦 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクノロジー ソリューション プロフェッショナル

本セッションではクラウド化された開発基盤である Visual Studio Online について、全体像とその機能を解説します。Git によるバージョン管理、アジャイル開発で利用できる各種機能、クロス プラットフォームに対応したビルドなどさまざまな機能を取り上げ、デモを交えてご説明します。
※ Visual Studio Online "Monaco" など、クラウド上の IDE についてはこのセッションでは触れませんので、ご容赦ください。

受講対象:Visual Studio Online の導入を検討されている方、改めて Visual Studio Online の全体像を把握したい方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-003

Windows 開発における Visual Studio Online を用いた
プロジェクト管理

詳細を見る
写真:石坂 直樹

石坂 直樹 マイクロソフト ディベロップメント株式会社
オペレーティングシステムPTP開発統括部
シニア マネージャ /
Principle Group Program Manager

Visual Studio Online を実際にどのように利用して、アジャイルに Windows の開発を行っているのか? マイクロソフトの開発チームで実際にプロジェクト管理を行っている観点からお話しします。アジャイルに開発するためにどのように要件、シナリオ、タスク、バグ、プレビュー プログラムからのフィードバックなどの管理、開発部署以外とのすり合わせなどを行っているか、ツール利用の利点を課題も含めてご紹介します。また、アジャイルな開発を実践するためにツールだけでなく、チームが備えるべき体制や心持ちなども含めてお話しします。

受講対象:Visual Studio Online でのプロジェクト管理に興味がある方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-004

.NET 2015 概要 ~クロス プラットフォーム対応とオープン化~

詳細を見る
写真:Drew Robbins

Drew Robbins 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
本部長

異なるプラットフォームが複雑に組み合わさった環境で開発を高速で進める時代が進んでいます。2014 年 11 月に発表された .NET 2015 は .NET 自体の革新を進めつつ、オープン化およびクロス プラットフォーム化を進めています。最新の .NET のさまざまな技術構成とその概要を、デモを交えてご説明します。

受講対象:アプリケーション開発に携わるすべての皆様。特に、最新の .NET Framework に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-005S

.NET Core 5 on Linux and Mac OS X

詳細を見る
写真:井上 章

井上 章 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

新しく登場した .NET Core 5 は、Windows 環境に加えて Linux や Mac OS X にも対応する、次世代のクロス プラットフォーム .NET ランタイムとなります。本セッションでは、.NET Core 5 をベースとした ASP.NET 5 アプリケーションの Linux と Mac OS X での開発と実行を、デモを通してご紹介します。

受講対象:.NET Core 5/ASP.NET 5 のクロス プラットフォーム対応に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-006

ASP.NET 5 Web開発 ~ランタイム編~

詳細を見る
写真:井上 章

井上 章 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

ASP.NET 5 は、.NET 2015 における最新 Web アプリケーション開発フレームワークとして中心的な役割を担っています。本セッションでは、オープン ソースとしてクロス プラットフォーム対応が進む .NET Core 5 と ASP.NET 5 のランタイム環境の仕組みや使用方法を、デモを通して解説します。新しい .NET の世界に少しだけ Deep Dive してみませんか?

受講対象:Web アプリケーション開発に携わるすべての皆様。特に、最新の Visual Studio や ASP.NET に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-007

ASP.NET 5 Web開発 ~フレームワーク編~

詳細を見る
写真:井上 章

井上 章 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

ASP.NET 5 は、.NET 2015 における最新 Web アプリケーション開発フレームワークとして中心的な役割を担っています。本セッションでは、ASP.NET 5 の全体像や今後の方向性と共に、MVC, Web API, SignalR などの ASP.NET 5 を構成するフレームワークについてデモを通して解説します。加えて、ASP.NET 5 Web 開発においても今や無視することはできない HTML5/JavaScript といったフロントエンド技術とTypeScript の最新動向、そして Visual Studio 2015 のツール サポートについてもご紹介します。

受講対象:Web アプリケーション開発に携わるすべての皆様。特に、最新の Visual Studio や ASP.NET に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-008

進化は止まらない! ADO.NET Entity Framework の今

詳細を見る
写真:井上 大輔

井上 大輔 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

2008 年に登場した Entity Framework (EF) は IT の進化に合わせて着実に機能強化を続け、現在は Version 7 (プレビュー) が提供されています。新しい EF では単純なパフォーマンスの向上はもちろん、モバイルやクラウドを意識して「新しい開発スタイル」「マルチ プラットフォーム対応」「RDB だけでなく NoSQL など多様なデータ ソース対応」など多くの機能を提供しています。本セッションでは、そんな新しい EF をわかりやすくご紹介します。

受講対象:最新の Visual Studio や .NET Framework に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-009

クラウドにデバイスを接続する ~Internet of Things 開発方法~

詳細を見る
写真:太田 寛

太田 寛 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

現在注目を集めている Internet of Things。センサーや機器の状態など、モノ (デバイス) から生み出される膨大なデータを集めて分析活用し、新しいビジネスを生み出す可能性を秘めています。本セッションでは、Azure の Web API や Event Hub に、.NET Micro Framework や Windows for IoT、Mono 対応のデバイスを接続するソフトウェア開発を Visual Studio で行う方法をご説明します。

受講対象:IoT に関心のある、ITエンジニア、組み込みエンジニアの皆様。ぜひご参加ください。

詳細を閉じる
DEV-010

Visual Studio with Cordova クロス プラットフォーム開発の全貌

詳細を見る
写真:物江 修

物江 修 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

写真:田中 正裕 氏

田中 正裕 氏 ​アシアル株式会社
代表取締役社長

新しい Visual Studio は Apach Cordova を搭載しており、 HTML+JavaScript を使用した Android、iOS 用アプリの開発を行うことができます。本セッションでは、ローカル開発環境の Visual Studio Tools for Apache Cordova と、クラウド開発環境の Monaca for Visual Studio についてご紹介します。

受講対象:iOS、Android のハイブリッド アプリの開発に興味をお持ちのすべての皆様に。

詳細を閉じる
DEV-011

Xamarin.Forms と Web API による実践的クロス デバイス
業務アプリケーション開発

詳細を見る
写真:赤間 信幸

赤間 信幸 日本マイクロソフト株式会社
エンタープライズ サービス部門 コンサルティングサービス統括本部
プリンシパル コンサルタント

さまざまなスマホやタブレットの普及に伴い、多くのフォーム ファクターをカバーできるクロス プラットフォーム開発技術の有用性は高く評価されています。本セッションでは Xamarin.Forms と Web API を利用した業務アプリケーションの開発方法、クライアントからサーバーまでのアプリケーション アーキテクチャ構成や気を付けるべきポイントを、デモを交えてご説明します。

受講対象:モバイル デバイスを使ったクロス プラットフォーム開発に関心のあるすべての皆様はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-012

Unity, Cocos2d-x クロス プラットフォーム対応ゲーム開発

詳細を見る
写真:大西 彰

大西 彰 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

写真:清水 友晶 氏

清水 友晶 氏 Chukong Technologies Japan株式会社

スマートフォン、タブレット、PC、さまざまなフォーム ファクターやデバイスに対応したゲーム開発において、優れたゲーム エンジンの活用は重要になっています。本セッションでは、C# を使って開発できる Unity と C++ を使って開発できる Cocos2d-x をご紹介し、クロス プラットフォーム対応を意識したゲーム開発について、Windows や Visual Studioの視点も含めて、お話しします。

受講対象:Unity, Cocos2d-x を使った開発に興味のあるすべての皆様

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-013

全部みせます! Microsoft Azure の新機能

詳細を見る
写真:平野 和順

平野 和順日本マイクロソフト株式会社
クラウド & ソリューションビジネス統括本部 Azureソリューション技術部
部長

本セッションでは、Microsoft Azure におけるアップデート情報をまとめてご紹介します。後ろに続く開発系の Azure セッションを聞く前に、概要を理解するのに最適なセッションです。

受講対象:Azure を利用してシステム開発を検討している方、また Azure の概要をお知りになりたい方はご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-014

動画やろうぜ! Azure Media Services で始めるライブ配信

詳細を見る
写真:畠山 大有

畠山 大有 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

日本国内でも、大型の利用事例が出てきた Azure Media Services。ビデオ オンデマンドとライブ配信の双方のシナリオで、続々と使いやすくなっています。本セッションでは、実際の導入時のノウハウに見る、Azure Media Services の機能についてご紹介します。ぜひライブ配信をやりましょう!

受講対象:動画配信に携わるすべての皆様。企業内でも、Web サイトやマニュアルなどで動画の活用を検討中の皆様。そして、それらのアプリケーションを開発している皆様は、ぜひご参加ください

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-015

今さら聞けない! クラウドを使った Search-as-a-Service の活用
~Azure Search 全貌~

詳細を見る
写真:畠山 大有

畠山 大有 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

古くて新しい技術が全文検索です。大規模かつ大量の検索処理を処理するインフラの構築は、本当に大変でした。2015 年 3 月に、Azure Search というサービスが Azure の仲間入りをして、コンテンツの検索は次のステージに入りました。本セッションでは、マイクロソフトならではの特色も入っている Azure Search の活用のパターン、作成方法/アプリケーションへの組み込み方法などについてご紹介します。

受講対象:Web システムのご担当者。これまで全文検索にかかわった皆様。ぜひここで一緒に学びましょう。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-016

新サービス「Azure App Service」で変わる新しい Web/モバイル
アプリケーション開発

詳細を見る
佐藤 直生

佐藤 直生 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
Azure テクノロジスト

2015 年 3 月に発表/リリースした Microsoft Azure の新サービス「Azure App Service」は、既存の Azure Websites、Azure Mobile Services などを統合し、4 種類のアプリケーション (Web アプリ、モバイル アプリ、API アプリ、ロジック アプリ) を実行できる統合された Web/モバイル アプリケーション プラットフォームとなりました。カスタムの Web API をホストできる API アプリ、サード パーティーのサービスやアプリケーションへの多数のコネクターを使ってワークフロー/ビジネス プロセスを実行できるロジック アプリといった新機能も提供しています。本セッションでは、Azure App Service の技術的な全体像を詳しくご紹介します。

受講対象:Web/モバイル アプリケーション開発にかかわるすべての皆様、ぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-017

Azure App Service Web Apps (旧称 Azure Websites) による
Web アプリケーションの開発と展開

詳細を見る
写真:関田 文雄

関田 文雄 日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部 Azureソリューション技術部
クラウドソリューションアーキテクト

Azure App Service Web Apps (旧称 Azure Websites) は、インターネット向けの Web アプリケーションのみならず、エンタープライズ向けの Web アプリケーションでも活用できる、スケーラブルな Web アプリケーションのプラットフォームです。本セッションでは、Azure App Service Web Apps の最近の新機能を解説し、エンタープライズ Web アプリケーションでの活用シナリオをご紹介します。

受講対象:Web アプリケーションの開発と展開にかかわるすべての皆様は、ぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-018

"非" MS技術でも安心! Azure活用によるアプリケーション開発

詳細を見る
写真:武田 正樹

武田 正樹 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

本セッションでは .NET や SQL Server などのマイクロソフト製品や技術ではなく、Java, PHP, node.js, Python, Ruby などの言語、それから MySQL やドキュメント指向データベースなどを Azure で利用した際に何がどう便利になるのか、整理してご紹介します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-019

徹底解説! プログラマーがおさえておくべき
Azure Active Directory のすべて

詳細を見る
写真:松崎 剛

松崎 剛 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

本セッションでは、今後ますます重要になる Azure Active Directory (Azure AD) を活用した 認証/認可について解説します。Azure Active Directory (Azure AD) を中心に、Windows 環境、Office、Visual Studio の最新プラットフォームを活用したプログラミングのポイントや留意点など、詳細を徹底解説します。

受講対象:アプリケーション開発に携わる方で、Azure Active Directory、Winodws Server などが提供する最新のアイデンティティ環境に興味がある方

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-020

Microsoft Azure と連携してつくろう!
クロス プラットフォーム モバイル アプリ

詳細を見る
写真:鈴木 章太郎

鈴木 章太郎日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

モバイル アプリを開発するには、さまざまな注意点があります。クラウド接続が前提なので、オフライン対応の実装が必要です。また、アプリのユーザーの利用状況の把握のため、リアルタイム ユーザー分析などを使いたいところです。さらに、幅広く通知を送付して注意を喚起すれば利用促進を図れます。本セッションでは、Microsoft Azure Mobile Services、オフライン同期機能、Mobile Engagement などを使ったモバイル アプリの開発方法をご紹介します。

受講対象:アプリケーション開発に携わるすべての皆様。特に、モバイル アプリ開発、Microsoft Azure に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-021S

Visual Basic 14 新機能

詳細を見る
写真:渡辺 弘之

渡辺 弘之 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Visual Studio 2015 と共に Visual Basic の最新バージョンである Visual Basic 14 がリリースされます。本セッションでは、Visual Basic 14 の主な新機能をご紹介します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-022S

C# 6.0 新機能

詳細を見る
写真:渡辺 弘之

渡辺 弘之 日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

Visual Studio 2015 と共に、C# の最新バージョンである C# 6.0 もリリースされます。本セッションでは、C# 6.0 の主な新機能をご紹介します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-023

新しいクロス プラットフォーム開発 Visual Studio Code

詳細を見る
写真:戸倉 彩

戸倉 彩日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

昨今、技術やサービスの選択肢が大きく広がる中、開発プラットフォームも多様化しています。マイクロソフトは Windows 上だけでなく Mac OS X や Linux でも稼働する無料のコード エディターである「Visual Studio Code」を Visual Studio 製品群に新しく追加しました。IntelliSense やデバッグ機能を実装する本ツールの高い生産性やカバレッジについてデモを交えてご説明します。

受講対象:Mac Book で Sublime Text や Vim を使ってWeb/スマホアプリ開発をされている方はぜひご参加ください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
DEV-024

Microsoft Azure Service Fabric によるレジリエントな
マイクロサービスの構築

詳細を見る
佐藤 直生

佐藤 直生日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
Azure テクノロジスト

Microsoft Azure Service Fabric は、開発者がインターネット スケールのサービスを簡単に構築、管理できる最新の分散システムです。Azure SQL Database、Azure DocumentDB、Cortana といったマイクロソフト自身のサービスでも、Service Fabric が使われています。本セッションでは、このようなサービスの構築時に遭遇する難しい問題を、Service Fabric を使ってどのように解決できるか、デモを交えて解説していきます。また、Service Fabric における、マイクロサービス構築のための 2 つのプログラミング モデル (アクター API、サービス API) もご紹介します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
SPL-001

de:code special session
~マイクロソフトが考える 5 年後を見据えた技術提言~

詳細を見る
写真:萩原 正義

萩原 正義マイクロソフト コーポレーション
エバンジェリスト

クラウド ファーストへのパラダイム シフトが起きている今、技術者の皆さんに 5 年後を見据えて知っておいていただきたい技術の提言を、プラットフォーム、アプリケーション、開発パラダイムの 3 つの視点から 4 人のエバンジェリストがお伝えします。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は、同ページにダウンロードリンクがございます。

詳細を閉じる
SPL-002

マイクロソフトとサイバー犯罪との闘い
~デジタル クライム ユニットとデータセンター管理~

詳細を見る
写真:澤 円

澤 円日本マイクロソフト株式会社
マイクロソフトテクノロジーセンター
センター長

マイクロソフトは、最も多くのサイバー攻撃にさらされている組織です。その一方で、過去に一度も社内への侵入や情報漏えいが発生したこともない、堅牢なセキュリティ対策ができている組織でもあります。マイクロソフトが、どのような形でサイバー犯罪に立ち向かっており、またどのようにデータセンターを管理しているのかを、デモやビデオを交えてご紹介します。

受講対象:何らかの形で IT にかかわるすべての方

詳細を閉じる
SPL-003

話題の Drone (ドローン) と 新スマート デバイスが青空を臨む

詳細を見る
写真:西脇 資哲

西脇 資哲日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員
エバンジェリスト

IT とそれを操る開発者の皆様の可能性を探るスペシャル セッション。新型 Surface 3 で小型無人飛行機 Drone (ドローン) を操作し、腕に装着するスマート デバイス群や、クラウド サービスと連携しながらデモとプレゼンを行い、学びぶことができます。話題のガジェット/スマート デバイス/クラウド サービス類の解説を聞きながら皆様も参加できるセッションです。航空法と電波法を順守し、技術基準適合証明機器の範囲内でお届けします。

詳細を閉じる
SNR-001

株式会社クライム
Veeam Backup & Replication と StorSimple

詳細を見る

浅見 幸伸 氏株式会社クライム
ソフトウェア部
システム・エンジニア

工藤 雅彦日本マイクロソフト株式会社
ビジネスプラットフォーム
テクノロジースペシャリスト

仮想化対応のデータ保護ツール、Veeam Backup & Replication の優れた優位性とマイクロソフト StorSimple ハイブリッド クラウド ストレージとの親和性についてご紹介します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は非公開です。

詳細を閉じる
SNR-002

日本デジタルオフィス株式会社
API で実現する全デバイス対応アプリ開発手法
(トヨタ自動車様、住友林業様など)

詳細を見る

濵田 潔 氏日本デジタルオフィス株式会社
代表取締役

全デバイス (Windows 8, iPad, iPhone, Android) アプリ、ブラウザでも同一インターフェイスで動作可能な「do!book」の HTML5 プログラミングの手法をご紹介。「do!book API」を活用してドキュメント、レポート アプリを SI 企業様がどのように構築できるかを、トヨタ自動車様や住友林業様などの事例でご説明します。ブラウザ アプリの感覚でマルチ デバイス アプリの開発を実現します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は非公開です。

詳細を閉じる
SNR-003

エクセルソフト株式会社
インフラジスティックス・ジャパン株式会社

Windows Phone/iOS/Android アプリ同時開発のススメ

詳細を見る

田淵 義人 氏エクセルソフト 株式会社
ソフトウェア事業部
Business Development Manager

池原 大然 氏インフラジスティックス・ジャパン株式会社
マーケティング 
製品担当

本セッションでは Windows Phone/iOS/Android などのさまざまなモバイル OS に対応したアプリケーションを同時に開発する際に、画面部分を共通化できる Xamarin.Forms を利用した開発手法をご紹介します。また、このフレームワークに対応したデータ視覚化コントロールを用いて、表現をさらにリッチにする手法についてもご紹介します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は非公開です。

詳細を閉じる
SNR-004

アバナード株式会社
デジタル テクノロジーが推進する、アプリケーション革新

詳細を見る

高橋 秀 氏アバナード株式会社
Application Development
ソリューションアーキテクト/ディレクター

SMAC や IoT といったデジタル テクノロジーがビジネスの形を変えようとしています。その原動力が、アプリケーション革新です。アバナードでは、マイクロソフト テクノロジーを基盤に、デジタルのさまざまな要素をアプリケーションに盛り込み、リアルなビジネスを支えるソリューションの構築を進めています。本セッションでは、あるビジネス シナリオを例に、デモを中心にご紹介、SMAC や IoTが活用/実装された世界をお見せします。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は非公開です。

詳細を閉じる
SNR-005

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
デスクトップ仮想化環境から見たアプリケーションやインフラ、
その活用のポイント

詳細を見る

𡌶 俊介 氏シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
マーケティング部

セキュリティ強化やモバイルのために、デスクトップ仮想化のニーズは再び高まっています。しかし、その仕組み上、物理 PC での利用とは異なる点があり、使い始める前に知っておくべき点があります。本セッションでは、Office 365 などのアプリケーションの活用時の注意点や、Hype-V から Azure などのクラウドといったインフラ面に至るまで、仮想化にまつわるさまざまな領域についての活用ポイントを、Citrix XenDesktop の最新バージョンを起点にお伝えします。

詳細を閉じる
SNR-006

インテル株式会社
インテル® RealSense™ テクノロジーで
近未来アプリケーションの開発

詳細を見る

竹内 康人 氏インテル株式会社
インテル技術本部ソフトウェア&サービス技術統括部
アプリケーション・エンジニア

2013 年に発表され、毎年進化を続けているインテル® RealSense™ テクノロジー。最新の情報とデモを交えながら、インテル® RealSense™ テクノロジーの可能性をご紹介します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は非公開です。

詳細を閉じる
SNR-007

トレンドマイクロ株式会社
Microsoft Azure, Office 365 をより安心してご利用いただくために

詳細を見る

大久保 智 氏トレンドマイクロ株式会社
スレットディフェンスSE本部プリSEグループ ビジネスパートナーSE部

野明 純日本マイクロソフト株式会社
モビリティ & クラウド技術部
プリンシプルテクノロジースペシャリスト

パブリック クラウド上にデータを置くことに躊躇したことはないでしょうか。本セッションでは、安心してマイクロソフト クラウド サービスをご利用いただくためにマイクロソフトが取り組んでいるセキュリティ対策や、Microsoft Azure のセキュリティ対策デザイン パターン、さらに 2015 年上期にリリース予定の Office 365 向けセキュリティ対策製品をご紹介します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は非公開です。

詳細を閉じる
SNR-008

富士通株式会社
セキュリティの常識を変える!
手のひら静脈認証の最新ソリューションと最新技術

詳細を見る

若林 晃 氏富士通株式会社
パームセキュアビジネス推進部
部長

パスワードやカードといった従来型認証セキュリティのリスクや課題に対し、セキュリティ強化と運用コスト低減、さらに利便性向上まで実現できる「手のひら静脈認証」をご紹介します。

詳細を閉じる
SNR-009

日本ビジネスシステムズ株式会社
フルスタック エンジニアとか無理!
比べてわかった Azure PaaS の勘所

詳細を見る

福田 雅和 氏日本ビジネスシステムズ株式会社
システムインテグレーション統括本部 Ambient Officeソリューション本部
本部長

きらびやかなイメージのある自社サービスの開発ですが、その内実は「与えられた期間は 2 ヶ月。エンジニアは約 3 人」 これでリリースまで漕ぎ付けるのか? 受託ベンダーが Office 365 との連携したサービス開発という、まったく別のビジネスにチャレンジしていく中で学んだことを中心にパフォーマンスや、作り方のお作法まで Azure PaaS をいろんな側面から切り刻んでいきます。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は非公開です。

詳細を閉じる
SNR-010

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
職人芸からの脱却、Azure システム運用の標準化を
System Center で実現

詳細を見る

関沢 秀典 氏ソフトバンク・テクノロジー株式会社
Enterprise Cloud営業部
マネージャー

企業におけるさまざまなクラウドの活用はオンプレミスとの共存が不可欠です。System Center なら、共存しているハイブリッド環境を統合して運用する時代でも安心して運用が可能です。 構築から運用をワンストップで安心してお任せいただける当社ならではの視点で、職人芸では難しい日々進化していく Azure に合わせて Windows も Linux も運用が可能な、クラウド型マネージド サービスについて解説します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は非公開です。

詳細を閉じる
SNR-011

株式会社ミックスネットワーク
「PUBLIS Free on Microsoft Azure」で構築する Web 配信基盤

詳細を見る

福慶 荘介 氏株式会社ミックスネットワーク
Web基盤ビジネス統轄Unit
執行役員

吉田 稔 氏株式会社ミックスネットワーク
Web基盤ビジネス統轄Unit
マネージャー

2015 年 4 月後半から Azure ユーザーに無償提供を開始した、「PUBLIS Free on Microsoft Azure」をご案内します。Enterprise CMS、「SITE PUBLIS」を 30 ページ 3 ユーザーの制限において無償提供することで、今まで「SITE PUBLIS」を導入いただけなかった企業や個人にエンタープライズ レベルの生産性向上を実現することが可能になります。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は非公開です。

詳細を閉じる
SNR-012

ニンテックスジャパン株式会社
Nintex Workflow で実現するスマート ワーク

詳細を見る

木本 貴史 氏ニンテックスジャパン株式会社
セールスディレクター

田中 良忠 氏ソフトバンク コマース&サービス株式会社
ICT事業本部 MD本部 第1技術部 2課
課長

日々の申請業務がスムーズに行われたら、どんなに本来の仕事にベストを尽くせるでしょうか。そこで、稟議や承認など一連の業務を迅速かつ簡単にするワークフロー自動化ソリューション「Nintex Workflow」をご紹介します。複雑で高度に組まれた工程も簡単に自動化し、モバイル機器からも利用できる利便性の高さをデモでお見せします。あなたの業務にかかる手間と時間をいかに削減、改善できるのかお確かめください。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は非公開です。

詳細を閉じる
SNR-013

株式会社セカンドファクトリー
ビジネス駆動開発を支える SkyDream とは
萩本 順三×大関 興治トーク ライブ!!

詳細を見る

大関 興治 氏株式会社セカンドファクトリー
代表取締役社長

萩本 順三 氏株式会社 匠 Business Place
代表取締役社長

「SkyDream」はビジネス駆動開発を支えるコンポジット クラウド プラットフォームです。要求開発の手法を取り入れ、超高速開発を実現するビジネス企画メソッドを展開する匠 Business Place の萩本 順三 氏を迎え、コンサルフェーズ後の現実解を導き出すフェーズにおいて、重要なポイントを解説します。ビジネス アーキテクトを目指す方々は必見のスポンサー セッションです。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は非公開です。

詳細を閉じる
SNR-014

株式会社エンパシ
Windows Universal Application と Microsoft Azure でつくる
ソリューション開発について

詳細を見る

中 博俊 氏株式会社エンパシ
システム開発部
テクニカルアーキテクト

Windows Embedded 上で Universal Application と Microsoft Azure を使いソリューション開発/展開を行っています。実際の業務上で考えないといけない設計の課題や、落とし穴。パフォーマンス要件や、それらを緩和する方法など業務アプリケーションを作成する際のコツなどをご紹介します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は非公開です。

詳細を閉じる
SNR-015

ハミングヘッズ株式会社
開発者/インフラ管理者の仕事を楽にする
国産セキュリティ ソフトとは

詳細を見る

石津 広也 氏ハミングヘッズ株式会社
顧問

近年サイバー攻撃では標的型攻撃を始めとしてデバイスの Firmware に感染するなど、これまでのセキュリティ対策では対処が難しいものが増加の一途をたどっています。ISO15408 EAL3 申請中の、Windows API 動作を監視追跡できる Defense Platform では、そうした未知の脅威を制止し、OS のセキュリティを拡張することで、開発者は自分のアプリ開発に、管理者は運用にと本来の業務に集中していただけます。この技術について詳細をご紹介します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は非公開です。

詳細を閉じる
SNR-016

株式会社FIXER
Azure でマネタイズ!
Azure Machine Learning とトップ ゲーム プロデューサーの競演

詳細を見る

松岡 清一 氏株式会社FIXER

日山 雅之 氏株式会社FIXER

安藤 武博 氏株式会社スクウェア・エニックス

スマゲの大ヒットタイトルが吐き出す膨大なログ データから Microsoft Azure の Machine Learning は何を教えてくれるのか。株式会社スクウェア・エニックスのプロデューサー 安藤氏をお迎えし、テクノロジーの進化による次世代ゲーム プロデュースの可能性をご紹介します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は非公開です。

詳細を閉じる
SNR-017

株式会社インターネットイニシアティブ
落ちないマルチ クラウド ネットワークの構築
- 通信事業者からみた Azure ExpressRoute

詳細を見る

小野原 雄平 氏株式会社インターネットイニシアティブ
ネットワーク本部ネットワークサービス部ネットワークサービス課

クラウドにとって命綱に等しいネットワーク。Azure のネットワークは ExpressRoute の登場によって大幅に強化されました。またクラウド サービスの利用シーンでは、オンプレミスとの連携のみに止まらず、複数事業者のクラウドを連携した活用が始まっています。本セッションでは、ExpressRoute を用いてクラウド間を連携するネットワークを構成する方法について、ネットワーク事業者の視点から解説します。

詳細を閉じる
SNR-018

株式会社スクウェア・エニックス
Hello DirectX 12 - Road to //build/
WITCH CHAPTER 0 [cry]

詳細を見る

田畑 端 氏株式会社スクウェア・エニックス
第2ビジネス・ディビジョン ディビジョン・エグゼクティブ
Final Fantasy XV ディレクター
WITCH CHAPTER 0 [cry] プロデューサー

私たちは、さまざまな新世代技術を対象とした技術研究プロジェクトに取り組んでいます。その一環として、「DirectX 12」を活用したリアルタイム レンダリング CG 技術の研究を進め、「WITCH CHAPTER 0 [cry]」を制作しました。本セッションでは、なぜ、DirectX 12 なのか、なぜ、Windows 10 なのか、そして、なぜ、ゲーム業界の外を挑戦の場に選んだのか!? 実際の制作ワークフローや取り入れた技術の解説を行います。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は非公開です。

詳細を閉じる
SNR-019

AvePoint Japan 株式会社
クロス プラットフォーム/デバイスのニーズに応える
~SharePoint から広がる次世代情報共有基盤~

詳細を見る

塩光 献 氏AvePoint Japan 株式会社
代表取締役社長

三瓶 義雄 氏AvePoint Japan 株式会社
サービスエンジニアリング
シニアテクニカルコンサルタント

グローバル レベルでビジネス スピードが加速し、業務遂行にパラダイム シフトが起きている現代社会で組織が成功するためには、多様なユーザー層が自由に利用することができ、クロス プラットフォーム/デバイスに対応した情報共有基盤を最大限に活用することが必要不可欠です。本セッションでは、SharePoint をはじめとするマイクロソフトの技術を援用して、組織のニーズに合致した情報基盤をどのように構成することができるかをご紹介します。

セッション動画 新しいウインドウで開く

※セッション資料は非公開です。

詳細を閉じる
※ 6 月 2 日時点の情報です。内容は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

[お問い合わせ]

マイクロソフト イベント・セミナー お問合せ窓口 TEL: 0120-37-0196 (9:00-17:30 土日祝を除く)
[お問い合わせフォーム] ※お問い合わせの際は、必ずイベント名および開催日をお申し出ください。

de:code お知らせメールの登録情報の変更や停止について  新しいウインドウで開く

ページの TOP へ戻る