セッションスケジュール

アイコンをクリックすると、セッションをトラックで絞り込みが出来ます。




すべてのセッション概要を開く
  

Vision Keynote

10:00- 12:00
基調講演

樋口 泰行
日本マイクロソフト株式会社
代表執行役 社長
  

Sponsor Lunch Session

12:30-13:15
 Sponsor Track

HP Helion マネージドクラウドで実現する Exchange の統合と事業継続

安藤 嘉教 氏  日本ヒューレット・パッカード株式会社 エンタープライズサービス事業統括 エグゼクティブコンサルタント

なぜ大手金融機関はメールシステムをクラウドに移行したのか? メールはビジネス遂行に欠かせない主要ツールであり、サービスの安定的な提供、監査対応、ビジネスと同期したカスタマイズ運用などが求められます。本セッションでは、マイクロソフト社との強固なパートナーシップの下、HP が提供する「Helion マネージドクラウド」を活用した Exchange のグローバル統合や事業継続について、事例を交えてご紹介します。

 Sponsor Track

Windows API 監視技術を用いた標的型攻撃/情報漏洩対策の革新とは

石津 広也 氏  ハミングヘッズ株式会社 顧問

セキュリティに十分な対策を行っているはずの大手企業からも漏れてしまう重要情報。高度化する標的型攻撃や内部犯行による漏洩事件に対して、どのような対策が望まれるのでしょうか。ウイルス対策ソフトの最新化? 暗号化? 本セッションでは Windows API 監視技術を用いたサイバー攻撃対策「ディフェンスプラットフォーム」と、情報漏洩対策「セキュリティプラットフォーム」による革新的かつ抜本的な対策をご紹介します。

 Sponsor Track

ネットワークとクラウドで広がる KDDI クラウド戦略

藤井 彰人 氏  KDDI株式会社 サービス企画本部 クラウドサービス企画開発部 部長

クラウドを活用するには、増大するトラフィックやデータ漏えい、PW 管理など、ネットワークからセキュリティに至るまで利用環境全体での対処が必要となります。本セッションでは、クラウド時代に必要とされるネットワークやセキュリティ懸念に対応する ID 管理ソリューション等、KDDI ならではのクラウド活用をご提案します。

KDDI のクラウドサービス新しいウインドウで開く
出展内容について新しいウインドウで開く
KDDI クラウドブログ新しいウインドウで開く

 

 Sponsor Track

タイムリミットまであと 9 か月!
今から始める Windows Server 2003 クラウド乗り換えナビゲーション!

関沢 秀典 氏 ソフトバンク・テクノロジー株式会社 ソリューション営業統括部 マネージャー

Windows Server 2003 サポート終了を受け、移行先として Microsoft Azure などクラウドが注目される一方で、セキュリティや既存システムとの連携に不安を抱える担当者も多いのではないでしょうか。
本セッションではクラウド移行の成功ノウハウを事例も交えてご紹介します。
移行検討から構築、運用をワンストップで安心してお任せ頂ける当社ならではの視点で、企業にとって最適なクラウドへの乗り換え方について解説します。

 Sponsor Track

Office 365×HDE One
〜なぜ企業は Office 365 のセキュリティ対策に HDE One を選ぶのか〜

汾陽 祥太 氏  株式会社HDE 執行役員 事業開発室 室長

アクセス制御、誤送信防止、ファイル転送、メールアーカイブ、セキュアブラウザ、Office 365 にセキュリティ対策として必要とされる全ての機能を All-in-One で提供するHDE One だが、企業が導入にあたりどのようなポイントで選択したのかを事例、デモンストレーションを交えながらご紹介します。
新機能の発表、ご紹介も併せて行なわせて頂きます。
次の様な方々に最適です。
・情報システム部門/経営企画部門に従事される方
・Office 365/スマートデバイスの導入をされている方/導入を検討されている方

  

Breakout Session

13:35-14:20
   IT Trend Track

モバイル + Cloud で実現する柔軟なワークスタイル (Part 1)
~ マイクロソフトが提供する新しい企業システム ~

澤 円 日本マイクロソフト株式会社 マイクロソフトテクノロジーセンター センター長

売上拡大、既存事業のコスト削減、新規事業のチャレンジなど、どの業種業界にも通じる経営課題。企業にとって、これらの課題を解決し自社の競争優位性を保つために、IT の活用は今や必須条件となっています。本セッションでは、ある架空の企業を想定しその企業が抱える経営課題から、マイクロソフトが考える最適な企業システムについて、ご紹介します。

※ 本セッションは 14:40-15:25 に行います「モバイル + Cloud で実現する柔軟なワークスタイル (Part 2) ~ マイクロソフトが提供する新しい企業システム ~」と連続したセッションです。

   Platform Track

SQL Server 2014 へのアップグレード

佐藤 秀和 日本マイクロソフト株式会社 ビジネスプラットフォーム統括本部 データプラットフォーム技術部
プリンシパル テクノロジー スペシャリスト

従来のバージョンの SQL Server から SQL Server 2014 へのアップグレードを行う際に留意すべき事項についてご説明すると同時に、その手順をご紹介します。

   Productivity Track

これさえあれば、何もいらない? 最新 Surface Pro 3 のすべて

瀬戸 和信 日本マイクロソフト株式会社 Windows 本部 シニアプロダクトマネージャー

96% の iPad ユーザーは、ノート パソコンも同時に使っています。なぜ、両方を使い分ける必要があるのでしょうか? 情報機器に使う予算は限られているはずです。Surface Pro 3 は、タブレットとノート パソコンをバランスよく融合させた製品です。発売から 3 ヶ月、 事例を含めポイントを解説します。

   Productivity Track

より迅速にビジネスに対応するために~マイクロソフトの社内クラウド活用事例~

日野 成一郎 日本マイクロソフト株式会社 Office ビジネス本部 エンタープライズプラットフォームグループ
プロダクトマーケティングマネージャー

御代 知克 日本マイクロソフト株式会社 ビジネスプロダクティビティ統括本部 テクニカル第2営業部 部長

時間をかけて既存のシステム移行を行うよりも、既存のものは維持したままクラウドを利用開始することで、トータルの工数を減らしながらクラウドの便益を早期に享受することができます。また、マイクロソフト の実際のクラウド活用事例をご紹介します。

   Productivity Track

売上目標達成には商談数が足りない! どうやって商談を作りだしますか?

宇根 靖人 日本マイクロソフト株式会社 Dynamicsビジネス本部 Dynamicsマーケティング部 シニアプロダクトマネージャー

Microsoft Dynamics Marketing と Microsoft Dynamics CRM を併用したリードの生成、適切なタイミングでのリードの案件化、効果測定、営業とマーケティングの間での情報共有についてご紹介します。

   Developer Track

マルチデバイスを見据えたこれからのアプリケーション開発技術

高橋 忍 日本マイクロソフト株式会社 デベロッパーエクスペリエンス&エバンジェリズム統括本部 テクニカル エバンジェリスト

これまで PC 中心となっていたビジネスの世界でも、スマートフォンやタブレットといったモバイル デバイスを本格的に採用しながら、より効果的なビジネスでの運用が始まっています。マルチスクリーン、タッチ モニター、デバイス連携など、新しいデバイスに合わせてさまざまな技術とそのため開発が求められています。本セッションではマイクロソフトが考えるマルチデバイスへのアプリケーション開発技術を、デモを交えてご紹介します。

14:40-15:25
 Platform Track

モバイル + Cloud で実現する柔軟なワークスタイル (Part 2)
~ マイクロソフトが提供する新しい企業システム ~

澤 円 日本マイクロソフト株式会社 マイクロソフトテクノロジーセンター センター長

売上拡大、既存事業のコスト削減、新規事業のチャレンジなど、どの業種業界にも通じる経営課題。企業にとって、これらの課題を解決し自社の競争優位性を保つために、IT の活用は今や必須条件となっています。本セッションでは、ある架空の企業を想定しその企業が抱える経営課題から、マイクロソフトが考える最適な企業システムについて、ご紹介します。

※ 本セッションは 13:35-14:20 に行います「モバイル + Cloud で実現する柔軟なワークスタイル (Part 1) ~ マイクロソフトが提供する新しい企業システム ~」と連続したセッションです。

 Platform Track

クラウドでの止まらないシステム構築

関田 文雄 日本マイクロソフト株式会社 ビジネスプラットフォーム統括本部 Azureソリューション技術部
テクノロジー ソリューション プロフェッショナル

クラウドだからといって止まっていいシステムはほとんどありません。逆にクラウドだからこそ、オンプレミスよりも止まり難いシステム構築ができるパターンもあります。本セッションでは、Azure の持つ機能を最大限に活用し、止まらないシステムをどのように構築するかご紹介します。

   Productivity Track

Windows タブレットが仕事を変える⁉ 現場から業務改善に取り組む企業の最新事例紹介

浅田 恭子 日本マイクロソフト株式会社 Windows 本部 Windows コマーシャルグループ エグゼクティブ プロダクト マネージャー

近年、日本でも多くの企業がタブレットを導入することで、新しい働き方の模索を始めています。本セッションでは、Windows 8/8.1 デバイスを導入することで、営業や現場スタッフの業務効率化や生産性向上を実現した事例を、Windows の最新情報と合わせご紹介します。

   Productivity Track

最新 Office で導入と管理はどう変わるのか?
~ クラウド時代の Office、Office 365 ProPlus の特長と導入手法/基礎 ~

輪島 文 日本マイクロソフト株式会社 Office ビジネス本部 エンタープライズプラットフォームグループ シニアプロダクトマネージャー

高野 祐一 氏富士ソフト株式会社 MS事業部 プロモーション部 部長

Office 365 ProPlus は、クラウド時代に最適な方法で導入、展開することが可能です。本セッションでは、Office 365 ProPlus の導入運用に関する誤解をひもときつつ、実際にどのような導入方法があるのか、また修正モジュールをどのように展開するのか、さらに旧バージョンからの移行時のポイントについて詳しくご紹介します。

   Productivity Track

売上目標 2 倍!? 営業の人数を増やしますか、生産性を上げますか?

山下 博史 日本マイクロソフト株式会社 Dynamicsビジネス本部 Dynamicsパートナー営業部 パートナー セールス エグゼクティブ

情報収集力を手に入れた新しい顧客に対応するために営業に求められる要素 (チーム対応、即応性、優先順位の決定、標準プロセス化) をマイクロソフト クラウド (CRMOL, Office 365, Power BI) がどのように支援できるかをご紹介します。

 Developer Track

Visual Studio で実現するクラウド時代の Rapid Release

相澤 克弘日本マイクロソフト株式会社 デベロッパーエクスペリエンス&エバンジェリズム統括本部
エグゼクティブ プロダクト マネージャー

昨今のクラウドの発展はアプリケーション開発を高速化させ、開発スタイルも変わりつつあります。またこの変化の流れにより Visual Studio もコード開発、コラボレーション、テスト等をクラウド化し、クラウド サービスと密接に連携している唯一の統合開発ツールです。最新機能の紹介やデモを織り交ぜながら期間短縮やコスト削減が図れ、効率良く開発を進められるツールの活用方法をご紹介します。

15:45-16:30
 Platform Track

インフラストラクチャーを正しく移行するために知っておきたい 10 のテクノロジ

安納 順一 日本マイクロソフト株式会社 デベロッパーエクスペリエンス&プラットフォーム統括本部 エバンジェリスト

Windows Server 2003 を移行する合理的な理由をお持ちでしょうか? サポート終了によるセキュリティ上の不安? いえいえ。「2003 では解決できないニーズがあるから」、これが最大の理由です。2003 年に存在しなかったものが頭上に迫っています。そうクラウドです。2003 年に封印したアイツが殻を破って出てこようとしています。個人デバイスの業務利用です。企業 IT がこれらに抵抗し続けることは生産性の否定です。モダナイズとは生産性を実現するための手段なのです。本セッションでは、インフラの正しいモダナイズに必要な 10 のテクノロジについて解説します。

 Platform Track

企業ウェブサイトの現状把握と将来を見越した運用手法の概要

鈴木 祐巳 日本マイクロソフト株式会社 ビジネスプラットフォーム統括本部 Azureソリューション技術部
テクノロジー ソリューション プロフェッショナル

大多数の企業が、ウェブ サイトを運用するにあたって、数多くの課題をかかえながら日々運用されています。さまざまな方面から、課題点を明確にした上で、どのようにすれば解決できるのか、糸口を紹介いたします。また、ウェブサイト運用におけるクラウド活用方法を Microsoft Azure Websites の機能を中心に、事例をご紹介しつつ解説いたします。

 Productivity Track

タブレットを専用端末に⁉ Windows Industry で実現する柔軟でセキュアなクライアント環境

蔵本 雄一 日本マイクロソフト株式会社 ビジネスプラットフォーム統括本部 デバイス & モビリティ本部
シニアテクノロジ-スペシャリスト

POS や顧客向け案内端末など、これまで組込専用端末でのみ実現可能だった機能が、企業でも身近に使えるようになりました。本セッションでは、ボリューム ライセンスで企業でも利用可能な Windows Embedded 8.1 Industry の機能やメリット、利用事例など、最新情報をご紹介します。

Productivity Track

ここまでできる!最新 Office で実現するモバイルワークスタイル

輪島 文 日本マイクロソフト株式会社 Office ビジネス本部 エンタープライズプラットフォームグループ シニアプロダクトマネージャ

営業現場での業務効率化や、ワークライフ バランス確保など、モバイル ワークスタイルの実現は企業の大きな取り組み課題となっています。最新 Office は、外出先や自宅でもスムーズに業務を継続できるよう、タッチ対応、巨大ストレージ、コミュニケーション環境を統合的に提供します。Office で実現できるモバイル ワークスタイルをデモを交えてご紹介します。

 Productivity Track

Microsoft Dynamics AX on Azure

鈴井 洋介 日本マイクロソフト株式会社 Dynamicsビジネス本部 Dynamicsパートナー営業部 プリンシパルテクノロジーストラテジスト

Dynamics AX の Microsoft Azureによるサポートや、Cloud hosted environments などの LCS サービスが実際にどのように機能するかをデモを交えてご紹介します。その他 LCS の最新機能やロードマップもご紹介します。

 Management Track

ハイブリッド クラウド時代に備えて知っておきたいマイクロソフトの運用管理技術

小丸 芳弘 日本マイクロソフト株式会社 ビジネスプラットフォーム統括本部 Cloud OS技術部 テクノロジースペシャリスト

本セッションでは、Microsoft Azure とオンプレミス データ センターとのハイブリッド クラウド環境の本格導入を見据えて、これからの運用管理を背負って立つエンジニアが知っておきたいマイクロソフトの最新運用管理技術と、その活用ノウハウを整理し、わかりやすく解説します。

16:50-17:35
 Platform Track

Windows Server 2003 からの移行 ~ 概要 ~

三浦 俊平太 日本マイクロソフト株式会社 ビジネスプラットフォーム統括本部 Cloud OS技術部
テクノロジーソリューションプロフェッショナル

Windows Server 2003 からの移行に関して、32 bit 、64 bit の OS のアーキテクチャの概要から、考慮すべき点、検討事項、移行方法についてご紹介します。

 Platform Track

クラウドを利用した、業務アプリケーションのモバイル移行

池田 祐一 日本マイクロソフト株式会社 ビジネスプラットフォーム統括本部 Azureソリューション技術部
シニア テクノロジー スペシャリスト

モバイル機器の浸透により、業務アプリケーションのモバイルからの利用が急速に進んでいます。ゲームなどでは当たり前になっている技術を、どのように業務アプリケーションに適用して開発を進めることができるかを解説します。

 Productivity Track

マイクロソフト社員が実践する時間と場所にとらわれない働き方

越川 慎司日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員プラットフォーム戦略本部 本部長

多くの日本企業がかかえる問題を明示し、われわれ日本マイクロソフト自身がどのように克服しているか、実例やデモを交えてご紹介します。生産性プラットフォームをどのように活用し、どういったチャレンジがあったのかを、実話を元にご説明します。

 Productivity Track

急速に進む中小企業のクラウド導入 : Office 365 導入の効果とその事例

小澤拓史 日本マイクロソフト株式会社 Office ビジネス本部 Consumer&SMBグループ シニアプロダクトマネージャー

クラウド サービスは、中小企業にこそ革新的な効果を発揮する仕組みです。今その導入が本格化しています。少ない投資で効果の高い仕組みを簡単に導入できるのがクラウドの特長です。具体的事例を交えて効果の出やすいポイントについてご紹介します。

 Productivity Track

Windows アプリとクラウドの活用で進化するワークスタイル

鈴木 敦史 日本マイクロソフト株式会社 マイクロソフトテクノロジーセンター エバンジェリスト

タブレット導入を検討する中で「タブレットで何ができるのか」「アプリは簡単に作れるのか」など、お悩みのお客様も多いと思います。本セッションではタブレットの導入を検討されるお客様に向けて、 Windows 8.1 の新機能を周辺機器やクラウドと連携した業務アプリの開発サンプルとともにご紹介させていただきます。また、コーディング無しで Windows アプリを作成可能な、Microsoft Project Siena を使用してアプリ作成の実演もご覧いただきます。

 Management Track

Azure上のセキュアな仮想マシンと仮想ネットワークの設計方針

東屋 善昭 日本マイクロソフト株式会社 ビジネスプラットフォーム統括本部 Cloud OS技術部 プリンシパル テクノロジースペシャリスト

Azure 上のセキュアな仮想マシンの構築方法を中心にご説明します。仮想マシンだけではなく Azure 仮想ネットワークの設計方針や構築方法を知りたい方にぴったりです。


*セッション内容およびスケジュールは予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。