Home > 共同研究 > 2018 CORE 共同研究プロジェクト
Microsoft Research アカデミック連携プログラム Mt. Fuji Plan

マイクロソフト リサーチ アジア
2018 CORE共同研究プロジェクト募集要項

オリジナルの募集要項はこちらになります。
www.microsoft.com/en-us/research/lab/microsoft-research-asia/articles/msra-collaborative-research-2018-rfp/新しいウィンドウ

背景

Microsoft Research Asia(以下、MSRA)はマイクロソフトのアジア・パシフィック地域における基礎研究部門です。アジアおよびグローバルで最高の人材を魅了し、現在220名以上の研究者および開発者が所属するワールドクラスの研究所に成長しました。研究所では基礎研究を行っており、世界のトップクラスの研究者と連携してグローバルな課題解決に資するテクノロジーを研究開発しています。

今回2018年を研究実施期間としたCORE共同研究プロジェクト(通称CORE14)の提案を公募いたします。目的は、マイクロソフトが関連する研究分野において、アジアのファカルティや研究者にオープンにコラボレーションできる研究トピックを提案していただき、研究分野の最先端を拡大し、技術的なイノベーションを生み出すことにあります。MSRAは、マイクロソフトがアジアの高等教育において、人材育成および有益な研究とテクノロジーのパートナーとしての地位を確立することを強く望んでいます。

募集する共同研究テーマ

MSRAは野心的な研究アジェンダを以下の3つのテーマについて設定しています。これはマイクロソフトの長期的なビジョンと戦略に基づくものです。

  • Perception, Recognition, and Interaction: enable users to interact with a computer using speech, graphics and vision; allowing people to search for and to be immersed in interactive online shopping, education, meeting and entertainment activities through multimedia.
  • Human and Machine Intelligence: explore new infrastructures, algorithms, tools and applications to collect, analyze and mine results for data-intensive business in both the consumer and enterprise sectors; applying data-mining, machine-learning and knowledge-discovery techniques to information analysis, organization, retrieval and visualization.
  • Hardware and Software Systems: include areas such as software analytics, networking, mobile sensing, applied algorithms, devices, and systems that will have an impact on multiple applications and products.

今回はこれらの上記研究分野のいずれかにおける、マイクロソフトとの共同研究とのご提案を募集しております。ご提案において、Microsoft Research(以下、MSR)の共同研究相手を特定することが重要になっています。

以下、MSRAにおける個々の研究グループのリストおよび研究分野の詳細な情報になっていますのでご参考ください。

MSRのその他の研究グループに関しては以下のURLをご参考ください。
www.microsoft.com/en-us/research/people/?filter_type=groups 新しいウィンドウ

参考となる情報

募集/選考スケジュール

  • 2017 年 9 月 30 日 (土)
    提案書募集の締め切り
  • 2017 年 10 月 31 日 (火)
    書類選考通過者への通知を予定
  • 2017 年 11 月 16 日 (木) もしくは 17 日 (金)
    日本マイクロソフト品川本社において面接選考
  • 2017 年 11 月 25 日 (土)
    採否の内定通知を予定
  • 2018 年 1 月 1 日 (月)
    共同研究開始

研究費について

MSRAは審査の結果に基づいて採否の判断を行います。採択の結果、提案されたプロジェクトの研究代表者の所属する研究機関に対して、研究費の支払いが行われます。個人もしくはその他の機関の銀行口座への支払いはどのような場合においても認められません。研究費は原則1年の研究を対象としています。例外的に2年間の研究も考慮されることがあります。研究費は提案書に書かれたプロジェクトを支援するためにのみ使用されなければなりません。研究代表者は、この研究費を受け取ることで以下のことを同意したものとみなされます。1)2018末までに報告書を提出すること、2)研究成果をCOREレビューワークショップもしくはMSRAの主催するイベントで報告すること。これらのイベントに出席する旅費は研究費から支出してください。

提案者の要件

提案者の要件は以下となります。この要件をすべて満たさない提案者は審査の対象とはなりません。

  • 提案者は以下のどちらかの機関に所属する必要があります。
    • 文部科学省認定の 4 年制大学・大学院および国公立研究機関
    • 非営利の研究機関
  • 昨年度のCORE(CORE13)の採択者以外の提案者
  • 提案者は、研究費の支援を受けたプロジェクトから生じるすべての成果をパブリックドメインにすることで、研究機関がプロジェクトから生じた成果に対する所有権を放棄することに同意する必要があります。もし研究機関が生じた成果に対して知的財産権を主張する場合はマイクロソフトに対して事前の通知および無償のライセンスを提供しなくてはなりません。

提案書提出のプロセス

提案書はWordドキュメントもしくはPDFフォーマット (こちら 新しいウィンドウ) で受け付けます。必要とされるすべての情報を可能な限り詳細に提供してください。その情報をもとにMSRで提案書を審査し、選考を行います。提案書は締め切り以前にオンライン提出サイト 新しいウィンドウを通じて提出をお願いします。上記サイトの研究者リストから特定の研究グループを選択し、コラボレーションを希望する研究者を同定してください。またどのようにコラボレーションを進めるか(例えば、ミーティングやワークショップの形式、MSRのラボでの短期滞在、インターンの派遣など)明記する必要があります。提出はオンライン提出サイトでのみ受け付けています。Appendix Iが提案書のフォーマットとなっていますのでご参考ください。提案書はメールでは送らないでください。

選考のプロセス

提案者の要件をすべて満たし、締め切りまでに提出されたすべての提案書は、MSRによって研究分野の最先端かどうか、また研究における共通の興味があるかどうかに基づいて審査をされます。MSRAは選定した提案書に対して、要求された額の増減、もしくは個別のアワードに対する上限額の研究費を提供する権利を持ちます。この申し出は提案者の研究機関によって3か月以内に了承されなければキャンセルされます。提案書の数および法的理由により、MSRAは採択とならなかった提案書に対して個別のコメントを提供しません。

謝辞

プロジェクトへの本助成に対する謝辞は、公表文献、プレスリリースそして本プロジェクトに関連するすべての広報に入れられるものとします。表記は以下の通りとします。 “This project is funded (partially funded) by Microsoft Research Asia”

質問がある際は、こちらのアドレス(msrarfp@microsoft.com)までメールでコンタクトをしてください。その際、メールの標題を” MSR Asia Call for CORE14”としてください。