マイクロソフト認定資格試験

マイクロソフト認定資格があると、自身のキャリアを最初からその頂点へと高めることができます。認証は、あなたを他の人から特徴分けし、そしてあなたの知識とスキルの検証となります。

Microsoft認証試験に登録する。

Microsoft Office 認定

アカデミック・アウトレットを通じて提供されるMicrosoft Office Specialist(MOS)の試験とMicrosoft Technology Associate(MTA)の試験には、 register at Certiport.

Microsoft テクニカル認証

小売を通じて提供される他のすべてのMicrosoft認定パスとMTA試験については、 sign in with Microsoft, その後 select your exam and schedule with Pearson VUE.

試験形式および質問のタイプ

試験のセキュリティと認定資格の価値を保護するために、試験形式や質問のタイプを試験前に明らかにすることはありません。マイクロソフトは、絶えず革新的な試験テクノロジや質問のタイプを導入しており、これらを事前の予告なくいつでも試験に組み込む権利を有しています。試験には次の内容が含まれる可能性があります。

試験開発

マイクロソフト認定資格試験は、業界のプロフェッショナルからの意見を取り入れて慎重に開発されており、世界中の組織でマイクロソフト製品がどのように使用されているかを反映しています。

1)スキルドメインを定義。

エキスパートは、特定のジョブロールか関数内の特定のテクノロジーの、使用される特に重要なタスクを認識します。

2)試験のスキルの配備を定義

ステップ1で定義されたスキルは、世界中の追加テクニックとジョブ関数のエキスパートにより評価されるこの評価が、質問をどのスキル分野に配分するかを定義する際のブループリントになります。

3)試験の質問を書く。

設問設定エキスパート(SMEs)が、ステップ2で作成された青写真により配備定義される重要スキルを計測するように設問を書きます。

4)各設問の正確さ、計りやすさ、妥当さ等々を評価。

項目を書いた人では無いエキスパートの人物が一つずつ技術的正確さ、関連性、便利な知識、問題がありうる項目についてアルファレビューを行う

5)設問のベータテストをする。

アルファレビューアイテムは、「ベータ試験」として知られる試験的な状況で試験的にテストされます。ライブテストには最高のコンテンツのみが含まれると保証します。

6)設問プールを確定。

ベータテストの結果は、サイコメトリックな手法で、各要素例えば難易度や受験者のパフォーマンスの高低の計る能力や妥当さを分析します。マイクロソフトの精神測定学的基準を満たす質問のみが、ライブ試験に使用されます。

7)カットスコアを設定

専門家の委員会がマイクロソフトの精神測定学者と協力して、合格スコアを決定します。資格の中に含まれる質問の難易度に関連するスキルのコンポーネントを考慮したのを基にしています。

8)試験は全世界で行われます。

ピアソンVUEまたはCertiport、独立した試験デリバリープロバイダーであり、認定試験を管理します。資格は、世界中にあるテストセンターか、もしくはVUE経由でオンライン受検から受けられます(現在Certiportからのオンライン受検はできません)

9)資格の有効な内の持続/メンテナンス

Microsoftは資格を、そのライフサイクルに渡ってサイコメトリックに計測し、そしてスキルドメインを計るのに妥当で有り続けていることを確認します。サイコメトリックな手法で計測できないとされた設問は削除され、テクノロジー自体の変更に由来する新しい項目が、サイコメトリックな理由の元にアップデートして置き換えられ新規にフィーチャーと機能性が追加されます。

ベータ試験への参加

ベータ試験は、試験開発プロセスの重要な部分です。ベータ形式の試験を受けた受験者は、受験者へのスコア付けが行われる前に、質問の技術的な正確性、妥当性、および精神測定学的特性を提供してくれます。

参加する方法

マイクロソフトのベータ試験は80%割引で提供されています。受験者は、Born to Learnのブログ記事で説明されているように、レッスンが完了した後、次の試験で25%の割引を受けます Updates on Microsoft Beta Exam Program.SME Profileデータベースプログラムの有資格者は、ベータ試験に参加するためのユニークなディスカウントコードを受け取り、 Born to Learn blogでベータが発表される約3日前にベータ試験を得る可能性が高くなります 。

SME Profileデータベースプログラムは現在 Microsoft Collaborateでホストされています。コラボレートでプログラムに参加する方法については、Born to Learnのブログ記事 Help Us Create Exams and Learning Content! Join our SME Database Today! を参照してください。

例えばWindows Server やWindows OSのようなテクノロジーについては、我々はさらに適正が非常にある受験者をSMEプロファイルデータベースに登録して用意されています。そのような場合は、有資格者の中から適切な人数を無作為に抽出して試験に招待します。あなたが選択されていない場合でも、Born to Learnブログを見て参加することができます。ここで、ベータ試験登録が開かれる日に別のコードを投稿します。

ベータ試験を受けたいのに招待されなかったり、無料の受験枠に登録できなかった場合は、正規の試験と同様に登録し、通常料金を支払ってベータ試験の期間に受験することができます。我々は求職者やキャリア成長のニーズを満たすために早期に試験に合格したり、技術のアーリーアダプタである(あるいは卓越している)ことを実証したりするために試験を受けたい人もいると理解しています。

ベータテストの受験者はそのテクノロジーの経験を持つ人で無ければなりません。

:ベータ版への参加は先着順です。受験を希望する人が多いので、ベータ登録期間が始まったらすぐに登録することをお勧めします。

ベータ試験の準備

殆どの場合、あなたは試験に関連づけられたスキルのリストのページ、資格詳細へのアクセスを得ることとなります。しかしながら、正式なコースウェアと他のトレーニング要素がベータテストが始まった時点で用意されていることはほぼありません。ベータ試験に興味のある個人は、通常、他のリソースが使用可能であったり、該当のテクノロジの経験があったり、ベータ製品を使用していたりします。追加の準備資料が必要な場合は、同僚に相談したり、コミュニティ リソースや早期利用者の記事を確認したりしてください。

準備資料なしでベータ試験を準備する方法に関するより多くの提案やアイディアについては、Born to Learnのブログ記事をご覧ください: Just How Does One Prepare for Beta Exams without Preparation Materials?

ベータテストスコアリングと結果

ベータ試験を完了すると同時にスコアを受け取るわけではありません。これは、この試験のスコア モデルがまだ最終決定されていないためです。

通常あなたは試験のスコアを、試験が世界中で受けられるようになってから2−3週間以内に受け取りこれはあなたが試験をうけた時期にもよりますが最大で受験後16週間となります。この時間枠は、ベータ試験中に提供された reading and evaluating all comments と各問題のパフォーマンスを評価するためのデータの統計分析を含む結果を評価するために使用される包括的なプロセスを反映しています。再開プロセスは、試験が始まる日に開始され、最終スコアは約10日後にリリースされます。

注意 ベータ試験への参加は自発的なものであり、マイクロソフトがベータ試験プロセス、スコアの入手、または結果のタイミングに関してなんら約束または保証をするものではありません。

ベータ試験の合格

認定資格パスにおけるベータ試験の合格は、受験者の認定資格に数えられます。最終版の試験を再受験する必要はありません。1年以内に別の試験を受験することを忘れないでください。ベータ試験に合格して得た25%の割引を利用することができます。

ベータ試験に合格しなかった場合、ベータ試験を再受験することはできません。その試験に合格するために必要な認定資格を取得するには、試用期間中に定期的に試験に合格するまで待つか、ベータ試験に参加するために受け取った25%の割引を適用することができます。

ベータスコアが有効であると思われる場合(試験が生存しているか、それが記載されているツイートが見られたため)、まず、試験配信プロバイダがオンラインで投稿したかどうかを確認します。掲示されていない場合は、試験配信会社にお問い合わせください(最終版の試験が公開されてから、ベータスコアがオンラインになるまでに最大2週間かかる場合があります)。試験デリバリープロバイダーがスコアを投稿したが、Microsoftのトランスクリプトにスコアが表示されない場合は、 Microsoft Regional Service Centerにお問い合わせください

あなたの知識とスキルへの称賛を得ましょう
全ての資格試験を見る