「再受験無料のExam ReplayバウチャーとPractice Testの購入はこちら」

試験
70-411

Windows Server

  • 配信開始:
    2012年9月17日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Windows Server 2012 R2
  • 対応資格:
    MCP、MCSA、MCSE

Windows Server 2012 の管理

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

video

Windows Server MCSA認証客観的なドメインレビュー

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

2018年4月19日現在の試験の更新があります。これらの変更の詳細と測定されたスキルの影響については、これをダウンロードしてレビューしてくださいExam 411 change document

サーバーの展開、管理、保守
  • サーバーイメージの展開と管理
    • Windows展開サービス(WDS)の役割をインストールします。 ブートの設定と管理、イメージのインストールと検出、 パッチ、修正プログラム、およびドライバでイメージを更新する。 オフラインイメージの機能をインストールする。 ドライバグループとパッケージを設定する
  • パッチ管理の実装
    • Windows Server Update Services(WSUS)の役割をインストールして構成する。 更新のためのグループポリシーを構成する。 クライアント側のターゲティングを設定する。 WSUS同期を構成する。 WSUSグループを構成します。 混合環境におけるパッチ管理の管理
  • サーバーを監視する
    • データ コレクター セット (DCS) の構成、警告の構成、リアルタイム パフォーマンスの監視、VM の監視、イベントの監視、イベント サブスクリプションの構成、ネットワーク監視の構成、パフォーマンス監視のスケジュール設定

準備用リソース

ファイルと印刷サービスを構成する
  • 分散ファイルシステム(DFS)を構成する
    • DFS名前空間をインストールして構成する。 DFSレプリケーションターゲットを構成する。 レプリケーションスケジュールを構成する。 リモート差分圧縮設定を構成する。 ステージングを構成する。 フォールトトレランスを構成する。 DFSデータベースをクローンする。 DFSデータベースを回復する。 DFSレプリケーションを最適化する
  • ファイルサーバーリソースマネージャー(FSRM)を構成する
    • FSRM役割サービスをインストールする。 クォータを構成する。 ファイル画面を構成する。 レポートを構成する。 ファイル管理タスクの設定
  • ファイルとディスクの暗号化を設定する
    • Bitlockerの暗号化を設定する。 ネットワークロック解除機能を設定する。 Bitlockerポリシーを設定する。 EFS回復エージェントを構成する。 EFSおよびBitlocker証明書の管理(バックアップと復元を含む)
  • 監査ポリシーを詳細に構成する
    • グループポリシーとAuditPol.exeを使用して監査を実装する。 式ベースの監査ポリシーを作成する。 リムーバブルデバイスの監査ポリシーを作成する

準備用リソース

ネットワーク サービスおよびアクセスの構成
  • DNSゾーンの設定
    • プライマリゾーンとセカンダリゾーンを設定する。 スタブゾーンを構成する。 条件付き転送を構成する。 Active Directoryでゾーンと条件付きフォワードストレージを構成する。 ゾーンの委任を設定する。 ゾーン転送設定を構成する。 通知設定を構成する
  • DNSレコードを設定する
    • A、AAAA、PTR、SOA、NS、SRV、CNAME、MXレコードを含むDNSリソースレコード(RR)を作成して構成する。 ゾーンの清掃を構成する。 TTL(Time To Live)や重量などのレコードオプションを設定します。 ラウンドロビンを設定します。 安全な動的更新を構成する
  • VPNとルーティングの設定
    • リモートアクセスの役割をインストールして構成する。 ネットワークアドレス変換(NAT)を実装する。 VPN設定を構成する。 ユーザーのリモートダイヤルイン設定を構成する。 ルーティングを設定する。 パススルーモードでWebアプリケーションプロキシを構成する
  • DirectAccessの構成
    • サーバーの要件を実装する。 クライアント構成を実装する。 ダイレクトアクセス用にDNSを構成する。 直接アクセス用に証明書を構成する

準備用リソース

ネットワーク ポリシー サーバー インフラストラクチャの構成
  • ネットワークポリシーサーバー(NPS)を構成する
    • RADIUSプロキシを含むRADIUSサーバーを構成する。 RADIUSクライアントを構成する。 NPSテンプレートを構成する。 RADIUSアカウンティングを設定します。 証明書を構成する
  • NPSポリシーを構成する
    • 接続要求ポリシーを構成する。 VPNクライアントのネットワークポリシー(マルチリンクおよび帯域幅割り当て、IPフィルタ、暗号化、IPアドレッシング)を設定する。 NPSポリシーのインポートとエクスポート

準備用リソース

Active Directory の構成および管理
  • サービス認証を構成する
    • サービスアカウントの作成と構成。 グループマネージドサービスアカウントの作成と構成 Kerberos委任を設定します。 サービスプリンシパル名(SPN)を管理する。 仮想アカウントを構成する
  • ドメイン コントローラーを構成する
    • 操作マスターの役割の転送と強制、読み取り専用ドメイン コントローラー (RODC) のインストールと構成、ドメイン コントローラー複製の構成
  • Active Directory を保守する
    • Active Directory と SYSVOL のバックアップ、Active Directory のオフライン管理、Active Directory データベースの最適化、メタデータのクリーンアップ、Active Directory スナップショットの構成、オブジェクト レベルとコンテナー レベルの回復の実行、Active Directory 復元の実行、Active Directory のごみ箱を使用したオブジェクトの構成と復元
  • アカウントポリシーを設定する
    • ドメインおよびローカルユーザーのパスワードポリシー設定を構成する。 パスワード設定オブジェクト(PSO)の設定と適用。 パスワード設定管理を委任する。 アカウントロックアウトポリシーの設定を構成する。 Kerberosポリシーの設定を構成する

準備用リソース

グループ ポリシーの構成および管理
  • グループ ポリシーの処理を構成する
    • 処理順序と優先順位の構成、継承のブロックの構成、強制ポリシーの構成、セキュリティ フィルター処理と WMI フィルター処理の構成、ループバック処理の構成、低速リンク処理とグループ ポリシーのキャッシュの構成、クライアント側拡張機能 (CSE) の動作の構成、グループ ポリシーの構成の強制
  • グループ ポリシー設定を構成する
    • ソフトウェアのインストール、フォルダのリダイレクト、スクリプト、および管理用テンプレートの設定などの設定を構成する。 セキュリティテンプレートをインポートする。 カスタム管理用テンプレートファイルをインポートする。 管理用テンプレートのプロパティーフィルターを構成する
  • グループポリシーオブジェクト(GPO)の管理
    • GPOのバックアップ、インポート、コピー、および復元。 移行テーブルの作成と構成 デフォルトのGPOをリセットする。 グループポリシー管理を委任する
  • グループポリシー設定(GPP)の設定
    • プリンタ、ネットワークドライブのマッピング、電源オプション、カスタムレジストリ設定、コントロールパネルの設定、Internet Explorerの設定、ファイルとフォルダの展開、およびショートカットの展開などのGPP設定を構成する。 アイテムレベルのターゲティングを設定する

準備用リソース

試験対策

インストラクター指導のトレーニング
試験準備用ビデオ

Microsoft 認定資格PREP Talk:試験番号411

認定エキスパートによるこの準備用ヒントでは、James Seymour (Certification Planner) と Symon Perriman (シニア テクニカル エバンジェリスト) が、試験番号411 で評価するスキルの関連性について説明しています。

演習テスト

Take a Microsoft Official Practice Test for Exam 411

コミュニティから

Exam 70-411 wiki

Exam 70-411 forum

書籍

試験参照番号 70-411:Windows Server 2012 R2の管理
発行:2014年6月23日

マイクロソフトの試験番号70-411-を準備し、Windows Server 2012 R2の実際の管理能力を実証する一助に。Exam Ref では、地位向上を目指す経験豊富な IT プロフェッショナル向けに、MCSA レベルでの成功に必要な批判的思考法と意思決定能力について重点的に説明しています。

Microsoft Press Store で、この書籍を購入

トレーニングガイド:Windows Server 2012 R2の管理
発行:2014年6月1日

このトレーニングガイドでは、エンタープライズ管理者が実際の職種別のスキルを開発するのに役立つように設計されており、Windows Server 2012 R2のコアインフラストラクチャ管理に重点を置いています。一連のレッスン、演習、実演を通して実践的な専門知識を習得し、業務のパフォーマンスの最大化に寄与します。

Microsoft Press Store で、この書籍を購入

受験対象者

この試験は、エンタープライズ環境で Windows Server 2012 インフラストラクチャを管理するために必要なスキルと知識をテストする 3 部構成の試験の第 2 部です。この試験での合格は、ユーザーとグループの管理、ネットワーク アクセス、データ セキュリティなど、Windows Server 2012 インフラストラクチャの保守に必要なタスクの管理について、受験者の能力を検証します。この試験と他の 2 つの試験との組み合わせにより、受験者が、Windows Server 2012 環境におけるサービスとインフラストラクチャの実装、管理、保守、プロビジョニングに必要なスキルと知識を有していることを確認します。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。