「再受験無料のExam ReplayバウチャーとPractice Testの購入はこちら」

試験
70-697

Windows

  • 配信開始:
    2015 年 9 月 1 日
  • 言語:
    英語、スペイン語、中国語(簡字体)、中国語(繁字体)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語(ブラジル)
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Windows 10
  • 対応資格:
    MCP、MCSA

Configuring Windows Devices

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

Microsoft Ignite 2017から試験準備セッションを見る

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

注意:2017年12月15日現在の試験の更新があります。 これらの変更の詳細と、測定されたスキルにどのように影響するかを確認するには、をダウンロードして確認してください Exam 697 change document

アイデンティティの管理(10〜15%)
  • Microsoft Store、Microsoft Store for Education、Microsoft Store for Business、クラウドアプリをサポートします。
    • Microsoft Office 365、 Microsoft Store for Business または Microsoft Store for Education アプリを使ったソフトウェアのインストールと管理、Microsoft Intune を使ったアプリのサイドロード、オンライン/オフライン イメージへのアプリのサイドロード、Microsoft Intune を使ったアプリのディープリンク、パーソナライズ設定を含めた Microsoft アカウントの統合
  • 認証と承認のサポート
    • 多要素認証、Windows Hello for Business、バーチャルスマートカード、ピクチャーパスワード、生体認証に関連する問題の特定と解決、ワークグループとドメイン認証の実施、ホームグループの実装、セキュア チャネル、アカウント ポリシー、資格情報キャッシュ、資格情報マネージャーを使ったコンピュータとユーザ認証の設定、ローカル アカウントとマイクロソフト アカウントの実装、Windows Hello for Business の設定、Azure AD Join の実装、ドメイン アカウントへのマイクロソフト アカウントの接続
デスクトップとデバイスの配置を計画する(10〜15%)
  • ユーザー データを移行および構成する。
    • ユーザー プロファイルの移行、フォルダーの場所の構成、プロファイル バージョン、ローカル、移動、固定プロパティを含めたプロファイルの構成
  • Hyper-Vを構成する。
    • 統合サービスを含めた仮想マシンの作成と構成、チェックポイントの作成と管理、仮想スイッチの作成と構成、仮想ディスクの作成と構成、仮想マシンの記憶域の移動
  • モビリティ オプションを構成する。
    • オフライン ファイル ポリシー、電源ポリシー(powercfg)、Windows to Go、同期オプション、Center、Wi-Fi Direct の設計
  • モバイル デバイスのセキュリティを構成。
    • BitLocker の構成、スタートアップ キー記憶域の構成
Microsoft 365ソリューションの計画と実装(10〜15%)
  • モバイル デバイスをサポートする。
    • セキュリティポリシー、リモートアクセス、リモートワイプなどのモバイルデバイスポリシーをサポートする。 ワークフォルダーと同期センターを含むモバイルアクセスとデータ同期をサポートする。 広帯域テザリングと測定されたネットワークを含むブロードバンド接続をサポートする。Microsoft Intune(Windows 10、Windows 10 Mobile、iOS、Androidなど)を使用したモバイルデバイス管理をサポートする。
  • Microsoft Intuneを使用してソフトウェア更新プログラムを展開。
    • レポートとコンソール内監視を使用して必要な更新を識別する。更新を承認または拒否する。自動承認設定を構成する。アップデートインストールの期限を設定する。サードパーティの更新プログラムを展開する。
  • Microsoft 365ソリューションでデバイスを管理する。
    • ユーザーアカウントをプロビジョニングする。 デバイスを登録する。 すべての管理対象デバイスの表示と管理する。Microsoft Intuneサブスクリプションを構成する。Microsoft Intuneコネクタサイトシステムの役割を構成する。 ユーザーとコンピュータグループを管理する。 監視と警告を設定する。ポリシーを管理する。リモートコンピュータを管理する。
  • 情報保護を構成する。
    • Office 365のデータ損失防止、Windows情報保護とBitLocker、Azure情報保護、Microsoftクラウドアプリケーションセキュリティ、Office 365高度セキュリティ管理の管理と構成
ネットワーク構成(10〜15%)
  • IP の設定を構成する。
    • 名前解決の構成、ネットワークへの接続、ネットワーク場所の構成
  • ネットワーク設定を構成する。
    • 無線ネットワークへの接続、優先無線ネットワークの管理、ネットワーク アダプタの構成
  • ネットワーク セキュリティを構成および管理する。
    • Windows ファイアウォールの構成、高度なセキュリティの Windows ファイアウォールの構成;接続セキュリティ ルール (IPsec) の構成;認証済み例外の構成、ネットワーク検出の構成
記憶域を構成 (10-15%)
  • データ記憶域をサポートする。
    • 次の項目に関連する問題の特定と解決:キャッシング設定を含むDFSクライアント; 容量およびフォールトトレランスを含むストレージスペース; OneDrive
  • データ セキュリティをサポートする。
    • 次の項目に関連する問題の特定と解決:アクセス許可 (共有、NTFS、ダイナミック アクセス制御 (DAC) を含む);暗号化ファイル システム (EFS) (データ回復エージェントを含む);リムーバブル メディアへのアクセス;BitLocker と BitLocker To Go (データ回復エージェント、Microsoft BitLocker Administration and Monitoring (MBAM) を含む)
データアクセスと保護を管理する(10〜15%)
  • 共有リソースを構成する。
    • 共有フォルダーのアクセス許可の構成、HomeGroup の設定の構成;ライブラリの構成、共有プリンターの構成、OneDrive の構成
  • ファイルとフォルダーへのアクセスを構成する。
    • EFS を使用したファイルとフォルダーの暗号化、NTFS アクセス許可の構成、ディスク クォータの構成、ファイル アクセス監査の構成、認証と承認の構成
リモートアクセスを管理する(10〜15%)
  • リモート接続を構成する。
    • リモート認証を構成する。 リモートデスクトップ設定を構成する。 VPN接続と認証を設定します。 VPN再接続を有効にする。 ブロードバンドテザリングを設定する。 Windows 10 Mobile、iOS、およびAndroid用のリモートデスクトップクライアントを設定します。 Remote Credential Guardを使用してリモートデスクトップの資格情報を保護する。 Windows 8.1およびWindows 2012 R2でRDPの制限付き管理モードを有効にする
  • モビリティ オプションを構成する。
    • オフライン ファイル ポリシーの構成、電源ポリシーの構成、Windows To Go の構成、同期オプションの構成、WiFi Direct の構成
アプリを管理する(10〜15%)
  • RemoteApp の展開と管理
    • RemoteAppとデスクトップ接続の設定を構成し、署名付きパッケージのグループポリシーオブジェクト(GPO)を構成し、デスクトップ接続のフィードを購読し、RemoteApp構成のエクスポートとインポートをし、iOSとAndroidをサポートし、 配布用にリモートデスクトップWebアクセスを設定する。
  • デスクトップ アプリをサポートする。
    • Windows Assessment and Deployment Kit (ADK) を使ったデスクトップアプリ互換性のサポート、Hyper-V と App-V を使ったデスクトップアプリケーションの共存、User Experience Virtualization (UE-V) の構成、Microsoft Intune を使ったデスクトップアプリケーソンの展開
アップデートと回復の管理(10〜15%)
  • システム回復を構成する。
    • 回復ドライブの構成、システム復元の構成、更新またはリサイクルの実行、ドライバー ロールバックの実行、復元ポイントの構成
  • ファイル回復を構成する。
    • 以前のバージョンのファイルおよびフォルダーの復元、ファイル履歴の構成、OneDrive からのファイルの回復
  • トランスポートの構成と管理
    • 更新の設定の構成、Windows Update ポリシーの構成、更新履歴の管理、更新のロールバック、Microsoft Store アプリの更新

試験対策

インストラクター指導のトレーニング
試験準備用ビデオ

70-697:Configuring Windows Devices

自己ペースのトレーニング

Microsoft on edX: Windows 10 Features for a Mobile Workforce

この XSeries プログラムでは、ネットワークやストレージの構成を含め、エンタープライズ全体で Windows 10 デスクトップおよびデバイスのデプロイを計画、実装、およびサポートする方法について学習します。マイクロソフト認定資格試験 70-697 の準備として、データ アクセスと保護、リモート アクセス、アプリ、更新、システムまたはファイル回復を管理する方法を確認してください。

演習テスト

Take a Microsoft Official Practice Test for Exam 70-697

書籍

試験参照 70-697 Configuring Windows Devices
公開日:2018年4月2日

Microsoft試験 70-697 の準備用で、企業環境での Windows 10 デバイスの構成に関する実際の知識を確認するのに役立ちます。このExam Refは、経験を積んだITプロフェッショナルのステータスを向上させようとするMicrosoftスペシャリストレベルとして成功に必要な批判的思考と意思決定能力に重点を置いています.

Microsoft Press Store で、この書籍を購入

Microsoftプレスの書籍および電子書籍は、書籍の発行日の90日以内に予約注文することができます。

受験対象者

この試験の候補者は、強固な ID の作成、コンテンツの保護 (データ損失防止)、モバイル デバイス管理ポリシー、Hyper-V による仮想化、Company Portal または Microsoft Store によるアプリケーション管理を担当するWindows デバイスサポート技術者またはシステム管理者が対象となります。

候補者は、Windowsのデスクトップ管理、メンテナンス、トラブルシューティング、Windows 10のセキュリティ、統合されたAzureの機能の経験が必要です。候補者は、Windowsネットワーキングテクノロジ、Active Directory、およびMicrosoft Intuneの基本的な知識を持っていることが必要です。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。