Windows Server 2016

Windows Server 2016 は、現在のワークロードをサポートするクラウドレディ オペレーティング システムであり、容易にクラウド コンピューティングに移行できるようにする新しい技術が導入されています。ここでは、各エディションおよびライセンス オプションの概要について説明します。


Windows Server 2016
エディションのライセンスよく寄せられるご質問

エディションのライセンス

お客様の組織の規模や仮想化とデータセンターの要件に基づき、Windows Server の 3 つの主要 エディションからご選択ください。

  • Datacenter エディションは、高度に仮想化された環境、および Software Defined Datacenter 環境に最適です。
  • Standard エディションは、ほとんど仮想化されていない、あるいはまったく仮想化されていない環境に最適です。
  • Essentials エディションは、クラウドに接続する最初のサーバーとして、ユーザー数が 25 名以内で、デバイスが 50 台以内の小規模組織のお客様に最適です。Essentials は、Windows Server 2016 では提供されない Foundation エディションをご使用のお客様に最適な選択肢です。

エディションの概要

エディション最適な環境ライセンスモデルCAL 要件

Datacenter

高度に仮想化された環境、および Software Defined Datacenter 環境コア/CAL 単位 *
(コア ベース)
Windows Server CAL**

Standard

ほとんど仮想化されていない、あるいは、まったく仮想化されていない環境コア/CAL 単位 *
(コア ベース)
Windows Server CAL**

Essentials

ユーザー数が 25 名以内で、デバイスが 50 台以内の小規模組織特殊サーバー
(サーバー ライセンス)
CAL 不要

*サーバー上のすべての物理コアに対してライセンスを取得する必要があり、物理プロセッサごとに最低 8 個のコア ライセンスおよびサーバーごとに最低 16 個のコア ライセンスが必要です。

**サーバーにアクセスするすべてのユーザーまたはデバイスに対して CAL が必要になります。詳細については、製品条項を参照してください。

Windows Server 2016 の Standard エディションと Datacenter エディションでは、追加機能が提供されます。Windows Server 2016 Datacenter エディション固有の機能には、シールドされた仮想マシン、ソフトウェア定義のネットワーク、記憶域スペース ダイレクト、記憶域レプリカがあります。Windows Server 2016 Standard エディションでは、Windows Server 2012 R2 Standard エディションから削除された機能はありませんが、Nano Server や無制限の Windows Server コンテナーのような機能が追加されています。

機能

DatacenterStandard

Windows Server の基本機能

オペレーティング システム環境 (OSE/Hyper-V コンテナー)

無制限2*

Windows Server コンテナー

無制限無制限

ホスト ガーディアン サービス

Nano Server**

記憶域スペース ダイレクト、記憶域レプリカなどのストレージ機能

シールドされた仮想マシン

ネットワーク スタック

*Standard エディションでは、物理 OSE を仮想 OSE のホストと管理だけに使用する場合、(2 つの仮想 OSE に加え) ライセンス サーバー上で物理 OSE 内のサーバー ソフトウェアの実行インスタンスを 1 つ使用する権利が提供されます。

**運用環境で Nano Server を展開および運用するにはソフトウェア アシュアランスが必要です。

注: 機能の詳細については、Windows Server 2016 製品ページを参照してください。

Placeholder

関連リソース