IPv6 環境におけるインターネット利用のための技術情報

多くの Web サイトが IPv6 への対応を進める中、一定条件下で Internet Explorer 7、Internet Explorer 8 が一部の Web サイトにアクセス出来ない障害が発生する事が確認されています。お使いのインターネット環境、Internet Explorer のバージョンをご確認いただき、必要な対応を取っていただけますよう、お願いいたします。

障害が発生する可能性のある環境

  • Internet Explorer 7、もしくはInternet Explorer 8 をお使いの方、もしくはWindows XP をお使いの方 (Windows XP では、IPv6 はデフォルトでインストールされません。)
  • インターネット アクセス環境が、フレッツ光 (NTT東日本、NTT西日本)
  • ホームルーターを使用していない方、または IPv6 に対応したホームルーターを使用している方
  • ご契約されているインターネット接続回線が IPv6 によるインターネットへのアクセスをサポートしていない場合

上記全ての条件を満たす場合、一部の Web サイトへアクセス出来なくなる可能性があります。Internet Explorer 7、Internet Explorer 8 をお使いの方には大変ご迷惑をおかけし申し訳ございません。対象の方は是非、以下の対策を実施いただけますよう、お願いいたします。

この他、メールサーバーの IPv6 対応のトライアルは大規模に予定されておりませんが、Outlook を使用して POP3/IMAP4 サービスを利用されている方は、こちらをご確認ください。

回避策

以下の何れかの対応を行っていただく事で、想定される障害を回避することが出来ます。

対策Windows 7Windows VistaWindows XP
最新のInternet Explorer 9 へアップグレード可能可能 
IPv6 の使用を一時的に抑制するパッチの適応 *1可能可能 
IPv6 プロトコルを使用しない設定に変更 *2可能可能可能
ネットワーク ポリシー テーブルの変更可能可能 

*1 IPv4 プロトコルと IPv6 プロトコルの両方が使用可能な場合、Windows はデフォルトで IPv6 プロトコルを優先的に使用するよう構成されています。この優先順位を変更、具体的には IPv4 プロトコルを優先的に選択し、使用するよう構成する事で問題を回避する事が出来ます。

*2 この変更を行う際は、現在お使いのサービスに影響が無い事を必ずご契約されているプロバイダーに予めご確認ください。IPv6 を使用したサービスをお使いの場合は、この変更により使用できなくなる場合があります。

障害内容について

NTT 東日本、NTT 西日本で提供されているインターネット接続サービス「フレッツ光」は、IPv4 プロトコルによるインターネット接続サービスを提供しています。同時に IPv6 プロトコルを使用したサービスが NTT 東日本、NTT 西日本より提供されています。しかしながら、フレッツ光では、IPv6 を使用したインターネットへの通信をサポートしていない為、アプリケーションは IPv6 によるインターネット通信を行うことが出来ません。アプリケーションは IPv6 による通信が失敗した場合に、IPv4 に切り替えた上で通信を行いますが、Internet Explorer 7、及びInternet Explorer 8において、この切り替えに失敗する場合があることが確認されています。この障害により、IPv6に対応したWebサイトへのアクセスが出来ない現象が発生する場合があります。(IPv4 による通信は正常に行われます。)

関連情報


↑ ページのトップへ