マイクロソフト イノベーション センター ホーム > スキルアップ カリキュラム > Microsoft Azure マスター

スキルアップ カリキュラム スペシャリストへの道を切り拓く

Innovation Academy

IoT ソリューション開発
~デバイスとクラウド連携、そしてデータの活用を学ぶ 5 日間~

デバイスとクラウドの連携で重要となるクラウド サービスの基礎として、どのようにデータを受け、どのようにデータをクラウド上に格納するのかを学びます。そして、組込みデバイスの実機を使いながら、組込み機器がどのように動作するのか、どのように組込みソフトウェアを開発するのかを基礎から実際に動作させるまでを学びます。
クラウド サービス開発の基礎、組込み機器開発の基礎を学んだ後に、デバイスから収集したデータをどのように処理するのか、どのようにビジネス ロジックに組み込むのかを学びます。
特に、本トレーニングでは、機械学習の活用を中心に学びます。

セミナー構成

Azure 実装の基礎を学ぶ 前編 (開発者のための Microsoft Azure 入門編)
既に ASP.NET 等の Web アプリケーションの経験をお持ちの開発者の方に、Microsoft Azure で提供される各サービスの概要と特徴、そして注意点について解説いたします。初めて Microsoft Azure に触れる方は、こちらの前編からお受けいただくことをお勧めいたします。
Azure 実装の基礎を学ぶ 後編 (開発者のための Microsoft Azure 実践編)
前編で習得した内容をもとにして、実際の Microsoft Azure のコンピューティング サービス・ストレージサービスの利用方法の習得を目指すハンズ オン セミナーです。本施では実際に Microsoft Azure を使用したアプリケーションの構築と配置、そして構成を行います。
IoT のための組み込み実装 前編
このセミナーではマイクロソフトが考える IoT (Internet of Things) の基本概念と、IoT を構成する、Microsoft Azure や、Office BI、Windows Embedded などの技術要素群を解説します。加えて、IoT を手元で簡単に試せる、.NET Micro Framework 対応組み込み機器の概要解説と、Visual Studio を使った、.NET Micro Framework による組込み制御ソフトウェア開発の実習を行います。
IoT のための組み込み実装 後編
後編では、前編で学習した内容をもとにしてクラウドに Microsoft Azure を、そして、手元で気軽に小型組込み機器開発を実施可能な .NET Micro Framework デバイスを使って、実際に IoT システムをステップ バイ ステップで開発・実習します。
クラウドを活用した機械学習の実践
これまでのビッグデータ解析は主にデータサイエンティストが静的なデータを対象に分析を行い、価値を見出し、それを元にしたアクションに繋げていくことが一般的だと思います。しかし、機械学習がクラウド上で利用可能となったことで、これまでのデータ分析とその活用が大きく変わろうとしています。本セミナーでは、クラウド上でどのように機械学習を活用できるのか、どのように実装することが出来るのかについて、その方法についてハンズ オンを通して実践します。

参加申込み

開催日時
現在、このセミナーは募集を行っておりません。

開催会場、連絡先について

開催場所
連絡先
マイクロソフト イノベーション センター事務局 へお問い合わせください。

▲このページの TOP へ戻る