Office 2010 活用 TIPS

Office アプリケーションを上手に活用して、作業効率を上げる実用的なテクニック集です。Microsoft Office 2010 を使いこなすためのヒントが見つけられますので、お役立てください。

Office 2010 共通

ファイルを暗号化して、パスワードを設定する

会社で扱う Excel や Word、PowerPoint などのファイルには、社外あるいは部外者には絶対に秘密にしておきたいデータが含まれるファイルがあります。このようなファイルは、暗号化してパスワードを設定し、セキュリティを高めることが有効です。
暗号化したファイルは、別のフォルダーや記録媒体にコピーしても、正しいパスワードがわからない限り開くことができません。

暗号化と読み取りパスワードの設定

ここでは、Excel ブックを暗号化し、読み取りパスワードを設定します。

Step 1

[ファイル] タブの [情報] をクリックし、[ブックの保護] の一覧で [パスワードを変更して暗号化] をクリックします。

Step 2

[ドキュメントの暗号化] ダイアログ ボックスが表示されます。
[パスワード] ボックスに設定するパスワードを入力して、[OK] をクリックします。

Step 3

[パスワードの確認] ダイアログ ボックスが表示されます。
[パスワードの再入力] ボックスに再度パスワードを入力して、[OK] をクリックします。

Step 4

ファイルが暗号化され、読み取りパスワードが設定されます。

Step 5

パスワードを設定したファイルを保存し、開くと [パスワード] ボックスが表示されます。
設定したパスワードを入力し、[OK] をクリックするとファイルが開きます。

ポイント : パスワードを忘れないように注意!

設定したパスワードを忘れてしまうとファイルを開くことができなくなります。パスワードはしっかり管理する必要があります。

ポイント : パスワードを解除する

パスワードを解除するには、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [ツール] をクリックし、[全般オプション] ダイアログ ボックスの [読み取りパスワード] ボックスに設定されているパスワードを削除します。

ヒント : ファイルの保存時にパスワードを設定するには?

[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [ツール] をクリックし、[全般オプション] ダイアログ ボックスの [読み取りパスワード] ボックスにパスワードを設定しても同じように暗号化できます。

ページのトップへ

個人向け Office 2010 情報はこちらから

  • ダウンロード購入ならすぐに使える! マイクロソフトストア
  • Twitter Office 2010 最新のつぶやき
  • Office 2010 担当者によるブログ(日本語訳)