Office 2010 活用 TIPS

Office アプリケーションを上手に活用して、作業効率を上げる実用的なテクニック集です。Microsoft Office 2010 を使いこなすためのヒントが見つけられますので、お役立てください。

Word 2010

ヘッダーやフッターにページ番号や文書番号を挿入する

ヘッダーとフッターは、すべてのページに表示したい情報を挿入するときに利用します。文書番号や会社名など任意の文字列を入力できるのはもちろん、ページ番号など、自動的に更新される要素を挿入することもできます。
また、Microsoft Word 2010 では、デザイン性が高く、必要な情報が挿入できるヘッダーやフッターのパーツが組み込まれているため、初心者でも文書を見栄えよく整えることができます。

ヘッダーやフッターを編集して、文書番号やページ番号を挿入

ヘッダーに文書番号を、フッターに注意書きとページ番号を挿入します。

Step 1

最初は、ヘッダーに文書番号を入力します。
[挿入] タブの [ヘッダー] をクリックし、[空白] をクリックします。

Step 2

文書の上部にヘッダーが表示され、編集できる状態になります。
[テキストを入力] と表示されている領域をクリックし、文書番号の文字列を入力します。

Step 3

[デザイン] タブの [ヘッダーとフッターを閉じる] をクリックします。

Step 4

ヘッダーは編集できない状態に戻りますが、入力した文字列は表示されつづけます。

Step 5

次は、フッターに境界線と文字列、ページ番号を設定してみましょう。
[挿入] タブの [フッター] をし、フッターのデザイン [アルファベット] をクリックします。

Step 6

フッターが表示されて編集できる状態になり、二重線とページ番号、テキスト領域が追加されます。
[テキストを入力] と表示されている領域をクリックし、注意書きとなる文字列を入力します。

Step 7

[デザイン] タブの [ヘッダーとフッターを閉じる] をクリックします。

Step 8

フッターに二重線が追加され、入力した文字列とページ番号が表示されます。

ヒント : ヘッダーとフッターのデザインを自由に変更してみよう

ヘッダーとフッターは、自由に編集することも、組み込みのパーツを使ってデザインすることもできます。
表示したい情報に合わせて、次の操作を使い分けます。

目的操作説明
文字列や画像を挿入する[ヘッダー] または [フッター] をクリックして、[ヘッダーの編集] または [フッターの編集] をクリック表示されたヘッダー/フッター領域に文字列を入力できる。画像を配置する場合は、[図をファイルから挿入] ボタンをクリックしてファイルを選択
組み込みデザインのヘッダーやフッターを挿入する[ヘッダー] または [フッター] ボタンをクリックして、一覧からデザインを選択デザインの選択後、文字列や画像などの編集、追加が可能
ページ番号を挿入する[ページ番号] をクリックして、場所 ([ページの上部]、[ページの下部]、[ページの余白]、[現在の位置]) をクリックし、デザインを選択ページ番号を選択した位置に挿入できる

ページのトップへ

個人向け Office 2010 情報はこちらから

  • ダウンロード購入ならすぐに使える! マイクロソフトストア
  • Twitter Office 2010 最新のつぶやき
  • Office 2010 担当者によるブログ(日本語訳)