Office 活用 TIPS

Office アプリケーションを上手に活用して、作業効率を上げる実用的なテクニック集です。
次期 Office を使いこなすためのヒントが見つけられますので、お役立てください。

Excel 2013

タイムライン スライサーを挿入しよう

ピボットテーブルで一定の期間のデータを分析したい場合に、フィルター機能を使わずタイムラインを利用するとクリックやドラッグ操作で簡単に、見たい期間のデータを表示することができます。タイムラインは、「年」「四半期」「月」「日」の単位で切り替えることができます。

STEP 1

ピボットテーブル内のセルを選択します。

STEP 2

[ピボットテーブル] ツールの [分析] タブをクリックし、[フィルター] の [タイムラインの挿入] をクリックします。[タイムラインの挿入] ダイアログ ボックスが表示されます。

STEP 3

[日にち] チェックボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

STEP 2

タイムラインが挿入されます。

STEP 2

トップへ戻る

評価版を入手する評価版を入手する

Office 365 くわしい情報はこちらOffice 365 くわしい情報はこちら

  • Office ニュース レター
  • Microsoft atLife
  • Club Microsoft
  • 楽しもうOffice
  • facebook Microsoft Office(日本)
  • twitter MS Office JP
  • Microsoft Community
  • Office 担当者によるブログ【日本語訳】
ライトボックスを開く