Office 活用 TIPS

Office アプリケーションを上手に活用して、作業効率を上げる実用的なテクニック集です。
次期 Office を使いこなすためのヒントが見つけられますので、お役立てください。

Excel 2013

Bing Maps から取り込んだ地図にグラフを表示しよう

Office 用アプリを、Excel で利用することができます。ここでは Bing Maps を利用します。Bing Maps は、Excel に地図を挿入し指定のセルに地名と値を入力することで、その地区の地図が表示され地図上に円グラフを表示することができます。地図とグラフを表示することで、視覚的にわかりやすくなります。
※ Office 用 アプリを利用する場合は、インターネット接続が必要となります。
※ Microsoft アカウントにサインインする必要があります。

STEP 1

[挿入]タブをクリックし、[アプリ]の[Office 用アプリ]をクリックし、[すべて表示]をクリックします。[Office 用アプリ]ウィンドウが表示されます。

STEP 2

[Bing Maps]をクリックし、[挿入]をクリックします。

STEP 2

ワークシートに地図が挿入されます。

STEP 3

[Bing Maps] に表示される[Insert Sample Data]をクリックします。

STEP 3

アクティブセルを起点にサンプルデータの数値がセルに入力されます。しばらくするとサンプル地図とグラフが表示されます。

STEP 4

「State」の列に表示したい土地の名前を入力します。ここでは上から順番に、「札幌」「仙台」「東京」「名古屋」「大阪」「広島」「福岡」と入力します。さらに、「Data 1」に「男」「Data 2」に「女」と入力します。

STEP 4

日本地図が表示されます。

STEP 5

[ズームアウト]ボタンを使って、日本地図全体が表示されるように調整します。

STEP 5

Bing Maps に日本地図が表示され円グラフが埋め込まれます。
※インターネットに接続されていない場合は、地図は表示されません。

トップへ戻る

評価版を入手する評価版を入手する

Office 365 くわしい情報はこちらOffice 365 くわしい情報はこちら

  • Office ニュース レター
  • Microsoft atLife
  • Club Microsoft
  • 楽しもうOffice
  • facebook Microsoft Office(日本)
  • twitter MS Office JP
  • Microsoft Community
  • Office 担当者によるブログ【日本語訳】
ライトボックスを開く