ホーム> Office 365 とは> Skype for Business Online

会議は雲の上。支社の担当者と打合せが必要になったあなた。少し昔であれば、こちらから現地に出向く必要がありましたが、出張のための経費もかけてはいられません。そもそも、移動の時間が無駄なのかも。クラウドを通じて相手が在席しているか確認して話す。相手と同じファイルを見ながら話して、何が課題かを共有する。いまや、あなたのデスクトップが、会議室への入口に変わります。

Skype for Business Online

□ 在席確認 ( プレゼンス) 機能
□ インスタント メッセージ ( チャット)
□ オンライン会議の開催
□ ホワイトボードによる共同作業
□ レコーディング議事録

Office 連携

Office 連携でオンライン会議を開始

Office アプリケーションの使用中に、直ちにオンライン会議に入ることが可能です。Office による操作であるため、会議中に誰もが簡単に必要な資料を共有できます。

便利

相手の状況を瞬時に把握

相手がいま連絡できるかどうか状況を把握したいときは、Exchange Online の予定表と連携した在席確認 ( プレゼンス) 機能を利用します。相手が連絡可能なら、通話やメール、インスタントメッセージが同じ画面上からワンクリックで始められます。ちょっとした疑問をすぐに解決したい場合などに最適です。

動画を見る (別ウィンドウが立ち上がります)

会議をレコーディングし議事録に

オンライン会議の際にレコーディング機能を活用すると、会話の内容を記録できます。保存済みのファイルをそのまま議事録としても利用できるほか、WMV 形式で配布することも可能です。

動画を見る (別ウィンドウが立ち上がります)

安全

安全なコミュニケーション

Skype for Business によるコミュニケーションは暗号化によって保護されています。リモート アクセス時でも VPN ( 仮想専用ネットワーク)接続することなく、安全なインターネット経由で、音声やビデオによる通話、インスタント メッセージが行えます。

経費節減

交通費ゼロ、移動時間ゼロで会議する

Skype for Business では、支店や在宅勤務、外出中のスタッフなど、離れた場所にいるメンバーとオンライン会議を開催できます。顔を見ながら会議を進めることで、メンバー間での資料やノウハウなどの共有がスムーズに進み、業務効率化や生産性向上を図ることが可能です。出張に伴う交通費や宿泊費なども削減できます。

マルチ デバイス

さまざまなデバイスでの利用

Skype for Business はWindows 版以外に、Windows RT、Windows Phone、iPad、iPhone、Android 版のアプリがリリースされており、さまざまなデバイスでビデオ会議が可能です。在席確認 (プレゼンス) 機能も利用可能。コミュニケーション効率を飛躍的に向上させます。

動画を見る (別ウィンドウが立ち上がります)

共有

ホワイトボードによる共同作業

「ホワイトボード」は、オンライン会議の参加者がメモを入力したり、図を描いたりなど、他の参加者と共同作業するためのものです。議論のポイントの明確化や、参加者とのブレインストーミングに活用できます。会議終了後は、共同作業で作成したホワイトボードを OneNote に保存することも可能です。

ファイルをリアルタイムに共有

インスタント メッセージの利用時には、Excel や PowerPointなどの資料も同時に送受信できます。資料を画面上で共有し、共同で編集しながら、効率的な打ち合わせが行えます。

動画を見る (別ウィンドウが立ち上がります)

単体サービスとして導入可能な Skype for Business Online

Skype for Business Online Plan 1在席確認や 1 対 1 での音声、ビデオ会議などを可能にする基本プラン。
Skype for Business Online Plan 2プラン 1 に、3 名以上のマルチ パーティでの会議や共有の機能を付加した上位プラン。

月額・プランの詳細はこちら 新しいウィンドウで開きます