ホーム> Office 365 とは> Office 365 ProPlus

Office は雲の上。夕方、出先にいて「本日中」の報告書作成に気付いても、あなたは帰社する必要がありません。Word、Excel、PowerPoint ファイルとアプリケーションならクラウド上にあるから、どこにいても、いつもと同じオフィスにいるように仕事が続けられます。もう、ハードディスクのクラッシュを恐れることもありません。Office アプリケーションは最新版。セキュリティ対策も万全です。

Office 365 ProPlus
Office 365 Business Office Online

□ 全世界で 10 億人が利用する Office を、クラウド化
□ 最新版 Office アプリケーションをフルセットで自動配信
□ 最新セキュリティ更新プログラムの自動適用
□ Office アプリケーションの展開と管理を柔軟に

" クイック実行" により 2 - 3 分で利用可能

クラウド化した Office のインストールは、" クイック実行"。コンポーネント単位でストリーミング配信されるため、わずか 2 - 3 分で利用が始められます。また、従来の IT 管理者による配信もサポート。グループ ポリシーやシステム面から Office のインストールや設定方法を統合的に管理するなど、柔軟な展開計画を立てられます。Office アプリケーションをインストールすれば、従来通りオフラインで利用できるので、どんな場所でも安心してご利用いただけます。

動画を見る (別ウィンドウが立ち上がります)

同時編集で、手戻りを大幅に削減

SharePoint Online にファイルを置いておけば、Office アプリケーションや Office Online で、同じファイルを他の人と同時に開いて作業を行えます。誰かがファイルを開いて仕事をしているために、他のメンバーがしばらく待たなければならない、というようなことがなくなります。誰がどこを編集しているのかも確認できるため、手戻りは大幅に削減されます。

Office の最新版を利用するメリット

スマートフォンやタブレットの普及により、いまや最新版のアプリケーションを利用することが当たり前のようになりました。常に最新版の Office アプリケーションを提供する Office 365 ProPlus / Business では、ユーザーの利用するバージョンを統一させることにより管理が容易になるほか、多様なデバイスへの対応や、サポートの終了に遭遇しない、といったメリットも享受できます。統合的な観点からコスト パフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

新旧版の共存により、互換性の問題も解決

Office 365 ProPlus / Business は仮想化アプリケーションであるため、Office 2007 や Office 2010 など、既にお持ちの旧バージョンの Office と共存させることができます。旧バージョンを残したままインストールする、両方を同時に立ち上げるといった活用方法が可能です。また、旧バージョンのユーザーでも同じ文書ファイルを編集できるよう、最新の機能や拡張機能を制限する互換モードも装備。新旧の互換性を検証しながら、安心して最新の Office アプリケーションへと徐々に移行していただけます。(注: あくまでも移行期間のための手段です。技術的な問題が発生する可能性もありますので、永続的に共存環境での使用をお勧めはしていません。)

クラウドから最新版を自動展開

Office 365 ProPlus / Business では、クラウド上で最新版に切り替わると自動的にインストールが実行されるため、システム管理者はアップデート業務などで煩わされることがありません。常に最新の機能、最新のセキュリティ更新プログラムが適用された Office アプリケーションを取得することができます。

1 人で、15 台のデバイスを使い分け

ライセンスの提供方法はこれまでのデバイス単位ではなく、ユーザー単位で行います。1 ユーザーあたり 15 デバイスまでのライセンスが含まれており、会社ではデスクトップ PC、外出先ではタブレット、在宅勤務時には自宅の Mac など、目的によって複数のデバイスを使い分けながら Office を利用できます。

新プラン

Office 365 Business

Office 365 Business は、Office アプリケーションの最上位バージョンであるOffice 365 ProPlus の廉価版 Office アプリケーションです。 Access とSkype for Business クライアントが付属していません。Skype for Business クライアントの外線通話機能以外は、Skype for Business Basic で代替できます。 その他、次のような高度な機能が利用できません。
•グループ ポリシー •テレメトリ ダッシュボード •BI (PowerPivot、PowerView)

Office Online

Office がインストールされていないデバイスでも、Web ブラウザーさえあれば、Word や Excel、PowerPoint、OneNote を利用できるのが、Office Online です。資料の閲覧はもちろん、簡単な編集が行えます。

PC:閲覧・編集 Mac:閲覧・編集 iPad:閲覧・編集 iPhone:閲覧 Android Phone:閲覧 Android Tab:閲覧

動画を見る (別ウィンドウが立ち上がります)

Office 365 ProPlus に含まれるコンポーネント

Word
魅力ある文書を作成、共有できる日本語ワープロ
Excel
情報の分析や管理により意思決定を支援する表計算ツール
PowerPoint
聴衆に訴えるプレゼンテーションの資料作成ツール
OneNote
テキストや画像など、あらゆる情報を集約するメモ ツール
Outlook
メッセージや予定の作成、管理を効率化する電子メール ツール
Publisher
美しく本格的なデザインの文書を短時間で仕上げるツール
Skype for Business
会議や音声通話で人を結びつけるコミュニケーション ツール
Access
開発知識がなくても情報を最大限に活用するデータベース

※Skype for Business、Access は Office 365 Business に付属していません。
 

クラウドで提供される Office アプリケーション

Office 365 ProPlus最上位のビジネス向け Office スイートをクラウドから提供。
1 ユーザーあたり合計 15 台まで、複数のデバイスで利用できます。
月額・プランの詳細はこちら 新しいウィンドウで開きます
Office 365 BusinessAccess とSkype for Business クライアントを除く Office アプリケーション。
Power BI などの一部の機能も利用できません。
月額・プランの詳細はこちら 新しいウィンドウで開きます
Office OnlineWeb ブラウザーを通じて、資料の閲覧と簡単な編集が行える、
簡易版 Office アプリケーション。