OneNote 徹底活用術

おさえておこう! OneNote の特長と基本機能

特長1 ノートの作成
特長2 情報収集
特長3 メモ、手書き
特長4 資料の添付
特長5 情報共有
特長6 検索
特長7 検索

ペンや図形でイラストを自由にかく

※ 画面イメージは OneNote 2010 または OneNote 2013 のものを使用していますが、どちらでも同様の手順でお使いいただけます。

OneNote の描画ツールを使って、さまざまな色や形を描く方法をご紹介します。

自由にかく

(1) ノートブックを開き、「描画」タブをクリックして「描画」メニューを表示させます。

(2) ペンの種類を選んでノート上でドラッグして描きます。
スタイラス ペンを使って描く場合は、ペンの種類を選んで、あとは普通のペンと同じような感覚で描くことができます。

説明画像

ペンの種類を選ぶ

(1) 好みの色で描く場合には、ペンの設定で「色と太さのその他のオプション」を開きます。

(2)「ストロークの種類と太さ」や「線の色」で好みの設定を行います。

(3) 図形の色を選ぶには、「描画」タブの「色と太さ」で設定してから図形を描きます。

※OneNote 2013 の場合は、「色と太さ」メニュー(  )から、ペンの種類や図形の色を自由に設定できます。

説明画像

編集する

(1) 描いた線を移動したり大きさを変えるには、「描画」タブの「なげなわ選択」を選びます。

(2) 移動したい線を囲むようにドラッグします。

(3) 選択した状態でドラッグすると移動できます。

(4) 選択した状態でコーナーをドラッグすると線の大きさを変更できます。

(5) 選択した状態で「描画」タブの「回転」を選ぶと色々な角度に回転させることができます。

説明画像
説明画像

消しゴムで消す

(1) 描いた線を消すには、線をクリックで選択して、キーボードの Delete キーを押します。

(2) 線の一部を消すには、「描画」タブの「消しゴム」を選びます。いくつか種類があるので好みのサイズなどを選びましょう。

(3) 線の上でドラッグすると線の一部を消すことができます。

説明画像