Microsoft Office 製品に関する各 OS のサポート状況

最終更新日: 2010年8月3日

Microsoft Office 各製品の動作をサポートする OS については以下の表をご参照ください(注 1、注 2)

クライアント OSサーバー OS

Office 2000 以前のバージョン

サポートは終了しております

サポートは終了しております

Office XP

サポートは終了しております

サポートは終了しております

Office 2003

Windows XP以降、Windows 7までのOSを 2014 年 4 月 8 日まで延長サポートフェーズにてサポートします。

Windows 2000 SP3 以降の OS を 2014 年 4 月 8 日まで延長サポートフェーズにてサポートします。

Office 2007

Windows XP SP2 以降の OS を 2012 年 10 月 9 日までメインストリームフェーズにてサポートします。その後 2017 年 10 月 10 日まで、延長サポートフェーズにてサポートします。

Windows Server 2003 SP1 以降の OS を 2012 年 10 月 9 日までメインストリームフェーズにてサポートします。その後 2017 年 10 月 10 日まで、延長サポートフェーズにてサポートします。

Office 2010

Windows XP SP3 以降の OS を 2015 年 10 月 13 日までメインストリームフェーズにてサポートします。その後 2020 年 10 月 13 日まで、延長サポートフェーズにてサポートします。

Windows Server 2003 SP2 以降の OS を 2015 年 10 月 13 日までメインストリームフェーズにてサポートします。その後 2020 年 10 月 13 日まで、延長サポートフェーズにてサポートします。

注 1:Office 製品および OS のサポートは原則として最新のサービスパックに対して提供されます。しかし、一つ前のサービスパックに対してもサポートが提供されることがあります。現在サポートされているサービスパックについてはマイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル検索( http://support.microsoft.com/lifecycle/search/)にてご確認いただけます。

注 2:問題の原因が OS に起因する場合は 上記 Office のサポート ポリシーではなく、 OS のサポート ポリシーに準ずることがあります。


メインストリーム サポートとは?

メインストリーム サポートは、製品サポート ライフサイクルの最初のフェーズで、以下のサポートが含まれます。

インシデント サポート (無償サポート、有償サポート、時間制サポート、その他)

セキュリティ更新プログラム サポート

セキュリティ関連以外の修正プログラムの新規作成リクエスト


延長サポートとは?

延長サポートは、ビジネス製品および開発用製品に対して、メインストリーム サポートに続く、次のフェーズです。
延長サポートには、以下のサポートが含まれます。

有償サポート

セキュリティ更新プログラム サポート (無償提供)

セキュリティ更新プログラム サポート

セキュリティ関連以外の修正プログラムの作成を新規にリクエストいただくには、別途「延長修正プログラム サポート契約」を購入する必要があり、 修正プログラムごとの価格が適用されます。

サポート ライフサイクルについての詳細は、 こちらをご確認ください。