2013 年 3 月までのプレスリリース > 「Microsoft(R) Office for Mac 2011」の 参考価格を発表

News 2010 年 9 月 29 日 (Japan) マイクロソフト株式会社
■Microsoft 最新情報
「Microsoft(R) Office for Mac 2011」の 参考価格を発表

~ 10 月 27 日(水)より 3 つのエディション、5 種類のパッケージ製品をよりお求めやすい価格で提供 ~

 マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区)は、2010 年 10 月 27 日(水)より発売を開始する、マッキントッシュ向け主力生産性スイートの次期バージョン「Microsoft(R)Office for Mac 2011 (以下 Office for Mac 2011)」シリーズの各エディションと単体製品の参考価格を発表します。

Office for Mac 2011:製品構成および価格

 Windows(R)版 Office との高い互換性を実現する Office for Mac 2011 シリーズは、さまざまな用途に合わせて活用して頂けるよう 3 つのエディションにて、また、Word および Excel(R)は各単体製品でも提供します。そして、Office for Mac 2011 の発売を記念し、「Office for Mac Home and Business 2011」および「Office for Mac Home and Student 2011」には、発売記念限定パッケージとして、Mac 1 台のみで利用可能な「1 パック」を用意しました。

製品名 パッケージ種類 参考価格 (税別) 内容
Microsoft Office for Mac
Home and Business 2011

マイクロソフト オフィス フォー マック
ホーム アンド ビジネス 2011
イメージ
2 パック
同一ユーザーの使用する
1 台の Mac と 1 台のノート型 Mac、
最大 2 台で利用可能
33,000円 Word 2011、
Excel 2011、
PowerPoint(R)2011、
Outlook(R)2011
テクニカルサポート :
1年間 (365日)
1 パック
【発売記念限定パッケージ】

Mac 1 台で利用可能
21,000円
Microsoft Office for Mac
Home and Student 2011

マイクロソフト オフィス フォー マック
ホーム アンド スチューデント 2011
イメージ
ファミリーパック(3 パック)
ご家庭や学生の利用に対し、
世帯ごとの Mac 最大 3 台で利用可能
17,000円 Word 2011、
Excel 2011、
PowerPoint 2011
テクニカルサポート : 90日間
1 パック
【発売記念限定パッケージ】

ご家庭や学生の利用に対し、
Mac 1 台で利用可能
13,000円
Microsoft Office for Mac
Academic 2011

マイクロソフト オフィス フォー マック
アカデミック 2011
イメージ
マイクロソフト アカデミック パック
アカデミック ユーザー対象
Mac 1 台で利用可能
17,000円 Word 2011、
Excel 2011、
PowerPoint 2011、
Outlook 2011
テクニカルサポート : 90日間
Microsoft Word for Mac 2011
マイクロソフト ワード フォー マック 2011
通常版
Mac 1 台で利用可能
13,000円 Word 2011
テクニカルサポート : 90日間
Microsoft Excel for Mac 2011
マイクロソフト エクセル フォー マック 2011
通常版
Mac 1 台で利用可能
13,000円 Excel 2011
テクニカルサポート : 90日間

 ※各パッケージ、日本語版および英語版をご用意しております。
 ※ボリュームライセンス(注1)製品の提供開始は 2010 年 10 月を予定しております。
 (注1) 3 ライセンスから購入が可能な、企業・団体向けの製品です。

Office for Mac 2011 製品特徴

 Office for Mac 2011 シリーズは、2008 年 1 月より約 2 年半ぶりの提供となる Office for Mac の最新バージョンです。本バージョンより Mac ユーザー待望の Outlook for Mac 2011 が新しく搭載されています。Outlook 2011 は、Windows 版 Outlook のデータが利用できるため、ビジネスや家庭での作業をより効率よく進めることができます。

 また、Office 2008 for Mac に引き続き、「マック ファースト・マック オンリー(注2)」および「Windows 版 Office との最新の互換性提供」を継承するとともに、ユーザーのスマートかつ効率的な生産性向上を目指し、数多くの新機能搭載、および、機能強化をしています。
(注2)Office for Mac で初搭載され、専用の機能であること。

● 最新かつ高い互換性を提供

  • Windows 版 Office 2010 / 2007 と同じ Office Open XML ファイル形式を採用しているため、変換をせずにファイルのやり取りができます。
  • Office Web Apps / Windows Live(R)SkyDrive(R)に対応しているため、場所を問わずファイルへのアクセスやアップロード、編集、共有、協業ができます。
  • VBA (Visual Basic for Application) が復活しました。バージョン 6.5 を搭載し、以前よりも高い互換性を提供します。

● Windows 版 Office でのおなじみのツールを搭載

  • Windows 版 Office ではおなじみのアプリケーション、Outlook の Mac 版 「Outlook for Mac 2011」を 新搭載しました。Windows 向け Outlook からの .PST ファイルデータの読み込みが可能です。また、Spotlight 検索と Time Machine に対応した新しい堅牢なデータベースが追加されています。
  • リボン ユーザーインターフェースを新しく採用しました。Mac ユーザーの操作を研究して Mac 用に開発した Mac 専用のリボンです。従来より慣れ親しんだメニューやツールバーも搭載しているため、併用、または、切り替えながらご利用いただけます。

● だれでもプロのような仕上がりに

  • より簡単にプロのようなドキュメント作成ができるよう、さまざまな新しいツール、ダイナミック ソート、デザイン レイアウト、ビジュアル スタイル、メディア ブラウザーなどを搭載しています。
  • Excel for Mac 2011 の新機能、スパークラインや条件付き書式を利用して、複雑な数字を視覚化、感覚的に把握できるように編集できます。
  • 全く新しいグラフィック エンジン搭載により、さまざまな効果を写真や映像に施したり、簡単に背景などの編集作業が行えます。

Office for Mac 2011 発売記念イベント

 Office for Mac 2011 シリーズの発売開始を記念して、2010 年 10 月 29 日 (金) に発売記念イベント、「Free the ideas. Microsoft Office for Mac 2011 : Special Night」を開催します。本イベントの詳細に関しては、後日マックトピアにてご案内する予定です。

 Mac BU は、Twitter (@OfficeforMacJP) および Facebook ( http://www.facebook.com/pages/Office-For-Mac/272026096667 外部サイトへリンク) にて、マイクロソフトの Mac 用製品のアップデート情報を随時提供しています (Facebook のみ英語ベースのサービスになります)。

■ マイクロソフトのマッキントッシュ ビジネス ユニット (Mac BU) について
25 年以上にわたり、マイクロソフトは評価の高い Mac用ソフトウェアを開発してきました。マイクロソフトのマッキントッシュ ビジネス ユニット (Mac BU: Macintosh Business Unit) は、Office for Mac 製品をはじめとする、マッキントッシュ プラットフォーム用のソフトウェアやオンライン製品の開発を目的とした、業界をリードする組織です。Mac 製品を専門に扱う エキスパートから構成される Mac BU は、全世界の Mac ユーザーに革新的なソフトウェアを提供することを目指す組織です。Mac BU およびマイクロソフトの Mac 用製品の詳細については、以下 URL をご参照ください。
http://www.microsoft.com/japan/mac/

■ マイクロソフトについて
1975 年設立のマイクロソフト (NASDAQ 上場名=MSFT) は、人々と企業の潜在的な可能性を最大限に発揮させるソフトウェア、サービス、ソリューションの世界的リーダーです。

※ 製品画像のダウンロードはこちら( http://www.microsoft.com/ja-jp/presspass/pressroom/d_img/d2_Office2011.aspx

 <添付資料 1


  ◆マイクロソフトに関する詳細な情報は、下記マイクロソフトWebサイトを通じて入手できます。
 
日本マイクロソフト株式会社 Webサイト http://www.microsoft.com/ja-jp/
マイクロソフトコーポレーション Webサイト http://www.microsoft.com/
 
  *Microsoft、Windows、Excel、PowerPoint、Outlook、Windows Live、SkyDriveは、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
*Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。