Microsoft Security を検索
Microsoft.com を検索

PC セキュリティ

使用中の PC 、ノート パソコン、モバイル デバイスのためのセキュリティ スキャナー、ツール、セーフティ ガイドライン。

セキュリティ更新プログラムに関するよく寄せられる質問 (FAQ)

セキュリティ更新プログラムに関するよく寄せられる質問 (FAQ)

?



セキュリティ更新プログラムに関するさまざまな疑問や、マイクロソフトが推奨するセキュリティ更新プログラムの展開方法など、マイクロソフトによく寄せられる質問をカテゴリ別にご紹介します。

トピック

セキュリティ更新プログラム、セキュリティ情報について知りたい!

セキュリティ更新プログラムやセキュリティ情報についての質問にお答えします。

セキュリティ更新プログラムは、ソフトウェアの脆弱性 (弱点) を修正します。セキュリティ更新プログラムが利用可能になったときに、お客様のコンピューターで自動で検出およびインストールされるように、Windows の自動更新を有効にすることを強くお勧めします。Windows の自動更新を有効にするには、「 Windows での自動更新の構成方法および使用方法 」をご参照ください。

セキュリティ情報に記載があります。

マイクロソフトは、毎月第 2 火曜日 (日本では翌日の水曜日) にセキュリティ更新プログラムを公開しています。

セキュリティ更新プログラムに問題があると判明した段階で セキュリティ情報の「既知の問題」やサポート技術情報で公開しています。また、 日本のセキュリティチームのブログでもお知らせする場合があります。

セキュリティ情報の「セキュリティ更新プログラムに関する情報」セクション内の「ファイル情報」をご覧ください。ファイル情報には、 セキュリティ更新プログラムによりインストールされるファイルのリストが記載されています。

はい、あります。例えば、インターネット インフォメーション サービス (IIS) をインストールしていないコンピューターに IIS を追加した場合、IIS のセキュリティ更新プログラムをインストールする必要があります。

TechNet 上でご案内しているセキュリティ情報は、IT 管理者の方を対象としているため、専門用語を使用した技術的にも詳細な情報をご案内しています。セキュリティの専門用語については セキュリティ用語から検索いただけます。

Office 製品などのセキュリティ更新プログラムの場合、個々のセキュリティ更新プログラムごとにサポート技術情報 (KB) の文書番号 (以下、KB 番号)が割り当てられています。そのため、お使いのソフトウェアによってインストールするセキュリティ更新プログラムの KB 番号が異なります。

例えば、 MS08-014 をインストールする場合、タイトルの KB 番号は 949029 ですが、Microsoft Excel 2003 をお使いのお客様は Microsoft Excel 2003 用のセキュリティ更新プログラム (KB943985)、Microsoft Excel 2007 をお使いのお客様は Microsoft Excel 2007 用のセキュリティ更新プログラム (KB946974) をインストールする必要があります。

マイクロソフトでは、セキュリティ更新プログラムを公開した場合、無料通知サービスに申し込んでいただいたユーザーに、電子メールや RSS でお知らせしています。

マイクロソフト テクニカル セキュリティ情報通知のご案内

マイクロソフト セキュリティ レスポンス センター (MSRC) では、お客様がどの更新プログラムを最初にインストールすればいいか判断できるように、評価システムを開発しました。深刻度評価システムでは、コンピューターの脆弱性を「緊急」「重要」「警告」「注意」の 4 段階で評価しています。

深刻度評価システムの詳細

いいえ。製品の脆弱性 (弱点) に対する攻撃以外にも、さまざまな方法を使って攻撃される可能性があります。マイクロソフトは、お客様に、「 マルウェア対策を強化し、使用中の PC を保護する方法 」を参照し、必要なセキュリティ対策を行うことをお勧めします。また、ウイルス対策ソフトウェアやセキュリティを強化する製品を使用する以外に、不信なメールを開いたり、リンクをクリックしないよう心がけるなど、セキュリティに対する意識も重要な対策の一つです。

いいえ。現時点で何らかの攻撃を受けている可能性があります。最近では、使用している本人が気付かないうちにさまざまな攻撃を受けていることも多いため、できる限り早急に対象のセキュリティ更新プログラムをインストールしてください。なお、自動更新が有効になっている場合、セキュリティ更新プログラムは自動的にコンピューターにインストールされます。

いいえ。新しいバージョンのソフトウェアよりも危険である可能性があります。セキュリティ情報に記載がないのはサポート期間が終了しているためで、安全が確認されたからではない可能性があります。今後、脆弱性の影響を受ける可能性を防ぐため、旧バージョンのソフトウェアを使用しているお客様は、サポート対象のバージョンに移行することを強く推奨します。

マイクロソフト製品のサポート ライフサイクルに関する詳細情報は、 マイクロソフト サポート ライフサイクル をご覧ください。

いいえ。各セキュリティ更新プログラムの深刻度はマイクロソフトの深刻度評価システムに基づき、適用の優先度を定義していますが、お使いのコンピューターを安全な状態に保つために、すべてのセキュリティ更新プログラムを適用することをお勧めします。深刻度評価システムに関する詳細は Microsoft Security Response Center マイクロソフト セキュリティ情報の深刻度評価システム を参照してください。

お使いのオペレーティングシステムのバージョンの確認方法は、 Windows のバージョン確認方法 を参照してください。

また、その他の製品のバージョン確認方法の手順は、「 製品およびコンポーネントのバージョン確認サイト一覧」より、バージョンを確認されたい製品およびコンポーネントをお選びください。

Windows Vista 以降の Windows では、英語版のセキュリティ更新プログラムを、日本語環境に適用可能です。 ダウンロード センター から、セキュリティ更新プログラムをインストールする場合は、[Select Language (言語を選択)] で English (英語) しか選択できないものもありますが、その場合は English を選択し、ダウンロードおよびインストールしてください。日本語環境でも問題なく適用していただけます。また、セキュリティ更新プログラムは Microsoft Update カタログ からも入手いただけますのでご利用ください。

IT 専門家、またはシステム管理者の方、またはセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が必要な場合は、 セキュリティ TechCenter または Microsoft Security Response Center Blog (英語情報)、 日本のセキュリティチームのブログを参照してください。

脆弱性の悪用を防止しユーザーの皆さんを保護する観点から、脆弱性の詳細は公表していません。これは、マイクロソフトは、 協調的な脆弱性の公開を支持しているためです。このためセキュリティ情報では、脆弱性の概要のみを掲載しています。公開可能な情報はセキュリティ関連サイトや公式ブログに記載している情報のみとなり、個別のお問い合わせについてはお答えすることが出来ません。

Back to top  ^

ダウンロード、インストールについての質問・・・

セキュリティ更新プログラムのダウンロードおよびインストールに関する質問にお答えします。

はい。セキュリティ更新プログラムを自動で入手するには、 コントロール パネル を開き、自動更新プログラムが有効になっているかを確かめます。 セキュリティ更新プログラムを自動的に入手する方法を確認する。

ダウンロードは、インターネットなどに公開されているファイルを自分のパソコン (別名:ローカル) に転送することです。インストールは、プログラムを自分のパソコンに組み込むことです。ダウンロードとインストールを人間の行動に例えると、スーパーなどで食品を購入して所有することがダウンロード、そして、食品を実際に体内に摂取することがインストールと言えるでしょう。

いいえ、ダウンロードしただけでは、コンピューターは安全な状態にはなっていません。上記の説明のように、ダウンロードとインストールは異なります。ローカルにファイルをダウンロードした場合は、ダウンロードされたファイルをダブルクリックするなどで、コンピューターにインストールしてください。または、「保存」ボタンの隣にある「開く」 (もしくは実行) ボタンを押すことで、ダウンロード後、自動的にインストールが 開始されます。

Windows Update からセキュリティ更新プログラムをダウンロードしてインストールしてください。

Windows Update に接続すると、自動的にお使いのパソコンに必要な更新を検知しダウンロードおよびインストールできます。Microsoft Update は、Windows Update から入手できるオペレーティング システム用の更新プログラムの他に、Microsoft Office およびその他のマイクロソフト製品の最新の更新プログラムを入手できるマイクロソフトの Web サイトです。Microsoft Update の使用手順については、Windows Update 利用の手順をご参照ください。

注: 個々のセキュリティ情報から手動でセキュリティ更新プログラムをインストールしたい場合は、次の「Windows Update を使わずにセキュリティ更新プログラムを手動でダウンロードし、インストールする方法はありますか?」をご参照ください。

はい、あります。 セキュリティ情報「影響を受けるソフトウェアおよび影響を受けないソフトウェア」の表内の製品またはコンポーネントのリンクをクリックして、お使いの製品用の更新プログラムをダウンロードおよびインストールしてください。

注: お使いのオペレーティング システムおよびその他製品のバージョンを確認されたい場合は、上記の「セキュリティ更新プログラム、セキュリティ情報について知りたい!」セクションの、「自分が使っているオペレーティング システムのバージョンが分かりません。確認方法を教えてください。」をご参照ください。

Microsoft Update カタログ を利用することでセキュリティ更新プログラムをまとめて手動でダウンロードできます。(別途、Microsoft Update 用のアドオンのインストールが必要です。)

インストールしたセキュリティ更新プログラムを確認するには、「 更新プログラムが正しくインストールされたか確認する方法」を参照してください。

Windows 8

  1. 画面の右端からスワイプし、[検索] をタップします。マウスを使用している場合は、画面の右下をポイントし、その後、[検索] をクリックします。

  2. 検索ボックスに [Windows Update] と入力して、[設定] をタップまたはクリック後、[自動更新を有効または、無効にする] をタップまたはクリックします。

  3. [Windows Update] で自分が望む設定を選択します。

Windows 7

  1. [スタート] ボタンをクリックして Windows Update を開き、[すべてのプログラム] をクリック後、[Windows Update] をクリックします。

  2. 左ペインの [設定の変更] をクリックします。

  3. [重要な更新プログラム] から自分が望むオプションを選択します。

  4. [推奨される更新プログラム] から、[推奨される更新プログラムについても重要な更新プログラムと同様に通知する] のチェックボックスを選択後、[OK] をクリックします。管理者パスワードまたは認証を求められた場合、パスワードを入力するか認証を行います。

インストールしたセキュリティ更新プログラムを確認するには、「 更新プログラムが正しくインストールされたか確認する方法」を参照してください。

いいえ、まだです。更新プログラムをタウンロードでは、更新プログラムファイルがコンピューターに保存されるだけです。コンピューターを保護するには、ダウンロード後、更新プログラムをインストールしなくてはなりません。

Microsoft Update を利用すれば、選択した更新プログラムがダウンロードと同時にインストールされます。自動更新プログラムをダウンロードはするけれどもインストールしないように設定している場合は、更新プログラムがダウンロードされた場合に以下のような通知をされます。

ダウンロード完了後、この通知が表示されます。この通知を確認したら、作業を先延ばししないでください。更新プログラムがすぐにインストールされるようにバルーンをクリックします。

Back to top  ^

インストールがうまくいかなかったら・・・

セキュリティ更新プログラムのインストールで生じるトラブルに関して寄せられた質問にお答えします。

まずは、診断ツール Fix it : Windows Update に失敗する問題をお試しください。

問題が解決しない場合は、Windows Update お問い合わせ窓口にお問い合わせください。Windows Update の利用方法、Windows Update サイトからの更新プログラム等のダウンロードおよびインストールについてご案内しています。

まずは、診断ツール Fix it : Windows Update に失敗する問題をお試しください。

なお、該当するセキュリティ更新プログラムが正しくインストールされているかを確認するには、「 更新プログラムが正しくインストールされたか確認する方法」をご参照ください。

問題が解決しない場合は、 Windows Update お問い合わせ窓口にお問い合わせください。 Windows Update の利用方法、Windows Update サイトからの更新プログラム等のダウンロードおよびインストールについてご案内しています。

Windows には Windows Update の一般的な問題を修正する自動のトラブルシューティング ツールが搭載されています。

[スタート] をクリックし、検索ボックスに [トラブルシューティング] と入力します。[問題を確認し修正する] をクリックします。Windows Update トラブルシューティング ツールを実行するには、[システムとセキュリティ] から、[Windows Update で問題を解決する] をクリックします。

Windows 8 の Windows Update をトラブルシューティングする

  • 画面右端からスワイプして、Windows Update トラブルシューティング ツールを開きます。 [検索] をタップして (または、マウスを使用している場合は、画面の右上を指定してマウス ポインターを下に移動後、[検索] をクリックします) 検索ボックスに [トラブルシューティング] と入力、[トラブルシューティング] をタップ、またはクリックします。[システムとセキュリティ] から、[Windows Update で問題を解決する] をタップ、またはクリックします。

Windows 8 における Windows Update の問題をトラブルシューティングする方法の詳細は、 更新プログラムのインストールに関する問題のトラブルシューティングを参照してください。

Back to top  ^

アンインストールしたいけど・・・

セキュリティ更新プログラムのアンインストールに関して寄せられた質問にお答えします。

セキュリティ更新プログラムをアンインストールする場合はインストールした逆の順序にアンインストールする必要があります。もし順番どおりアンインストールを行わなかった場合、ファイルの復元が正常に行われないことがあります。なお、アンインストールの順番が間違っている場合、警告画面が表示されます。関連情報は サポート技術情報 816733 をご覧下さい。

製品によってはセキュリティ更新プログラムのアンインストールができない場合があります。

Back to top  ^

Windows Update について知りたい!

Windows Update に関して寄せられた質問にお答えします。

Windows Update は Windows を最新の状態に保つ仕組みで、Microsoft Update は Office 製品やサーバー製品など Windows 以外のマイクロソフト製品も併せて最新の状態にします。Microsoft Update は Windows Update を包括するため、お客様は Microsoft Update をお使いになることをお勧めします。また、Windows Update に関する詳しい情報は、 Windows Update をご参照ください。

はい。マイクロソフトは 月例でセキュリティ更新プログラムを公開しています。個々の特定の問題に対処するために、必要なセキュリティ更新プログラムをインストールしてお使いのコンピューターを保護してください。

「新しい更新プログラムをインストールする準備ができました」という通知は、ダウンロード完了後に表示されます。この通知が表示されたら、すぐにバルーンをクリックして更新プログラムをインストールしてください。

新しい更新プログラムをインストールする準備ができました。この通知は、ダウンロード完了後に表示されます。この通知が表示されたら先延ばしにせず、 すぐにバルーンをクリックして更新プログラムをインストールしてください。

はい。Windows には、自動更新機能が搭載されています。これにより、ダウンロードをスケジュールし、指定した日時にインストールすることができます。詳細は、 Windows での自動更新の構成方法および使用方法 をご参照ください。

Windows Update および Microsoft Update サービスは無料です。

2014 年 4 月 8 日に、マイクロソフトは Windows XP のサポートを終了しました。つまり、Windows XP を稼働している PC ではセキュリティ更新プログラム、修正、またはオンラインの技術サポートは得られません。 Windows 8 に関する詳細情報を確認する

Back to top  ^

サポート ライフサイクルについて知りたい!

マイクロソフト製品のサポート ライフサイクルに関して寄せられた質問にお答えします。

公開対象の製品やサービスパックは製品のライフサイクルに基づいています。詳細は、 マイクロソフト サポート ライフサイクル のページをご確認ください。

セキュリティ更新プログラムは、メインストリーム サポートフェーズ、および、延長サポートフェーズ期間中に提供されます。それぞれの製品により期間が異なるため、「マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル検索」のページよりご利用の製品を選びご確認ください。

製品のオンラインセルフサポート終了までダウンロード可能です。詳細は、マイクロソフト ライフサイクルのページをご覧下さい。

Back to top  ^

その他セキュリティ対策について知りたい!

セキュリティツール、セキュリティ対策方法についての質問にお答えします。

Windows Defender は、スパイウェアと呼ばれる、ユーザーが迷惑と感じるソフトウェアを検出してコンピューターから削除する無償のツールです。スパイウェアが原因で発生するポップアップ表示、コンピューター動作の低下、もしくはセキュリティ上の脅威からコンピューターを保護することで、コンピューターの生産性の低下を防止します。

一方、悪意のあるソフトウェアの削除ツールは、特定のウイルスなどの悪意のあるソフトウェアがコンピューターに感染しているかどうかをチェックするセキュリティ ツールです。悪意のあるソフトウェアの削除ツールは特定のウイルスやワームなどの悪意のあるソフトウェアのみを駆除しますが、ウイルス感染の予防や監視は行いません。

各ツールの詳しい情報は、 Windows Defender サイトおよび 悪意のあるソフトウェアの削除ツール サイトをご参照ください。

悪意のあるソフトウェアの削除ツールはバックグラウンドで実行された後、感染の有無を報告します。コンピューターで悪質なソフトウェアが検出されない限り、特に操作を必要としません。Windows Update 以外でも検出される更新を確認したい場合、または悪意のあるソフトウェアの削除ツールに関する詳細は、 悪意のあるソフトウェアの削除ツールのページをご参照ください。

Back to top  ^