FacebookTwitterYouTube日本のセキュリティチームのブログ

セキュリティ用語集 - コンピューター ウイルスとは?

コンピューター ウイルスとは?
コンピューター ウイルスとは、1 台のコンピューターから別のコンピューターに拡散し、コンピューターの操作を妨害するように設計された小型のソフトウェア プログラムです。

ウイルスは、コンピューターのデータを破壊または消去する場合や、ユーザーの電子メール プログラムを利用して複数のコンピューターに拡散する場合があります。ハード ディスク上のすべてのデータを削除してしまう危険性さえあります。

多くの場合、コンピューター ウイルスは、電子メールの添付ファイルを媒介にして広がります。このため、差出人が不明なメールや、届く予定のないメールの添付ファイルは決して開かないことが重要です。

ウイルスは、面白い画像、グリーティング カード、オーディオ ファイル、ビデオ ファイルなどの添付ファイルに隠れている可能性があります。コンピューター ウイルスは、インターネットからのダウンロードで拡散することもあります 。ウイルスは、ユーザーがダウンロードする可能性のある違法なソフトウェア、またはその他のファイルやプログラムに潜んでいる場合があります。

コンピューター ウイルスの感染を回避するために重要なのは、最新のセキュリティ更新プログラムおよびマルウェア対策ソフトウェアを利用してコンピューターを最新の状態に保つこと、最新の脅威についての情報を入手すること、管理者ではなく標準ユーザーでコンピューターを操作すること、インターネットの閲覧やファイルのダウンロード、または添付ファイルを開く際に、疑わしい場合はクリックしないこと、などがあげられます。

コンピューターがウイルスに感染した場合は、ウイルスの感染方法や種類などはさほど重要ではなく、一番重要なのはウイルスを駆除してそれ以上の拡散を防止することです。