膨大な数のデータポイントが違いを生む

本当のサイバー脅威インテリジェンスには、ほとんどの組織が入手できる量以上のデータが必要です。しかし、Microsoft が分析した膨大な情報源 (1 か月に処理される 4,500 億回以上の認証、マルウェアとフィッシングを検知するためにスキャンする 4,000 億通の電子メール、ならびに更新される 10 億台の Windows デバイス)から作成された並ぶもののない大量の脅威インテリジェンスを利用できます。組織で使用する Microsoft 製品のセキュリティを強化できると同時に、機械学習とヒューマン インテリジェンスを通じて疑わしいパターンを特定するセキュリティ分析により、脅威を早期に検出し、すばやく対応することができます。

セキュリティ インテリジェンスの電子書籍をダウンロード
オンデマンドのウェブセミナーでサイバー脅威インテリジェンスに対する Microsoft のアプローチを見る

ウェブセミナー: サイバー防御とサイバー犯罪

マイクロソフトは、安全顧客やデータを保持するためにどのように動作するかを学びます。

今見る
eBook「世界のサイバーセキュリティの動向」のイメージ

最も深刻なセキュリティ上の脅威に合わせて優先順位を決定する

エクスプロイト、脆弱性、感染率に関する調査に基づき、サイバーセキュリティで優先すべき要素を把握する

電子書籍をダウンロード

セキュリティに対する Microsoft 独自のアプローチについて詳しく調べる

Back To Top
close-button