System Center 2012 Configuration Manager

IT 組織にとって、"コンシューマライゼーション" (消費者化) は重要性を増しつつある課題です。仕事と生活の境界があいまいになり、ユーザーは任意の場所から任意のデバイス (デスクトップ、ラップトップ、スマートフォン、タブレット PC) を使って企業のサービスに一貫してアクセスできることを期待するようになりました。
エンタープライズのコンプライアンスとデータ保護のニーズを維持しながら、このような追加デバイスをどのように管理すればよいのでしょうか。
Microsoft System Center 2012 の Configuration Manager は、ユーザーが生産性を維持するために必要なデバイスとアプリケーションを使用する能力を高めながら、企業のコンプライアンスと制御を維持します。これは、物理クライアント、仮想クライアント、およびモバイル クライアントを管理するための単一画面を提供する統合インフラストラクチャによって実現します。また、IT 管理者の作業を容易にするツールと拡張機能も提供されています。SP1 では Windows Intune と統合して、PC とモバイル デバイスをクラウドとオンプレミスの両方から単一の管理コンソールで管理できます。

主な利点

  • ユーザー生産性の向上
  • 管理およびセキュリティのインフラストラクチャの統合
  • IT 管理の簡素化
ハイライト
  • R2 プレビューのリリース

    System Center 2012 R2 Configuration Manager および Endpoint Protection のプレビューに搭載された新機能と機能強化を体験してください。

    今すぐ使用»

ビジネス価値

System Center 2012 Configuration Manager を使用する組織で実現したコスト削減とその他の利点について説明します。(英語)

概要

Microsoft System Center 2012 のクライアント管理およびセキュリティ製品について説明します。

導入事例

Windows Thin PC による VDI 環境と、リッチ クライアントの両方を、System Center Configuration Manager で効率的に管理。

詳細»

サポート オプション

サポート オプション

アシスト サポート オプションとセルフ サポート オプションを検索します。

サポートの検索»