Windows Server 2008 R2 ライセンス よく寄せられる質問

公開日: 2010年4月20日


ここでは、Windows Server 2008 R2 のライセンスについて、よく寄せられる質問とその回答を紹介します。質問を選択すると、回答が表示されます。[すべての回答を参照する] チェック ボックスをオンにすると、すべての質問に対する回答を表示することができます。


Windows Server 2008 R2

Q. Windows Server 2008 R2 のライセンスはどこから取得できますか?
A.

Windows Server 2008 R2 のライセンスは Windows Server 2008 と同様の正規販売経路およびライセンス取得経路で入手できます。

Q. 現在、Windows Server 2003 クライアント アクセス ライセンスを保持しています。Windows Server 2008 R2 にアクセスするには、新たに Windows Server 2008 CAL を購入する必要はありますか?
A.

はい。Windows Server 2008 R2 にアクセスするためには Windows Server 2008 CAL が必要です。

Q. ソフトウェア アシュアランスを保持している場合、Windows Server 2008 R2 を購入する必要がありますか?
A.

必要ありません。ソフトウェア アシュアランスの特典として、ご使用のサーバーを Windows Server 2008 R2 にアップグレードする権利が与えられています。

Q. Windows Server 2008 を既に所持していて、そのサーバーのソフトウェア アシュアランスを購入していない場合はどうなりますか?
A.

Windows Server 2008 R2 にアップグレードする場合は、アップグレードするサーバーごとに Windows Server 2008 R2 ライセンスを購入する必要があります。Service Pack や Feature Pack とは異なり、Windows Server 2008 R2 は新しいバージョンのオペレーティング システムなので新しいサーバー ライセンスが必要です。

Q. ボリューム ライセンスのユーザーがインストール メディア を入手する方法を教えてください
A.

セレクトまたはエンタープライズ アグリーメントをご契約いただいているお客様は、毎月お届けするセレクトキットで最新のソフトウェアを入手できます。オープン ライセンスをご契約いただいているお客様は、全国のマイクロソフト製品販売店またはマイクロソフト マニュアル オーダー センターから、ディスク キットをご購入いただけます。また、指定の Web サイト(ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC)) からダウンロードすることも可能です。

Q. Windows Server 2008 はWindows Server 2008 R2 に移行するための前提条件になりますか?
A.

いいえ、Windows 2000 Server、Windows Server 2003、および Windows Server 2003 R2、Windows Server 2008 のいずれかから Windows Server 2008 R2 に移行できます。

Q. Windows Server 2008 のすべてのエディションについて Windows Server 2008 R2 が提供されますか?
A.

はい。Windows Server 2008 R2 では Windows Server 2008 と同様に以下のエディションが提供されます。

Windows Server 2008 R2 Standard

Windows Server 2008 R2 Enterprise

Windows Server 2008 R2 Datacenter

Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems

Windows Web Server 2008 R2

Q. 32-bit 版と64-bit 版のWindows Server 2008 が提供されるのですか?
A.

いいえ。次のエディションでは 64-bit 版のみ提供されます。

Windows Server 2008 R2 Standard

Windows Server 2008 R2 Enterprise

Windows Server 2008 R2 Datacenter

Windows Web Server 2008 R2

Q. 有効なソフトウェア アシュアランスを保持しています。Windows Server 2008 R2 のソフトウェアはどこから入手できますか?
A.

セレクトまたはエンタープライズ アグリーメントをご契約いただいているお客様は、毎月お届けするセレクト キットで最新のソフトウェアを入手できます。オープン ライセンスをご契約いただいているお客様は、全国のマイクロソフト製品販売店から、ディスク キットをご購入いただけます。また、指定の Web サイト (MVLS、eOpen) からダウンロードすることも可能です。

Q.
A.

クライアント アクセス ライセンス (CAL)

Q. Windows Server 2008 R2 サーバー ライセンスと Windows Server 2008 CAL の違いは何ですか。なぜ両方のライセンスが必要ですか?
A.

Windows Server 2008 R2 サーバー ライセンスは、ライセンス所有者にサーバー ソフトウェアをインストールし、使用する権利を与えます。Windows Server 2008 CAL は、デバイスまたはユーザーがサーバー ソフトウェアにアクセスする権利を与えます。2 種類のライセンス構成により、初期導入費用を下げ、使用量に応じた支払いが可能となります。つまり、サーバー ソフトウェアにアクセスするデバイスやユーザーの数により、ライセンス費用が異なります。その結果、このモデルによって、すべての規模の組織に最適な費用のライセンスを提供できます。

Q. Windows Server 2008 CAL はどのような場合に入手する必要がありますか?
A.

Windows Server 2008 CAL は、ユーザーまたはデバイスがサーバー ソフトウェアにアクセスまたは使用する場合に必要です。ただし、インターネットを介してのみ Windows Server 2008 R2 にアクセスし、かつ認証を受けない場合には、Windows Server 2008 CAL を入手する必要はありません。また、Windows Server 2008 R2 を仮想化環境におけるホスト OS としてのみ利用し、Windows Server 2003 以前のサーバー OS をゲスト OS として使用する場合は、Windows Server 2008 CAL を購入する必要はありません。ただし、ホスト OS の Windows Server 2008 R2 で Hyper-V 以外のワークロードを使用している場合や、ゲスト OS で Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 を使用する場合は、Windows Server 2008 CAL を購入いただく必要あります。

Q. CAL を必要とせずに Windows Server 2008 R2 のホスト OS で実行できるサービス/機能は何でしょうか?
A.

ホスト OS が Windows Server 2008 R2 で、Hyper-V 2.0 を利用し、かつゲスト OS として Windows Server 2003 以前のサーバー、Windows クライアント、Linux だけを実行する場合は Windows Server 2008 CAL は必要ありません。

ホスト OS の機能として、Hyper-V 2.0 のみを実行している場合には、Windows Server 2008 CAL は不要です。

ホスト OS の機能として、Hyper-V のサービス以外を利用する場合および、ゲスト OS として Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2 を利用する場合、Windows Server 2008 R2 の CAL は必要です。

Q. ユーザーが稀にしかサーバーソフトウェアにアクセスしない場合 (ネットワーク アクセス保護や動的ホスト構成プロトコル) Windows Server 2008 CAL は必要ですか?
A.

必要です。Windows Server CAL はサーバーソフトウェアにアクセスする全てのユーザーまたはデバイスに必要です。また、「同時使用ユーザー数モード」で運用するオプションもあります。

Q. Hyper-V Server 2008 R2 では CAL は必要ですか?
A.

Hyper-V Server 2008 R2 では CAL は不要です。ただし、Hyper-V Server 2008 R2 上で Windows Server を実行する場合、その Windows Server のバージョンに対応する CAL が必要になります。

Q. Windows Server 2003 CAL とWindows Server 2008 CAL の要件に違いはありますか?
A.

ありません。Windows Server CAL の要件は同じです。

Q. Windows Server CAL と リモート デスクトップ サービス (RDS) CAL の違いは何ですか?
A.

Windows Server CAL はユーザーまたはデバイスが Windows Server にアクセスする場合に必要です。 RDS CAL は、ユーザーまたはデバイスが、リモート デスクトップ サービス機能にアクセスしたり、リモート デスクトップ サービス機能を使用したりする場合に必要です。この規則の例外として、管理目的に限り、2 人のユーザーまたは 2 台のデバイスまで RDS CAL や Windows Server CAL を保持せずにアクセスすることが許諾されています。

Q. デバイス CAL とユーザー CAL の違いは何ですか?
A.

Windows Server デバイス CAL は、サーバー ソフトウェアのアクセスと使用を 1 つのデバイスに対して許可します (使用するユーザー数は問われません) 。Windows Server ユーザー CAL は、サーバー ソフトウェアのアクセスと使用を 1 人のユーザーに対して許可します (使用するデバイス数は問われません)。TS デバイス CAL と TS ユーザー CAL も、同様です。

Q. 同じサーバーに対して Windows Server デバイス CAL と Windows Server ユーザー CAL を使用することはできますか?
A.

できます。Windows Server デバイス CAL と Windows Server ユーザー CAL は同じサーバーに対して使用することができます。ただし、マイクロソフトでは、管理や追跡を簡単にするために、デバイス CAL またはユーザー CAL のいずれか一方を取得するようにお勧めしています。

Q. CAL の "種類" と CAL の "ライセンス モード" は何が違うのですか?
A.

CAL の種類については、以前の質問の回答で概略を説明していますので、デバイス CAL とユーザー CAL についての説明を参照してください。

各種ライセンス モードは Windows CAL にのみ適用され、Windows CAL の割り当て方法を規定します。

同時使用ユーザー数モード (“per server” mode) では、サーバー ソフトウェアに同時にアクセスするユーザーやデバイスの総数と同じ数の Windows CAL が必要になります。たとえば、このモードでは、最大同時接続数が購入されている Windows CAL の数と等しくなります。

接続デバイス数または接続ユーザー数モード (“per device or per user” mode)では、デバイスやユーザーがこのモードで配置されているすべてのサーバーにアクセスするために、デバイスまたはユーザーごとに Windows CAL を購入する必要があります。同時にサーバーにアクセスするデバイスやユーザーの数には制限がありません。詳しくは Windows Server 2008 R2 クライアント アクセス ライセンス (CAL) 概要をご参照ください。

Q. ユーザー CAL は、Core CAL やエンタープライズ アグリーメントにどのように影響しますか?
A.

エンタープライズ アグリーメント (EA) の登録では、Core デバイス CAL または Core ユーザー CAL のどちらかを選択できます。登録のレベルを標準化することで、Core CAL と EA によって追跡が単純かつ簡単に行えるようにします。

Q. Windows Server 2008 R2 RDS CAL を Windows Server 2003 ターミナル サービスを使用するためにダウングレードできますか?
A.

できます。Windows Server 2008 RDS CAL をダウングレードすることは可能です。(ユーザーまたはデバイス)

Q. Windows Server 2008 ユーザー CAL を使用して Windows Server 2003 を実行するサーバーにアクセスできますか?
A.

はい。Windows Server 2008 ユーザー CAL またはデバイス CAL を使用して Windows Server 2003 のインスタンスにアクセスできます。

Q. ユーザーまたはデバイスがサード パーティ製の認証アプリケーション (マイクロソフト ベースではない認証) を介して認証し、Windows Server 2008 R2 を実行するサーバーにアクセスする場合、ユーザーまたはデバイスに Windows Server 2008 CAL が必要ですか?
A.

はい。いかなる認証方法で Windows Server 2008 R2 を実行するサーバーにアクセスする場合でも、ユーザーまたはデバイスに Windows Server 2008 CAL が必要になります。

Q. Windows Server 2008 R2 のダウングレード権を行使して Windows Server 2003 を実行する場合、そのWindows Server 2003 にアクセスするユーザーまたはデバイスには、Windows Server 2008 CAL が必要ですか?
A.

いいえ。Windows Server 2008 R2 から Windows Server 2003 にダウングレードする場合、Windows Server 2003 CALでもアクセスできます。また、Windows Server 2008 CALでもWindows Server 2003 にアクセスすることが可能です。

Q. CAL をサーバーとは異なる販売チャネルおよび異なるライセンスプログラムで入手した場合、サーバーへのアクセスに何か制限がありますか?
A.

Windows Server のライセンスと CAL は、異なる販売チャネルにてご購入いただいている場合でも、アクセスが許諾されます。
例えば、リテール パッケージで Windows Server 2008 R2 を購入し、CAL をボリューム ライセンスで購入している場合でも、問題なくサーバーにアクセスしていただくことが可能です。
もちろん、ボリューム ライセンスの異なるプログラム間でサーバー ライセンスと CAL を取得している場合であっても、問題なくアクセスしていただけます。

Q. CAL をサーバとは異なる言語版で購入した場合、サーバーへのアクセスに何か制限がありますか?
A.

いいえ。Windows Server のライセンスと CAL は、異なる言語版でご購入いただいている場合でもアクセスが許諾されます。

Q.
A.

エクスターナル コネクタ ライセンス

Q. エクスターナル コネクタ (EC) ライセンスはどのようなときに必要ですか?
A.

EC ライセンスは特定の使用状況に対応するためのライセンス オプションです。ビジネス パートナーや顧客が自社ネットワークにアクセスすることを許可する必要がある場合には、以下の 2 種類の選択肢があります。

外部ユーザーごとに Windows Server CAL を取得します。

外部ユーザーがアクセスする Windows Server ごとに、エクスターナル コネクタ ライセンスを取得します。

Q. EC ライセンスは、どの Windows Server に対して入手する必要がありますか?
A.

エクスターナル コネクタ ライセンスは、ユーザーの認証を行うサーバーだけではなく、外部ユーザーがアクセスする Windows Server ごとに入手する必要があります。

Q. 外部ユーザーにはどのような人が該当しますか?
A.

外部ユーザーとは、サーバー ライセンスを所有する組織 (およびその関連会社) の「取引先」や「顧客」などを指します。サーバー ライセンスを所有する組織 (およびその関連会社) の「従業員」や「オンサイトの契約業者や代理店」などのユーザーは「外部ユーザー」に含まれませんのでご注意ください。

Q. 学生が学校のネットワークにアクセスする場合、この学生は外部ユーザーと見なされますか?
A.

見なされます。このため、エクスターナル コネクタ ライセンスを適用することができます。

Q.
A.

Virtualization

Q. Windows Server 2008 R2 Standard のライセンスを保持しており、仮想オペレーティング システム環境でインスタンスを実行したい場合、物理オペレーティング システム環境でもインスタンスを実行できますか?
A.

できます。Windows Server 2008 R2 Standard では物理オペレーティング システム上で一つのインスタンスに加え、仮想オペレーティング システム上で一つのインスタンスを実行する権利が付与されます。

Q. CAL を必要とせずに Windows Server 2008 R2 のホスト OS で実行できるサービス/機能は何でしょうか?
A.

ホスト OS が Windows Server 2008 R2 で、Hyper-V 2.0 を利用し、かつゲスト OS として Windows Server 2003 以前のサーバー、Windows クライアント、Linux だけを実行する場合は Windows Server 2008 CAL は必要ありません。

ホスト OS の機能として、Hyper-V 2.0 のみを実行している場合には、Windows Server 2008 CAL は不要です。

ホスト OS の機能として、Hyper-V 2.0 のサービス以外を利用する場合および、ゲスト OS として Windows Server 2008、または Windows Server 2008 R2 を利用する場合、Windows Server 2008 の CAL は必要です。

Q. Windows Server 2003 や Windows Server 2003 R2 を Windows Server 2008 R2 Enterprise で許諾される 4 つの仮想インスタンスとして実行できますか?
A.

はい、できます。Windows Server オペレーティング システムの以前のバージョンをダウングレード権の行使によって実行することができます。以前のバージョンの実行にはお持ちのメディアからインストールしていただく必要があります。

Q. Windows Server 2008 R2 Enterprise の仮想化におけるライセンス権限に変更はありますか?
A.

いいえ、Enterprise エディションの仮想化におけるライセンス権に Windows Server 2008 からの変更はありません。Windows Server 2008 R2 Enterprise でも、物理オペレーティング システム環境で 1 インスタンス、そして仮想オペレーティング システム環境で最大 4 インスタンスまで実行することができます。

Q. Windows Server 2008 R2 Enterprise のライセンスを保持している場合、ライセンスが割り当てられた仮想環境上で同時に 4 つのインスタンスを実行できますが、ライセンスが割り当てられたサーバー上で 4 つのうち 2 つのインスタンスのみを実行する場合、残りの 2 つのインスタンスを別のサーバーで実行することはできますか?
A.

いいえ。仮想インスタンスの実行権を別のサーバーに割り当てることはできません。

Q. Windows Server 2008 R2 Enterprise のライセンスがあるサーバーに付与されていたとします。もしそのサーバー上で 5 つ目の仮想インスタンスを仮想オペレーティングシステム上で実行したい場合、どのようにしたらよいですか?
A.

Windows Server 2008 R2 Enterprise では仮想オペレーティング システム上で最大 4 つまで仮想インスタンスを実行する権利が付与されています。5 つ目の仮想インスタンスを同じサーバー上で実行したい場合、追加のサーバー ライセンスを購入して適用する必要があります。Windows Server 2008 R2 Datacenter では無制限の仮想インスタンス実行権が与えられるので、多くの仮想インスタンスを実行する場合は Datacenter のライセンスをお勧めしています。

Q. Windows Server 2008 R2 Datacenter でも仮想インスタンスの実行権は無制限ですか?
A.

はい、Windows Server 2008 R2 Datacenter でも引き続き仮想オペレーティングシステム環境上で無制限の数の仮想インスタンスを実行する権利が付与されます。

Q. Windows Server 2003 R2, Standard Edition の場合、物理 OS で 1 つまたは 仮想 OS で 1 つのインスタンスを実行可能でしたが、Windows Server 2008 R2 Standard を Windows Server 2003 R2, Standard Edition にダウングレードした場合、実行可能なインスタンスはどのようになりますか?
A.

Windows Server 2008 R2 を購入した場合、どのバージョンにダウングレードした場合でも基本的に Windows Server 2008 R2 のライセンスの権利に従うことになります。よって、 Windows Server 2003 R2, Standard Edition であっても物理 OS で 1 つのインスタンス、仮想 OS で 1 つのインスタンスを実行することができます。これは、Windows Server 2003 R2 以前のバージョンにダウングレードする場合でも同様です。

Q. Windows Server 2008 R2 Enterprise では仮想インスタンスを最大 4 つまで実行可能ですが、仮想 OS で旧バージョンの Windows Server を実行する場合は別途 旧バージョンの OS のライセンスを購入する必要がありますか?
A.

Windows Server 2008 R2 Enterprise では、最大 4 つの仮想インスタンスの実行権が付与されています。そのため、追加のライセンスを購入することなく、仮想 OS で旧バージョンの Windows Server を実行できます。

Q. マイクロソフト以外のサード パーティが提供するソフトウェア仮想化技術を用いた場合にもこれらの仮想化におけるライセンス、権利は維持されますか?
A.

はい。仮想化技術、製品に関わらず、仮想ライセンス権は維持されます。ただし、サード パーティによる仮想化技術はマイクロソフトではサポートされません。詳しい情報は以下のサイトを参照ください。

Article 897613 : 仮想サーバー サポート ポリシー

Article 897614 : 仮想サーバー環境でサポートされていない Windows Server System ソフトウェア

Article 897615 : マイクロソフト以外のハードウェア仮想化ソフトウェアでマイクロソフトのソフトウェアを実行する場合のサポート ポリシー

Q. Windows Server 2008 R2 の仮想環境で仮想 OS をインストールする場合もアクティベーションは必要ですか?
A.

物理 OS と同様に必要になります。

Q.
A.

リモート デスクトップ サービス (RDS)

Q. リモート デスクトップ サービスとリモート デスクトップ サーバーはどこが違いますか?
A.

Windows Server 2008 R2 のリモート デスクトップ サービスは、Windows ベースのサーバー アプリケーションを、さまざまな種類のデバイスと、あらゆるネットワーク接続を使用してリモートから実行できるようにする機能です。サーバーをリモート デスクトップ サービスの役割で構成した場合 (旧称、ターミナル サービス)、そのサーバーをリモート デスクトップ サーバーと呼びます。

Q. リモート デスクトップ サービスのライセンスを取得する方法を教えてください
A.

リモート デスクトップ サービスの機能は、Windows Server のライセンスに含まれています。ただし、ユーザーやデバイスがリモート デスクトップ サーバーにアクセスする際には、Windows CAL に加えて RDS CAL を所有している必要があります。

Q. リモート デスクトップ サービスとリモート デスクトップ サービス ライセンス マネージャで、それぞれ異なるバージョンのオペレーティング システムが稼動しています。どちらのバージョンの RDS CAL で利用が可能でしょうか。
A.

リモートデスクトップサーバーとライセンスサーバーのバージョンが異なる場合、RDS CAL のバージョンはリモートデスクトップサーバーのバージョンに合せる必要があります。

Q. RDS CAL について、有効なアップグレードの権利 (エンタープライズ アグリーメント、またはソフトウェア アシュアランス) を所有しています。アップグレードの権利を行使する方法を教えてください
A.

リモート デスクトップ サービス ライセンス管理ツールを使用して Windows Server 2008 R2 リモート デスクトップ サーバー CAL を要求するときに、必要な情報を入力します。入力した情報が確認されると、RDS CAL トークンが発行されます。

Q. Windows Server 2008 RDS CAL を Windows Server 2003 を使用するためにダウングレードできますか?
A.

はい。Windows Server 2008 RDS CAL を Windows Server 2003 TS CAL にダウングレードすることは可能です。

Q.
A.

Windows Web Server 2008 R2 及び Windows Server 2008 R2 Datacenter

Q. Windows Web Server 2008 R2 はどのような方法で入手できますか?
A.

Windows Web Server 2008 R2 は、ボリューム ライセンス プログラムによる取得、マイクロソフトの相手先ブランド供給元 (OEM) やシステム ビルダ (SB) からのプレインストール コンピュータによる取得、およびサービス プロバイダからのサービス プロバイダ ライセンス アグリーメント (SPLA) による取得が可能です。また、特定の販売店から購入することもできます。

Q. Windows Web Server 2008 R2 をファイル サーバーやターミナル サーバーとして使用することはできますか?
A.

できません。Windows Web Server 2008 R2 は、Web ページ、Web サイト、Web アプリケーション、および Web サービスを展開するためにだけ使用することができます。

Q. Windows Web Server 2008 R2 では CAL は必要ですか?
A.

必要ありません。Windows Web Server 2008 R2 の場合はサーバー ライセンスのみが必要になり、CAL は必要ありません。ただし、Windows Web Server 2008 R2 のバックエンド サーバー上でアプリケーションを実行するためにスケールアウトのフロントエンドとして使用する場合は、Windows Server を実行するバックエンド サーバーに CAL が必要になります。

Q. Windows Web Server 2008 R2 で実行が制限されているアプリケーションは何ですか?
A.

Windows Web Server 2008 R2 は、Web サーバー機能のニーズに合わせて Web 専用に設計されており、その機能は以下のように制限されます。

Windows Web Server 2008 R2 を使用して、企業の Universal Description, Discovery, and Integration (UDDI) サービスを展開することはできません。

Windows Web Server 2008 R2 を実行しているコンピュータは、Active Directory サービス ドメインのメンバ サーバーになれますが、ドメイン コントローラにすることはできません。したがって、Windows Web Server 2008 R2 を単体で使用し、グループ ポリシー、ソフトウェア制限のポリシー、リモート インストール サービス、Microsoft Metadirectory Services、DHCP、DNS、WINS、インターネット認証サービスなど特定の管理機能を利用することはできません。

Windows Web Server 2008 R2 に、すべてのバージョンの Outlook Web Access (OWA) および Microsoft Exchange Server をインストールすることはできません。

Q. Windows Server 2008 R2 Datacenter はどのような方法で入手できますか?
A.

Windows Server 2008 R2 Datacenter は、ボリューム ライセンス プログラムおよび 相手先ブランド供給元 (OEM) 経由で購入できます。

Q. Windows Server 2008 R2 Datacenter のライセンスはどのような方法で入手できますか?
A.

Windows Server 2008 R2 Datacenter には、サーバー/クライアント アクセス ライセンス (CAL) のモデルが適用されます。ただし、Datacenter のサーバー ライセンスは Standard や Enterpriseと異なる点があり、サーバー ライセンスの価格は、Datacenter がインストールされた サーバーに搭載されたプロセッサの数によって変わります。詳細については、「Windows Server 2008 R2 Datacenter のライセンス」を参照してください。

Q. Windows Server 2008 R2 Datacenter を実行するサーバーにアクセスするためにWindows Server CAL を取得する必要がありますか?
A.

あります。Windows Server 2008 R2 Datacenter を実行するサーバーをアクセスまたは使用する場合、アクセスが匿名やインターネット経由でない限り、すべてのユーザーまたはデバイスごとに CAL が必要です。

Q.
A.

Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems

Q. Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems のライセンスはどのようになっていますか?
A.

Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems のライセンスは Datacenter のライセンスと同様にプロセッサ単位のサーバー ライセンスと CAL のライセンス モデルが適用されます。

Q. Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems はどのようなワークロード向けの製品ですか?
A.

Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems はハイレベルの信頼性、可用性、拡張性を必要とする大規模なデータベース.やビジネス アプリケーション向けに構築されています。

Q. Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems には仮想化環境でのライセンスは付与されますか?
A.

はい、Windows Server 2008 R2 for Itanium Based Systems においては Windows Server 2008 R2 Datacenter と同等の仮想化環境でのライセンスが付与されています。このエディションにおいて仮想化技術は役割の一つとして含まれませんが、サードパーティの仮想化技術を用いてこれらのライセンスを適用することができます。

Q. Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems のライセンスはどこで入手できますか?
A.

Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems はボリューム ライセンス プログラムおよび 相手先ブランド供給元 (OEM) 経由で購入できます。

Q.
A.

その他

Q. ボリューム ライセンスとは何ですか?
A.

マイクロソフト ボリューム ライセンスは、企業のニーズに合わせて構成されたカスタマイズされたプログラムを提供します。このプログラムは企業の規模と必要性に合わせて調整でき、シンプルで柔軟、かつ低価格なソリューションが提供されるため、ライセンス管理が非常に簡単になります。
詳しくはボリュームライセンスプログラムを参照ください。

Q. ソフトウェアアシュアランスとは何ですか?
A.

マイクロソフト ソフトウェア アシュアランスは、マイクロソフトのソフトウェアを最大限に活用するためのさまざまな特典を提供するメンテナンス プログラムです。導入計画やスタッフのトレーニング、製品サポート、ソフトウェア アップグレードなどのソフトウェア アシュアランスの特典を利用することで、従業員の生産性や組織の業績の向上、ソフトウェアの高い投資効果の確保を実現することができます。マイクロソフト ソフトウェア アシュアランスのアップグレードの権利特典はエンタープライズ全体にメリットをもたらします。お客様は、ソフトウェア アシュアランスの契約期間中にリリースされた新しいソフトウェア バージョンを追加料金なしで取得することができます。
詳しくはソフトウェアアシュアランスを参照ください。

Q. OEM から新しいハードウェアを購入してサーバー ライセンスを取得した場合、または販売店からソフトウェアを購入した場合も、ダウングレード権は与えられますか?
A.

はい。ライセンスを取得した経路に関係なくダウングレード権は適用されます。

Q. ダウングレード権が与えられることは知っていますが、古いバージョンのメディアやプロダクト キーはどこで入手できますか?
A.

オープン ライセンスなどのボリューム ライセンスにて購入された場合は、通常は 1 つ前までのメディアは購入可能です。プロダクト キー (VLK) は、eOpen、MVLS で入手できます。また、もし以前のバージョンのメディアをお持ちであれば、そちらをそのままお使いいただけます。

Q. 使用しているサーバーはパーティションで分割されているため、1 台のサーバーで複数のオペレーティング システムを実行することができます。サーバー ライセンスをいくつ取得する必要がありますか?
A.

すべての物理プロセッサに Windows Server 2008 R2 のライセンスが必要です。

Q. Windows Server 2008 R2 Datacenter とWindows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems を除き、 Windows Server の他のエディションには、なぜサーバー アプリケーション製品のように、プロセッサ数を基準にしたライセンスがないのですか?
A.

このオプションについて検討しましたが、マイクロソフトは、プロセッサ数を基準としたモデルが製品の使用方法に合わないと判断しました。Windows Server は、さまざまな方法で使用および構成される可能性があるため (ファイルとプリント サーバー、認証サーバー、Web サーバー、アプリケーション プラットフォームなど)、ライセンスと価格は、使用量に合わせて価格が上乗せされるような、より拡張性のあるモデルが適切であると考えました。サーバー/クライアント アクセス ライセンス (CAL) モデルは、すべての規模の組織に対して費用効率の優れたオプションを提供する柔軟なモデルです。

Q. 言語パックが無償で提供されると伺いましたが、1 つのライセンスで使用できる言語は 1 つに限定されますか?たとえば、Windows Server 2008 R2 Enterprise を購入し 4 つの仮想 OS を実行する場合、物理 OS で日本語版を実行し、仮想 OS で英語版、フランス語版、中国語版、ドイツ語版を実行することは可能でしょうか?
A.

はい。複数の言語を 1 つのライセンスで実行することは可能です。さらに、同じインスタンスで言語を変換することも可能です。

Q. ボリュームライセンス契約において提供される MAK キーの上限数はいくつですか?
A.

お客様に最初に付与される MAK キーの上限数は、お客様の契約に基づき弊社の独自のルールによって決定されます。付与された上限数での運用が困難な場合は、弊社ライセンス認証窓口までお問い合わせください。

Q. Windows Server 2008 R2 パッケージ製品またはプレインストール モデル (OEM メーカー提供) には プロダクトキーが 2 つ添付されると聞きました。なぜ、2 つのキーが添付されるのですか?
A.

Windows Server 2008 R2 パッケージ製品およびプレインストール モデルには、物理インスタンス用の 「Physical Key」 と仮想インスタンス用の 「Virtual Key」 が添付されています。ハードウェア上にインストールする物理インスタンスのインストールには Physical Key を使用し、仮想インスタンスのインストールには Virtual Key を使用してください。

Q. プレインストール モデル (OEM メーカー提供) を購入した場合、サーバー ライセンスを他のサーバーに移行できますか?
A.

いいえ。OEM サーバー ライセンスはハードウェアと一体のものであり、分離することができません。

Q. プレインストール モデル (OEM メーカー提供) で構築したサーバー上で実行している OS 環境を他のサーバーに移行したいのですが、どうしたらいいでしょうか?
A.

プレインストールモデル (OEM メーカー提供) を購入した場合、サーバー ライセンスを他のサーバーに移行できませんが、OS イメージを OS イメージ採取製品ツール (マイクロソフト製品 System Center Virtual Machine Manager 等) を使って他のサーバーに複製することはライセンス上可能です。この場合、複製とはあくまでイメージのみの複製であり、サーバー ライセンスそのものをもとの物理サーバーから移行することは含まれません。つまり、イメージを複製する先のサーバーには別途ライセンス権利が付与されていることが必要となります。
※OEM メーカーが提供している OS 以外のソフトウェアが含まれる場合、当該ソフトウェアの複製する権利については各 OEM メーカーにお問い合わせください。

Q. コールドスタンバイやコールドバックアップ用 (障害復旧用) のサーバーに対してのライセンスは必要ですか?
A.

はい。必要です。ただし、サーバー ライセンスと CAL の両方のソフトウェア アシュアランス (SA) をお持ちの場合のみ、SA 特典として障害復旧用のサーバー ライセンスとして無償でご利用頂けます。詳しくは以下 Web サイトをご参照ください。

http://www.microsoft.com/japan/licensing/sa/drserver.mspx
・ライセンス簡易ガイド PDF (62.1 KB)/XPS (1.30 MB)

なお、OEM ライセンスと SA を組み合わせる場合にはプリインストールモデル購入後 90 日以内であれば SA のみの購入が可能です。ボリューム ライセンスプログラムまたはパッケージでのサーバー再割り当てに関しては、インストールから 90 日以内は不可ですが、恒久的なサーバーハードウェアの故障の場合に限り例外的に再割り当て可能です。

Q. Windows Server 2008 R2 Enterprise のライセンスで Windows Server 2008 R2 Standard を実行することはできますか?
A.

はい、Windows Server 2008 R2 では、物理環境および仮想環境にて下位のエディションを実行することができますので、Windows Server 2008 R2 Enterprise のライセンスをお持ちであれば、Enterprise エディションの代わりに Windows Server 2008 R2 Standard を実行することができます。

Q. Windows Server 2008 R2 Enterprise のライセンスで Windows Server 2003 R2, Standard Edition を実行することはできますか?
A.

はい、Windows Server 2008 Enterprise では、ダウングレード権および下位のバージョンを実行する権利がありますので、Windows Server 2008 R2 Enterprise のライセンスで Windows Server 2003 R2, Standard Edition を実行することができます。

Q. ボリュームライセンスで入手した Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 のメディアでインストールをしようとしたところ Standard, Enterprise, Datacenter のインストールが可能になっています。これは、適切なライセンスを保有していれば、1 枚のメディアで各エディションのインストール作業が可能でしょうか?
A.

はい、可能です。例えばお客様が Windows Server 2008 R2 Enterprise のライセンスを適切にお持ちの場合、すでに Windows Server 2008 R2 Standard を購入時に入手されたメディアを利用して Enterprise のインストールが可能です。

Q.
A.