Hyper-V は仮想化プラットフォーム 2012 年導入台数シェア No.1

Hyper-V は仮想化プラットフォーム 2012 年導入台数シェア No.1

評価版をダウンロード
Windows Server 2012 Hyper-V は、あらゆる規模の組織で大幅なコスト削減と運用効率の向上を実現することに貢献している仮想化プラットフォームです。業界をリードするサイズと規模を実現する Hyper-V は、業務に不可欠なワークロードを実行する場合に選択されるプラットフォームです。
 
Windows Server 2012 の Hyper-V では、ホスト プロセッサとメモリーのサポートが大幅に拡張されています。今回より、Hyper-V ゲストに対する 64 基のプロセッサと 1 TB のメモリー、64 TB までディスク容量を大きくできる新しい
VHDX 仮想ハード ディスク形式、およびその他の回復性機能がサポートされるようになりました。
 
Windows Server 2012 Hyper-V を使用して、新しいハードウェア テクノロジを活用することができ、同時に、既に所有しているサーバーを利用することができます。このようにして、すぐに仮想化に着手し、今後に備えることができます。
 
目的が、仮想マシンの可搬性を高めること、仮想マシンの可用性を高めること、マルチテナント環境を扱うこと、規模を拡大すること、または柔軟性をより向上させることのどれであっても、Windows Server 2012 Hyper-V は、確信を持ってビジネスの柔軟性を高めるために必要なプラットフォームとツールを提供します。そして、オンプレミスで仮想化したり、データセンターをホスティング プロバイダーまで拡張したりするのに必要な移植性を提供するので、データセンターをクラウド コンピューティング環境に変換できます。

キー ポイント

サーバー仮想化の概要

Windows Server 2012 は、優れたスケーラビリティとパフォーマンスを実現する完全な仮想化プラットフォームを提供します。(英語)

ホワイト ペーパー

Windows Server Hyper-V に関するテクニカル ホワイト ペーパー

データシート

Windows Server 2012に搭載されているHyper-Vと、VMware vSphere 5.1との違い

機能

サーバー仮想化の機能について説明します。

導入事例

株式会社ジェイアール東日本情報システム

Windows Server 2012 の Hyper-V レプリカ機能により、ミッション クリティカルなシステムと同じ可用性を維持した検証環境構築の工数削減と運用コスト低減を実現

詳細


サポート オプション

サポート オプション

Windows Server のサポート オプションとリソースを検索します。

サポートの検索information