コンサルティングサービス お客様のビジネスニーズに適した IT 実現に向けて

ビジネス価値のあるシステムを開発するにあたっては、ユーザー/ベンダーのどちらの立場であるか問わず、エンジニアの卓越したスキルが欠かせません。

知識、技術の習得においては、MSU (Microsoft University) を始めとするトレーニング コースが高い習得効果をご提供致しますが、開発の現場で求められる実戦的なノウハウは、現場経験を通じて蓄積されるケースがほとんどでした。

また、大規模開発では開発標準を定めてプロジェクトを進めるケースが一般的ですが、これから大規模開発に取り組む組織にとっては開発標準の策定自体が、大きな負担となっていました。

これに対し、マイクロソフト コンサルティング サービス (MCS) では、エンジニアの実戦スキル向上、大規模開発への対応力向上を目指されるお客様、パートナー様を対象とした、開発標準ガイドラインとスキル トランスファー プログラム (ワークショップ) をご提供しております。

MCS 赤間 信幸氏

マイクロソフトのコンサルタント 赤間 信幸氏が語る

Microsoft Azure と開発技術

スキル トランスファー プログラム−「Visual Studio Workshop」

「Visual Studio Workshop」は、開発現場の中核メンバーとして活躍している開発者の、アプリケーション開発における設計スキルのレベルアップを目的としています。実践的なアプリケーションの設計および実装のベスト プラクティスを効率よく学習することができます。

これまで通算 500 回以上のワークショップ開催実績を持つ、.NET 開発のデファクト スタンダード カリキュラムです。開発現場で今すぐ使えるノウハウおよびマイクロソフトの技術解説資料をベースに作成された信頼度の高いコンテンツを、15 コース以上のカリキュラムならびに 2,000 ページ以上のマテリアルとしてご提供します。

本サービスでは、製品機能の網羅的な説明ではなく、開発現場で実際に求められるノウハウに重点を置くことで、学習効果の最大化を狙っています。また、アーキテクトに求められるスキルセットをご提供する為、市販の書籍だけでは学習が難しい理論も含まれていますが、あくまで実践に即した形でキーポイントを学習できる点が特徴です。

開発標準−「.NET Web 開発標準ガイドライン」

MCS のコンサルタントが、現場の視点から必須の内容をまとめたものが「.NET Web 開発標準ガイドライン」です。

ウォータフォール モデルや DOA (データ中心アプローチ) をベースとして、マイクロソフト コンサルティング サービスの業界や業種に捉われない実践的な開発ノウハウを集約したベスト プラクティス集です。1 つのトピックを最大でも 30 ページ程度に抑え、かつ開発現場で頻出の設計パターンに絞ることで密度の高いガイドラインを目指しています。特に、「思考手順」や「作業手順」に沿った視点で整理することで、開発現場でより使いやすいガイドラインを実現しています。

技術支援−コンサルティング

お客様の課題、ご要件に合わせ、テーラーメード形式の「カスタム コンサルティング」をご活用頂くことで、柔軟性と可用性備えたシステムを効率的に開発頂くことが可能です。


エンジニアの開発スキルを高める、ガイドラインとコンサルティング サービス

開発品質の向上、大規模開発への対応力向上を目指されるお客様、パートナー様を対象とした、開発標準ガイドラインとスキルトランスファー プログラム(ワークショップ)群 #########をご提供します。

Information

参考リンク

上記、マイクロソフト コンサルティング サービスに関するご質問は、弊社担当営業または下記までお問い合わせください。

サポート オンライン
Web 上でのお問い合わせになります。

このページのトップヘ