Dell の Windows 10 ノート PC

Windows 10 エディション別 比較表

生産性 & ユーザー エクスペリエンス

スマートフォン用の Continuum1
Cortana2
Windows Ink3
スタート メニューとライブ タイル
タブレット モード
音声、手描き、タッチ、ジェスチャ4
Microsoft Edge (および PDF の表示)

セキュリティ

Windows Hello5利用可能な機能利用可能な機能
Windows Hello コンパニオン デバイス6利用可能な機能利用可能な機能
Windows Information Protection7利用できない機能利用可能な機能
デバイスの暗号化8利用可能な機能利用可能な機能
BitLocker9利用できない機能利用可能な機能
トラスト ブート利用可能な機能利用可能な機能
Windows デバイス正常性構成証明サービス*利用可能な機能利用可能な機能

ゲーム10

Xbox アプリ利用可能な機能利用可能な機能
Xbox コントローラーのサポート (有線)利用可能な機能利用可能な機能
DirectX 12 グラフィックのサポート利用可能な機能利用可能な機能
ゲーム ストリーミング (Xbox One から PC へ)利用可能な機能利用可能な機能
ゲーム録画機能利用可能な機能利用可能な機能

ビジネス - 管理と展開

グループ ポリシー利用できない機能利用可能な機能
モバイル デバイスの管理11利用可能な機能利用可能な機能
Enterprise State Roaming と Azure Active Directory12利用できない機能利用可能な機能
ビジネス向け Windows ストア13利用できない機能利用可能な機能
割り当てられたアクセス利用できない機能利用可能な機能
動的プロビジョニング利用できない機能利用可能な機能
ビジネス向け Windows Update利用できない機能利用可能な機能
共有 PC 構成利用できない機能利用可能な機能
テスト受験利用できない機能利用可能な機能

Windows の基本機能

ドメイン参加利用できない機能利用可能な機能
Azure Active Directory ドメイン参加とクラウドにホストされたアプリへのシングル サインオン14利用できない機能利用可能な機能
Internet Explorer のエンタープライズ モード (EMIE)利用できない機能利用可能な機能
リモート デスクトップ利用できない機能利用可能な機能
クライアント Hyper-V利用できない機能利用可能な機能
Windows デバイスを見ている学生

Windows 10 S について

セキュリティと優れたパフォーマンスを追求します。

1 一部の Continuum 対応スマートフォンでのみサポートされます。外部モニターが HDMI 入力を備えている必要があります。アプリの UI や機能は、変更になることがあります。別売りの Continuum 対応アクセサリが必要となる場合があります。

2 Cortana をご利用いただけるのは一部の国と地域のみとなります。利用できる機能が国や地域、デバイスによって異なる場合があります。Cortana は Education edition では使用できません。

3 タッチ操作対応のタブレットまたは PC が必要です。

4 ハードウェアに依存します。ペン アクセサリは別売りの場合があります。

5 Windows Hello を利用するには、指紋リーダーや顔認識センサーなどの生体認証センサーを搭載したハードウェアが必要です。Windows Hello 識別情報キーのハードウェアベースの保護には、TPM 1.2 以降が必要です。TPM が存在しない場合や構成されていない場合は、識別情報/キーの保護はソフトウェアベースで行われます。

6 コンパニオン デバイスを Bluetooth を介して Windows 10 PC とペアリングする必要があります。Windows Hello 識別情報のローミングを可能にする Windows Hello コンパニオン デバイスを使用するには、サインインする Windows 10 PC で Pro エディションまたは Enterprise エディションが必要です。

7 Windows Information Protection (旧称 Enterprise Data Protection (EDP)) で設定を変更するには、モバイル デバイス管理 (MDM) または System Center Configuration Manager が必要です。Active Directory を使用すると管理が容易になりますが、必須ではありません。

8 InstantGo またはデバイス暗号化 HCK テストに対応したデバイスが必要です。

9 TPM ベースのキー保護には TPM 1.2 以降が必要です。

10 一部の機能にはブロードバンド インターネット接続が必要です。通信にかかる費用はお客様のご負担になります。ゲーム録画を含む Xbox Live 機能は、Xbox Live サービスが提供される国と地域 (xbox.com/live/countries をご覧ください) でサポートされるゲームにのみご利用いただけます。2016 年現在、クロス デバイス プレイ対応のゲームの数には限りがありますが、今後追加予定です。ストリーミングの接続先デバイスは一度に 1 台です。Xbox One からのマルチプレイのストリーミングには、ご自宅でのネットワーク接続と Xbox Live ゴールド メンバーシップ (別売り) が必要です。Xbox One でのマルチプレイとパーティー チャットにもゴールド メンバーシップが必要です。DirectX 12 のご利用には、対応しているゲームとグラフィック チップが必要です。ゲーム録画機能はサポート対象のハードウェアでのみご利用いただけます。互換性など、インストールにあたっての重要な情報については、デバイスの製造元の Web サイトをご覧になるか、Windows 10 の仕様に関するページをご覧ください。デバイス、ゲーム、アクセサリ、メディア コンテンツは別売りです。

11 すべての MDM 機能が Home SKU で利用できるわけではありません。MDM には、Microsoft Intune やその他のサード パーティのソリューション (別売り) などの MDM 製品が必要です。

12 別途、Azure Active Directory Premium のサブスクリプションが必要です。

13 一部の国と地域でご利用いただけます。国と地域によって、またはデバイスによって、ご利用いただけない機能やアプリがあります。

14 別途、Azure Active Directory のサブスクリプションが必要です。

* Windows デバイス正常性構成証明は、モバイル デバイスの管理ソリューション (例: Microsoft Intune) や他の種類の管理システム (例: SCCM) によって実現する可能性のある条件付きアクセス シナリオで使用することができます。