Surface Go と Surface Studio

Windows 10 Home と Pro の違い

Windows 10 Home と Windows 10 Pro の機能比較表をご用意しました。ニーズに合ったエディションをお選びください。

Windows セキュリティ

Windows 10には、ユーザーIDやデバイス、情報を保護する包括的なソリューションが実装されています。

 | 

Windows セキュリティ
機能Windows 10 HomeWindows 10 Pro

Windows Hello は、顔認証、指紋、または PIN を使用して、互換性のある Windows デバイスのロックを解除するための高速で安全な、パスワードなしの手段です。

デバイスの暗号化は、さまざまな Windows デバイスで利用でき、データを暗号化することでデータを保護するのに役立ちます。デバイスの暗号化をオンにすると、承認された個人だけデバイスとデータにアクセスできるようになります。

Windows デバイスには、ファイアウォールやインターネットの保護機能を含む包括的なセキュリティ機能が組み込まれており、ウイルス、マルウェア、ランサムウェアから保護します。

Windows セキュリティのアプリとブラウザの制御は Windows Defender SmartScreen の設定を提供します。これにより、デバイスは危険な可能性のあるアプリ、ファイル、Web サイト、ダウンロードから守られます。

スクリーン タイムを管理し、成人向けコンテンツへのアクセスを制限し、家族の Microsoft アカウントに接続するときのオンライン購入を管理し、家族のデバイスが安全で最新のものであることを確認します。

セキュア ブートは、システムの起動プロセス中に悪意のあるソフトウェア アプリケーションや不正なオペレーティング システムが読み込まれるのを防ぐのに役立ちます。

デバイスが紛失または盗難にあった場合、BitLocker と BitLocker To Go がすべてをロックダウンするため、他のユーザーはシステムやデータにアクセスできません。

WIP は、従業員のエクスペリエンスを妨げることなく、潜在的なデータ漏洩から保護するのに役立ちます。WIP はまた、環境や他のアプリに変更を加えることなく、従業員が職場に持ち込む企業所有のデバイスや個人用デバイスでの偶発的なデータ漏洩から企業のアプリやデータを保護するのに役立ちます。

Windows Defender ウイルス対策は、クラウドの機能、広域光学系、機械学習、および行動分析を使用して、デバイスを新たな高度な脅威から保護します。

Windows の基本機能

Windows 10 では、毎年、春と秋に機能更新プログラムを提供しています。最新機能をご利用頂くための追加費用は必要ありません。+

 | 

Windows の基本機能
機能Windows 10 HomeWindows 10 Pro

メモを取る、ページをめくる、絵を描く、いたずら書きをする、編集する、作成する。デジタル ペンでできることを向上しましょう。6

Windows 10 用に構築されたブラウザである Microsoft Edge を搭載したデバイス間で、閲覧を速くし、7 8電池の寿命をより長くします。8 9

Cortana にお願いしましょうPC やモバイルデバイスのこのデジタル アシスタントを利用すると、会議のスケジュールを設定したり、予定に向けて出発するタイミングを通知したり、天気、ニュース、交通状況を確認したりできます。

バックグラウンド アクティビティを制限して通知をプッシュすることで、バッテリ寿命を延ばします。

PC 上の Android スマートフォンのテキストや写真に瞬時にアクセスしたり、11 iPhone を接続してシームレスなブラウジング、カレンダー、アプリの体験を楽しんでください。12

コンピューターに向かって話すことにより、時間と両手を開放しましょう。情報やリマインダーを入手したり、音楽を聴いたり、メールやカレンダーを管理したりしてください。13

企業システムに必要な管理と展開

セキュリティや生産性、IDやデバイスの管理機能が内蔵されています。

 | 

ビジネス - 管理と展開
機能Windows 10 HomeWindows 10 Pro

Windows 10 モバイル デバイス管理 (MDM) は、従来の PC 管理プロセスに代わるものです。自分のペースでクラウドベースの管理に移行できます。

Windows 10 Pro を Windows Server と組み合わせると、PC、ユーザー アカウント、グループを管理し、簡単にファイルやプリンターにアクセスすることができます。**ユーザーやデバイスのために、具体的なセキュリティやネットワークのポリシーを定義することもできます。

Azure AD Premium またはEnterprise Mobility + Security (EMS) ライセンスを取得している組織であれば、Enterprise State Roaming を使用することで、Windows デバイス間で統一されたエクスペリエンスをユーザーに提供し、新しいデバイスの構成に必要な時間を短縮できます。

大量の Windows 10 デバイスに対して、アプリの検索、管理、配布を一カ所で全て行うことができます。

割り当てられたアクセスでは、Windows 10 Pro デバイスはユーザーに応じて異なるアプリケーションを実行し、個々の ID を別々にして保護します。

動的プロビジョニングを使用すると、最小限の時間と労力で、新しい PC を箱から出してすぐの状態で、電源を入れ、生産的な組織デバイスに変えることができます。

Windows Update for Business を使用すると、管理コストの削減、更新プログラムの展開の管理、効率化された更新プログラムの配信、Microsoft による最新の革新技術へのアクセスが企業に提供されます。

非常に簡単な方法でデバイスをキオスク・モードで設定します。これは、デバイス上でローカルに実行することも、モバイル デバイス管理を使用してリモートで実行することもできます。

ドメイン参加とグループ ポリシー: Windows 10 Pro を Windows Server と組み合わせると、IT スタッフが、PC、ユーザー アカウント、グループ、セキュリティ ポリシーを管理し、簡単にファイルやプリンターにアクセスすることができます。**ユーザーやデバイスのために、具体的なセキュリティやネットワークのポリシーを定義することもできます。

従業員は、Windows 10、Office 365、***、および他の Microsoft サービスにまたがって単一のログインを使用できます。ログオンとパスワードの管理が容易になります。共有ログオンは、最小限の IT の関与で、PC、タブレット、および電話で機能します。

クリエイティブを楽しむ

写真を編集して、プレゼンをブラッシュアップする。Windows 10 には、クリエイティブなことを楽しめるアプリが標準で用意されています。

効率化と省エネルギー

Windows 10 には、本来やるべきことに集中するために生産性を上げるためのアプリや機能が標準で搭載されています。

白いテキストのある灰色のボックス

タイムライン

作業を30日間さかのぼって、文書や Web サイトにアクセスできます17

音声、ペン、タッチ

ユーザーと Windows 10 PC との新しいインターフェイス

デジタル ペンを搭載した Windows 10 コンピューター
Windows Hello サインイン画面

Windows Hello

顔や指紋の生体情報で、あっという間にデバイスにログインできます。*

白いテキストのある灰色のボックス

ゲーミング PC

お気に入りのゲームを Windows 10 でプレイ

両方のデバイスにスタート画面が表示されている Windows 10 デスクトップコンピュータの横にある Windows 10 2in-1

コンピューターは Windows 10 に対応していますか?

Windows 10 の機能は、最新の PC で最もよく体験できます。いくつかの質問に答えるだけで、現在のPCがWindows 10 に対応しているかどうかを確認できます。

Windows 10 を入手

スピード、セキュリティ、耐久性、優れたデザイン。これらすべてが本当に手に入ります。

Windows 10 PC

新しい Windows 10 デバイスを入手する

デバイスを購入する
付箋付きの Cortana リマインダー付箋付きの Cortana リマインダー付箋付きの Cortana リマインダー付箋付きの Cortana リマインダーWindows 10 Pro および Windows 10 Home の OS の製品イメージ

Windows 10 の OS を入手する

Windows 10 ProWindows 10 Home

1 Windows Hello を利用するには、指紋リーダーや顔認識センサーなどの生体認証センサーを搭載した特別な生体認証ハードウェアが必要です。Windows Hello 識別情報キーのハードウェア ベースの保護には、TPM 1.2 以降が必要です。TPM が存在しない場合や構成されていない場合は、識別情報/キーの保護はソフトウェアベースで行われます。

2 最新のハードウェア (InstantGo/AOAC/HSTI 準拠) が必要です。デバイスの暗号化の詳細については、この 文書 を確認してください。

3 TPM ベースのキー保護には TPM 1.2 以降が必要です。

4 Windows 情報保護が Windows 10 Pro の設定を管理するには、モバイル デバイス管理 (MDM) または System Center Configuration Manager が必要です。Active Directory を使用すると管理が容易になりますが、必須ではありません。

5 Windows 情報保護は Home エディションでの使用でのみモバイル アプリケーション管理 (MAM) をサポートします。

6 ペン操作対応のタブレットまたは PC が必要です。ペン アクセサリは別売りの場合があります。

7 Microsoft Edge 18 に対する Chrome 69 および Firefox 62 を使用して Jetstream 1.1 テストに基づきパフォーマンスを要請します。このパフォーマンスの要請の詳細については、 ここに移動してください。

8 Windows 以外のデバイスでは、可用性や機能が異なっている場合があります。

9 平均時間に基づきます。バッテリー駆動時間は、設定、使用方法、その他の要素によって大きく異なります。このバッテリー駆動時間の要請の詳細については、 ここに移動してください。

10 Cortana は一部の国と地域でのみご利用いただけます。ご利用いただける機能が国や地域、デバイスによって異なる場合があります。

11 ユーザーは、PC 設定で自分の Android のスマートフォンを使っている Windows PC にリンクする必要があります。ユーザーは、Android のスマートフォンに Microsoft からアプリをダウンロードしてから、モバイル アプリと Windows 10 PC で同じ Microsoft アカウントにサインインするなど、セットアップの指示に従います。

12 ユーザーは、PC 設定で自分の iPhone を使っている PC にリンクする必要があります。ユーザーは、iPhone に Microsoft からアプリをダウンロードしてから、セットアップの指示に従います。

13 ハードウェアに依存します。ファーフィールド機能をサポートする限られたデバイスでのみ使用できます。Cortana Notebook でメール アカウントを接続します。Outlook.com、Office 365、Gmail で動作します。Office 365 にはサブスクリプションが必要です。

14 すべての MDM 機能が Home SKU で利用できるわけではありません。MDM には、Microsoft Intune やその他のサード パーティのソリューション (別売り) などの MDM 製品が必要です。

15 別途、Azure Active Directory Premium のサブスクリプションが必要です。

16 一部の国と地域でご利用いただけます。国と地域によって、またはデバイスによって、ご利用いただけない機能やアプリがあります。

17 ユーザーが Microsoft アカウントにサインインしたときに、タブレットや携帯電話で行われたアクティビティを含む過去 3 ~ 5 日間のアクティビティがタイムラインに表示されます。最大 30 日間までのアクティビティを確認するには、設定で本オプションを選択する必要があります。一部の国と地域でのみご利用いただけます。機能はデバイスによって異なります。

* パスワードをキーボードで入力した場合の平均所要時間と、顔または指紋が検出されて認証が完了するまでの平均所要時間を比較した結果に基づいています。指紋リーダーや顔認識センサーなどの生体認証センサーを搭載した特別なハードウェアが必要です。

+ 継続的な更新には追加の要件が適用される場合があります。

** 別売りです。

*** Office 365 サブスクリプションは別売です。