Windows vista まるわかりガイド Windows メール で快適コミュニケーション編まずはアカウントを設定してみよう!
ここでは、ユーザー 1 人 1 人にアカウントを作成する手順を紹介します。Windows Vistaをインストールした初期の状態では、ユーザーは管理者アカウントが 1 つあるだけです。ユーザーごとの使い分けを行うためには、利用するユーザーと同じ数だけアカウントを作成しておきましょう。アカウントの作成は、[コントロール パネル] から、以下の手順に従って行っていきます
アカウントを設定しよう

Windows Vista のタスク バーからスタート メニューを呼び出し [コントロール パネル] を選択します
コントロール パネルのウィンドウが開いたら [ユーザー アカウントと家族のための安全設定] をクリックします

次に [ユーザー アカウントの追加または削除] をクリックします。ここで [ユーザー アカウントの制御] という警告が出たら [続行] ボタンを押し、次の画面に進みます

[アカウントの管理] というウィンドウが開きます。ここで [新しいアカウントの作成] をクリックします。

作成したいユーザー アカウントの名前を入力します。その後、作成するユーザーの種類を選択します。[標準ユーザー][管理者] *のチェック ボックスをどちらかを選択し、[アカウントの作成] ボタンをクリックします。

*
標準ユーザー
通常のアプリケーション類を利用できるアカウントです。標準アカウントでは、システムに重大な影響をもたらす設定などを行うには、管理者ユーザーによる許可が必要です。

管理者ユーザー
パソコンのシステムに重要な影響をもたらすソフトやハードのインストール、設定の変更などの作業を行う権限を持っているユーザーです。

アカウントが作成されました。

パスワードを設定する

パスワードを設定したいアカウント名をクリックします。

[アカウントの変更] ウィンドウから、[パスワードの作成] をクリックします

パスワードを忘れてしまった時のために、パスワードのヒントを入力します。ヒントは他のアカウントすべてに公開されます。

アカウントのアイコンの横に [パスワード保護] と表示され、パスワードが設定が完了しました。

トップへますはアカウントを設定してみようどんな時に警告がでるの?警告が出た場合どうすれば良いの?

トップへ戻る