Windows 7 のダウングレード権 (旧バージョンソフトウェアの使用) について

ダウングレード権とは?

ダウングレード権は、OEM 版製品、DSP 版製品および、ボリュームライセンス版 Windows 7 エンド ユーザー ライセンス条項 (EULA) に基づくエンドユーザーの権利です。エンドユーザーは Windows 7 のライセンスにより、特定の過去のオペレーティングシステムに ダウングレードを行う権利を取得します。 ダウングレード権は以下ライセンス・エディションに付帯しています。これ以外の OEM 版製品や一般に店頭等で販売されているパッケージ版製品、また他のバージョンには含まれておりません。

  • コンピュータにプレインストールされた OEM 版 Windows 7 Professional 、Ultimate
  • DSP 版製品 Windows 7 Professional、Ultimate
  • ボリュームライセンスプログラムにおける Windows 7 Professional 以上をお持ちのお客様

OEM 版 ・ DSP 版ライセンスでのダウングレードに関するサポートの詳細は、各 PC メーカーにお問合せください。ボリュームライセンスのメディアを使用してダウングレードした場合は、マイクロソフトの有償サポートをご利用いただけます。

ダウングレードに関する制約事項

1. ダウングレード可能なオペレーティングシステム

  • コンピュータにプレインストールされた OEM 版 Windows 7 Professional、Ultimate、DSP 版製品を購入された場合、以下の旧バージョンにダウングレードすることができます。
    ダウングレード可能なオペレーティングシステム

    • ダウングレードする際には、同一エディション ・ 同一言語へのダウングレードのみ可能です。
    • ダウングレード OS と、Windows 7 を両方同時に使用することはできません。どちらかの OS をインストールして、ご使用ください。また、ダウングレード後は、いつでも Windows 7 に戻すことが可能です。
      * Windows 7 Home Premium、Starter は、ダウングレード権を付帯していません。

    【Windows Vista】

    • Windows Vista Business
    • Windows Vista Business x64 Edition
    • Windows Vista Ultimate
    • Windows Vista Ultimate x64 Edition

    【Windows XP】

    • Windows XP Professional
    • Windows XP Professional x64 Edition
    • Windows XP Tablet PC Edition

* Windows XP Home , Windows Vista Home Premium、Basic にダウングレードすることはできません。

  • Windows 7 ダウングレード権の期日変更について
    2010年7月12日(米国時間)、OEM 版 Windows 7における、Windows XP Professionalへのダウングレード権が許諾される期間が下記のように変更されることが発表されました。
    [変更前]: Windows 7出荷後18か月または Windows 7 SP1の提供のどちらか早い方
    [変更後]: OEM 版 Windows 7 の提供が終了するまで

    * OEM 版 Windows 7 の提供終了時期は、PC メーカーから Windows 7 の出荷が終了する日を指し、通常の規定では 最新 OS 提供から 2 年間を最長としております。

  • ボリュームライセンスプログラムにおける Windows 7 Professional 以上をお持ちのお客様は以下のオペレーティングシステムにダウングレードする権利があります。

    • Windows Vista Business
    • Windows XP Professional
    • Windows 2000 Professional
    • Windows NT Workstation 4.0 or 3.5
    • Windows 98 (Second Edition 含む)
    • Windows 95

なお、Software Assurance を通して Windows 7 Enterprise、Windows 7 Ultimate をお使いのお客様のダウングレードの権利は Windows 7 Professional のダウングレード対象 OS に準拠します。Windows 7 Enterprise、Windows 7 Ultimate の Multi User Interface (MUI / 多言語版) のお客様は、Windows 7 Enterprise、Windows 7 Ultimate に代えてダウングレード対象 OS のMulti User Interface (MUI /多言語版) をご使用いただく事が可能です。




2. ダウングレードの行使と利用可能メディア

ダウングレード権を行使し、特定の過去の OS をインストールするには、正規版メディア・対応するプロダクトキーを使用する必要があります。

■ ダウングレード権行使が許諾されているメディアと入手方法

  • 1)PCメーカーより出荷された PCに 添付されていたバックアップメディア・ダウングレード用メディア
    ※ただし、ライセンスは許諾されますが、技術的にBIOSロックやデバイスドライバなどの技術的問題があるケースがありますので、各 PC メーカーへお問い合わせください。
  • 2)一般に店頭等で販売されていたパッケージ版メディア
    ※ただし、既にライセンス認証済みのメディアを利用すると、オンラインでの認証ができません。
    ライセンス認証窓口へ電話いただきライセンス認証をしてください。
  • 3)マイクロソフトが提供するボリューム ライセンス メディア
    ボリューム ライセンス契約を保持しているユーザーが利用可能です。

    Select 契約、EA契約保持のユーザー
    ・ クライアント Windows ライセンス購入なしに、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC)からダウンロード可能です。
    ・ ライセンス キー は、ライセンス認証専用窓口までお電話のうえ、キーの発行を依頼

    Open ライセンス契約 ユーザー
    ・ クライアント Windows ライセンスを最低1ライセンスが必要です。 ライセンス購入後、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) からダウンロード可能です。
    ・ ライセンス キー は、ライセンス認証専用窓口までお電話のうえ、キーの発行を依頼

3. Windows XP Professionalプリインストール PCの 出荷期限について

PCメーカーからの「Windows 7 Professional、または Windows Vista Businessのダウングレード権を行使した 「Windows XP Professional プリインストール PC」 の出荷、および、ダウングレード用メディアを同梱した PC の出荷は、2010 年 10 月 22 日までとなります。
詳細は、各 PC メーカーへお問い合わせください。