メール環境をアップグレードして、快適メール生活 Windows 7 でメールを快適に使おう

Windows XP の Outlook Express や、Windows Vista の Windows メールで使用していたデータは、Windows 7 に引き継ぐことができます。引き継ぎの対象となるデータは、メール、アドレス帳、アカウント設定情報です。なお、初期状態の Windows 7 ではメール ソフトである Windows Live メールがインストールされていません。(※ 一部のメーカーのパソコンではあらかじめ、Windows Live メールがインストールされています) そのため、ここでは Windows Live メールの利用を開始する方法を解説するとともに、Outlook Express や Windows メールから、Windows Live メールへスムーズに移行する方法をご紹介します。 この方法で行わないと、正しく引き継げない場合がありますので、ご注意ください。

まずは下記の図を参考に、ご自分の環境にあったメール移行の手順を確認してください。ここでご紹介する手順は下図の赤枠部分です。アップグレードの手順や、Windows 転送ツールの利用方法は、 Windows 7 アップグレード徹底ガイドを参照してください。

※ Windows XP をご利用中のお客様:
本手順ではアドレス帳の移行を行えません。
データ移行手順書(PDF | XPS)を参考に個別にデータの移行をお願いいたします。
------------------------------------------------
※ Windows Vista SP1 以降をご利用中のお客様:
Windows 転送ツールが、Windows Vista SP1 以降に対応した Windows Live メールに対応していない為、
本手順ではアドレス帳とメールデータのバックアップおよび移行を行えません。
データ移行手順書(PDF | XPS)を参考に個別にデータの移行をお願いいたします。

1.Wndows 7 搭載パソコンを新しく買った場合 (パソコンが新旧 2 台の場合) 、現在お使いのパソコンのメール ソフト (Outlook Express / Windows メール) を Windows Live メールにアップグレードしてください。古いパソコンに Wndows 7 搭載パソコンをアップグレードインストールする場合 (パソコンが 1 台の場合) 、新規インストール (カスタム) をする場合は現在お使いのパソコンのメール ソフト (Outlook Express / Windows メール) を Windows Live メールにアップグレードしてください。アップグレード (上書きインストール) の場合、Windows 7 の DVD に入っている Windows 転送ツールでデータをバックアップしてください。2.Windows 7 の DVD に入っている Windows 転送ツールでデータをバックアップしてください。3.Windows 7 で Windows Live メールを初めて起動!

※省略可。ただし、大事なデータを守るため、バックアップは取っておくようにしましょう。

Windows 7 の Windows Live メール を利用するにあたっての注意事項
  • メーカー製パソコンでは、Windows Live メールがあらかじめインストールされている状態で出荷される場合があります。その場合も、以前のメール データを移行してから Windows Live メールを起動してください。
  • Windows 7 にインストールした Windows Live メールは、初回に起動した際に、以前のメール関連のデータを読み込みます。そのため、必ず転送ツールでの作業を終えてから、Windows Live メールを起動してください。
  • 万が一、Windows Live メールをデータの転送前に起動するなど、上記と異なる手順を行って、移行がうまくいかなかった場合には、Windows 7 へのメール データ移行手順書 (PDF | XPS) でデータを個別に移行させる方法をご参照ください。
起動する前にきっちりデータを移しておこう !
Windows Live メールと Windows メール、Outlook Express、Outlook 2007 ではどう違うの?

Windows 7 の新しい メール環境 Windows Live メールでは、Outlook Express 6.0 や Windows メール に比べて、複数でのアカウント機能やスケジュール機能、RSS 機能など数多くの機能が加わり、インターネットを快適に楽しむ環境がさらに強化されています。有料の Office Outlook 2007 は、To Do の管理や添付ファイルをプレビューする機能など、ビジネスでメールを使うために便利な機能が充実しています。家では Windows Live メール、仕事では Office Outlook 2007 という使い分けがおすすめです。

  •  
  • Outlook Express 6.0 (SP 2 適用済み)
  • Windows メール
  • Windows Live メール
  • Office Outlook 2007
  • スケジュール管理
  • 未対応
  • 対応
  • 複数アカウント
  • RSS 購読
  • Windows Live Messenger との連携
  • 高いセキュリティのメール (APOP、POP over SSL)
  • クイック検索
  • 迷惑メールフィルタ
  • フィッシング フィルタ
  • アドレス帳と連絡先フォルダ
  • ニュース グループ機能
  • 添付ファイルを自動的に削除する
  • 添付ファイルを開こうとする際にメッセージを出す
  • 迷惑メールの自動処理
  • HTML メール内の画像および外部コンテンツ ブロック
  • 送信時の添付ファイルの確認
  • ToDo バーを活用して仕事の優先順位の管理
  • 添付ファイル プレビュー
  • 機密情報の配布の制御
  • 無料 / 有料
  • Windows Live メールでは新たに複数アカウント機能やスケジュール機能、RSS 機能などが加わりました !
  • Windows メール以降はセキュリティと使い勝手が向上しています
  • To Do の管理やさらなるセキュリティ、効率的な操作なら Outlook 2007 が便利 !

※1 APOP には未対応

※2 Windows メール または Windows Live メールをインストールしている場合に利用可能

  • ○画像対応
  • △画像一部対応
  • ×画像未対応
現在お使いのメール ソフトを Windows Live メールにアップグレードする方法
ステップをおさえて、スムーズに移行しましょう

Windows 7 での新しいメール環境、Windows Live メールへアップグレードする方法は、現在、お使いのメール環境により異なります。
ここでは Windows XP で Outlook Express を利用している場合と、Windows Vista 環境で Windows メールを利用している場合のアップグレードの方法を解説いたします。

  • 上記の作業を終えたら…
  • 使っているメール ソフトは Windows Live メール? Outlook Express?

    現在お使いのメール ソフトを確認するには、お使いのメール ソフトを起動し、ウィンドウ最上部のタイトル バー部分に表示されているソフト名を確認してみましょう。