最新情報
導入ガイド
その他のリソース
Office 2003 Editions リソース キット >  メッセージング >  ウイルス感染防止のための Outlook 2003 カスタマイズ

Outlook 2003 で制限される添付ファイルの種類

発行 : 2004 年 1 月 30 日  

Microsoft® Outlook® では、既定でアクセス可能なファイルは特定の電子メール添付ファイルだけに制限されています。Outlook は、添付ファイルの種類をチェックして、そのファイルをブロックするかどうかを決定します。完全にブロックできるファイルの種類 (レベル 1) と、ディスクに保存した後で開くことができるファイルの種類 (レベル 2) があります。

既定では、いくつかのファイルの拡張子がレベル 1 に分類され、その拡張子を持つファイルの受信はブロックされます。既定でレベル 2 に分類されているファイルの種類はありませんが、Outlook セキュリティ テンプレートを使用してレベル 2 とするファイルの種類のリストを作成できます。ファイルの種類をレベル 1 からレベル 2 に格下げしたり、レベル 2 のリストに他のファイルの種類を追加したりすることが可能です。

なお、利用制限される添付ファイルの種類に関する最新情報は、以下の Office Online 上の情報をご確認ください。

利用制限される添付ファイルの種類

このページのトップへ

Outlook がブロックするレベル 1 のファイルの種類

次の表は、Microsoft Office Outlook 2003 の既定のインストールでブロックされるレベル 1 のファイルの種類を一覧したものです。この既定のリストに対してファイルの種類を追加または削除するには、Outlook セキュリティ テンプレートの [Outlook セキュリティ設定] タブを使用します。

ファイル拡張子 ファイルの種類
.ade Microsoft Access プロジェクト エクステンション
.adp Microsoft Access プロジェクト
.app Microsoft FoxPro で作成されたアプリケーション
.bas Microsoft Visual Basic® クラス モジュール
.bat バッチ ファイル
.chm コンパイル済み HTML ヘルプ ファイル
.cmd Microsoft Windows NT® コマンド スクリプト
.com Microsoft MS-DOS® プログラム
.cpl コントロール パネル
.crt セキュリティ証明書
.csh Unix シェル スクリプト
.exe 実行可能ファイル (プログラム)
.fxp Microsoft FoxPro® ファイル
.hlp ヘルプ ファイル
.hta HTML プログラム 
.inf セットアップ情報
.ins インターネット ネーム サービス
.isp インターネット通信設定
.js Jscript® ファイル
.jse Jscript エンコード スクリプト ファイル
.ksh Unix シェル スクリプト
.lnk ショートカット
.mda Microsoft Access アドイン プログラム
.mdb Microsoft Access プログラム
.mde Microsoft Access MDE データベース
.mdt Microsoft Access ファイル
.mdw Microsoft Access ファイル
.mdz Microsoft Access ウィザード プログラム
.msc Microsoft 共通コンソール ドキュメント
.msi Windows インストーラ パッケージ
.msp Windows インストーラ形式の修正プログラム
.mst Visual Test ソース ファイル
.ops FoxPro ファイル
.pcd Photo CD イメージまたは Microsoft Visual Test コンパイル済みスクリプト
.pif MS-DOS プログラムへのショートカット
.prf Microsoft Outlook プロファイル設定
.prg FoxPro プログラム ソース ファイル
.reg レジストリ エントリ
.scf Windows エクスプローラ コマンド ファイル
.scr スクリーン セーバー
.sct Windows® スクリプト コンポーネント
.shb ドキュメントのショートカット
.shs スクラップ オブジェクト
.url インターネット ショートカット
.vb VBScript ファイル
.vbe VBScript エンコード スクリプト ファイル
.vbs VBScript ファイル
.wsc Windows スクリプト コンポーネント
.wsf Windows スクリプト ファイル
.wsh Windows スクリプト ホスト設定ファイル
.xsl スクリプトを保存できる XML ファイル

このページのトップへ

Outlook がブロックするレベル 2 のファイルの種類

既定でレベル 2 に分類されているファイルの種類はありませんが、導入時にレベル 2 とするファイルの種類のリストを独自に作成することができます。レベル 2 に属するファイルの種類は Outlook 2003 の既定のインストールでは制限を受けるため、ディスクに保存してからでなければ開くことができません。レベル 2 のファイルを電子メール メッセージのアイテムから直接開くことはできません。

管理者は、Outlook セキュリティ テンプレートの [Outlook セキュリティ設定] タブを使用して、レベル 2 に属するファイルの種類を追加したり削除したりすることができます。また、Level1Remove レジストリ キーを使用して、添付ファイルの種類をレベル 1 からレベル 2 に格下げすることもできます。Level1Rsemove レジストリ キーの設定の詳細については、「管理者定義の設定とユーザー定義の設定」を参照してください。