コース 50287A:

マイクロソフト仮想化技術概要 (Version 2)

コース日数:1 Days
交付日:2010年9月1日
言語:日本語
受講対象者:IT Professionals
レベル:200
テクノロジ:Windows Server 2008
トレーニング タイプ:Course
トレーニング方法:Intructor-led (classroom)
このコースについて
Course retirement date: November 30, 2012
For a complete list of courseware retirements, see:
www.microsoft.com/learning/en/us/training/retired-courseware.aspx
 
本コースの標準実施時間は、約 3 時間半です。
このコースでは、マイクロソフト技術によるサーバー仮想化機能に概要について紹介します。本コースを修了することで、サーバー仮想化が効果的な状況を識別し、必要なハードウェアとソフトウェアを選定できるようになります。
受験対象者のプロファイル
このコースはサーバー仮想化に興味のあるエンジニア、営業担当者、ビジネスマネージャを対象としています。
このコースの目標
このコースを修了すると、次のことを習得できます。・サーバー仮想化の利点と制約を識別する。・効果的なサーバー仮想化インフラを計画する。・サーバー仮想化インフラを効率よく管理するための製品を識別する。
コース概要セクション 1: サーバー仮想化を巡る現状レッスン
  • 仮想化の要求
  • 仮想化の利点
  • サーバー仮想化の問題点と解決策
  • サーバー仮想化の利用分野
セクション 2: サーバー仮想化を支える技術レッスン
  • CPU の仮想サーバー支援機能
  • 高速ストレージ
  • フェールオーバー クラスタ
セクション 3: マイクロソフトの仮想化製品概要レッスン
  • サーバー仮想化のアーキテクチャ
  • サーバー仮想化: Virtual Server と Hyper-V
  • デスクトップ仮想化
  • プレゼンテーション仮想化
  • アプリケーション仮想化: Application Virtualization
セクション 4: サーバー仮想化を支える製品レッスン
  • System Center ファミリ
  • System Center Virtual Machine Manager (SCVMM)
  • System Center Operations Manager (SCOM)
  • System Center Configuration Manager (SCCM)
  • System Center Data Protection Manager (DPM)
このコースの受講者は、次の前提条件を満たしている必要があります。
  • Windows Server 2008 R2 のインストールと構成に関する基本的な知識がある。
  • Active Directory ドメインに関する基本的な知識がある。
お問い合わせMCPニュースグループでは、同じ職種の仲間と知り合い、トレーニングや認定試験に関する情報を交換することができます。

Microsoft Learning コミュニティ ページは、お勧めのフォーラムやライブ ミーティングの予定が表示されています。


最寄のトレーニング会場を探す

地域:

例: Seattle, WA または Paris, France