Silverlight をインストールするには、ここをクリックします*
Japan変更|サイトマップ
Microsoft Japan Home

Microsoft® カスタマ エクスペリエンス向上プログラムのプライバシーに関する声明

最終更新日: 2009年2月1日

マイクロソフトはプライバシーの保護に万全を期しています。このプライバシーに関する声明では、マイクロソフト カスタマ エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) に参加し、マイクロソフトへの送信を選択したレポートのデータ収集と利用方法について説明します。この声明は他のオンラインまたはオフラインのマイクロソフトのサイト、製品、サービスには適用されません。

情報の収集と利用

参加すると、プログラム、コンピュータまたはデバイス、および接続されているデバイスの利用状況に関する基本情報が収集されます。また、それぞれの設定とパフォーマンスに関する情報も収集されます。これらのレポートはマイクロソフトに送信され、お客様が最もよくご使用になる機能の品質を向上し、一般的な問題を解決するために役立てられます。

カスタマ エクスペリエンス向上プログラムへの参加は、通常は製品の最初のインストール時に選択します。参加の開始または停止を後で変更するには、ほとんどのマイクロソフト製品では [ヘルプ] メニューから [カスタマ フィードバック] オプションをクリックします (一部の製品では、[設定]、[オプション] などのメニューを確認する必要があります)。

一般に CEIP レポートには以下の情報が含まれます。

構成 : コンピュータのプロセッサ数、使用しているネットワーク接続の数、実行しているオペレーティング システム、表示デバイスの画面の解像度、コンピュータとメディア プレーヤー デバイスの間のワイヤレス シグナルの強さ、Bluetooth ワイヤレス テクノロジまたは High-Speed USB 接続などの機能が有効になっているかどうかなどの情報です。

パフォーマンスと信頼性 : ボタンをクリックした時のプログラムの応答速度、プログラムやデバイスで発生した問題の数、ネットワーク接続で情報が送受信される速度などの情報です。

プログラムの利用状況 : 最も頻繁に使用する機能、プログラムを起動する頻度、普段デスクトップに作成しているフォルダの数などの情報です。

ソフトウェアのインターネット対応の機能によって、お客様のコンピュータに関する情報 (標準的なコンピュータ情報) を、お客様が参照した Web サイトおよびお客様が使用した Web サービスに送信します。一般的に、この情報は個人を特定できるような情報ではありません。標準的なコンピュータ情報には、一般的に、IP アドレス、オペレーティング システムのバージョン、Web ブラウザのバージョン、ハードウェア ID (デバイスの製造元、デバイス名、およびバージョンを示す)、地域と言語の設定など、コンピュータのソフトウェアとハードウェアに関する特定の情報が含まれます。CEIP レポートがマイクロソフトに送信されるたびに、これらの標準的なコンピュータ情報も送信されます。ただし、マイクロソフトは CEIP レポートの送信元の IP アドレスは保存しません。

CEIP ではグローバル一意識別子 (GUID) が生成され、コンピュータを一意に識別するためにそのコンピュータに保存されます。GUID はランダムに生成された番号で、個人情報は含まれません。また、お客様の特定には使用されません。CEIP では受信するフィードバックの範囲やその重要度を判断するために GUID を使用します。たとえば、マイクロソフトは GUID を使用して、ある問題が 100 回起こっているお客様と、同じ問題が 1 回だけ起こっているお客様を区別できます。GUID はコンピュータに保存され、CEIP レポートと共に毎回送信されます。CEIP レポートにお客様の連絡先情報 (名前、住所、電話番号など) を意図的に含めることはありません。ただし、一部のレポートには、お客様のコンピュータに接続されているデバイスのシリアル番号など、GUID 以外の個人識別子が意図せず含まれる可能性があります。マイクロソフトは、CEIP レポートに含まれる情報をフィルタリングして、含まれている可能性がある個人識別子を削除することに努めます。

マイクロソフトは CEIP 情報を利用してソフトウェアの品質を向上します。CEIP 情報をパートナー企業と共有することがありますが、情報を使用してお客様の特定はできません。

マイクロソフトが収集した情報、またはマイクロソフトに送信された情報は、マイクロソフト、その系列会社、現地法人、またはエージェントが設備を管理している米国またはその他の国で、格納および処理される場合があります。マイクロソフトは法律に基づき開示しなければならない場合、または開示行為が必要であると合理的に判断できる以下の場合に、個人情報を開示することがあります。(a) マイクロソフトまたは当サイトに対する法の要請または法的手続きに応じる場合、(b) マイクロソフトおよび一連の Web サイトの権利や財産を保護または防御する場合、(c) マイクロソフトの従業員やエージェント、マイクロソフトの製品やサービスのユーザー、または公衆の安全を確保するために緊急に行動する場合。マイクロソフトは、カスタマ サポートの提供、トランザクションの処理、レポートの統計分析の実施など、限定的なサービスを代理で提供するため、他の企業と契約する場合があります。この場合、業務に必要な情報だけをその企業に提供します。その企業はこの情報の機密を保持する義務があり、他の用途に使用することは禁止されています。

セキュリティ

マイクロソフトは収集した情報のセキュリティ保護に万全を期しています。CEIP では、承認されていないアクセス、使用、公開からレポートを保護するために、さまざまなセキュリティ技術と手法が使用されています。たとえば、お客様から提供された情報は、管理された施設内のアクセス制限のあるコンピュータ システムに保管されます。

プライバシーに関する声明の変更

マイクロソフトはこのプライバシーに関する声明を変更する場合があります。その場合は、このページのトップにある「最終更新日」が更新されます。このプライバシーに関する声明では、収集した情報を保護するためのマイクロソフトの方針をお伝えしています。定期的にご覧いただくことをお勧めします。

お問い合わせ

マイクロソフトでは、このプライバシーに関する声明についてのお客様のご意見、ご感想をお待ちしております。マイクロソフトがこのプライバシーに関する声明に従っていないと思われる場合は、電子メールまたは郵送でご連絡ください。マイクロソフトは商業的に合理的な範囲で直ちに問題の特定と解決に向けて努力します。

CEIP プライバシー
Microsoft Corporation
One Microsoft Way
Redmond, Washington 98052
電子メール : askceip@microsoft.com
お住まいの国または地域にあるマイクロソフトの子会社、関連会社の連絡先については、www.microsoft.com/worldwide を参照してください。