Silverlight をインストールするには、ここをクリックします*
Japan変更|サイトマップ
Microsoft Japan Home

Microsoft カスタマ エクスペリエンス向上プログラム

最終更新日: 2009年2月1日

マイクロソフトでは、お客様に最大限に活用していただける製品こそが最良の製品だと考えています。製品の設計を行うため、マイクロソフトでは、ユーザビリティのテスト、アンケート、フォーカス グループ、その他の実地調査を行い、お客様から直接フィードバックを集めています。

ただし、マイクロソフト製品をご使用いただいているお客様は数億人に上るため、すべてのお客様にご連絡を差し上げて直接フィードバックをいただくことは不可能です。カスタマ エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) は、すべてのお客様にマイクロソフト製品の設計と開発に関わっていただけるよう考案されました。

CEIP では、お客様のマイクロソフト ソフトウェアの使用状況と、使用中に起こった問題に関する情報を収集します。マイクロソフトはこの情報を元に、お客様が最もよく使用する製品と機能の品質を向上し、問題解決のサポートを行います。プログラムへの参加はまったくの任意ですが、お客様に参加していただくことによって、ソフトウェアの品質は向上し、よりいっそうニーズにあった製品となります。詳細については、次の「よく寄せられる質問」を参照してください。

よく寄せられる質問

CEIP はどのように実施されるのですか?
CEIP への参加を選択すると、ご使用のコンピュータまたはデバイスから、特定の製品の使用に関する情報が自動的にマイクロソフトに送信されます。ご使用のコンピュータから送信された情報は他の CEIP データと結合され、マイクロソフトはデータを参考に問題を解決し、お客様が最もよくご使用になる製品と機能の向上を図ります。

CEIP ではコンピュータ内のすべての製品に関する情報が収集されるのですか?
CEIP では、マイクロソフト製品に関する情報、およびマイクロソフト製品と情報をやりとりするサード パーティ製アプリケーションの限られた情報が収集されます。

参加した場合、スパムにアクセスされたり、スパムメールが届いたりしませんか?
いいえ。CEIP レポートには、名前、住所、電話番号など、お客様の連絡先情報は含まれません。アンケートへの参加をお願いしたり、迷惑メールを送信したりすることはありませんし、その他の方法による連絡も行いません。

注 : マイクロソフトは業界団体 Anti-Spam Technical Alliance (迷惑メール対策業界アライアンス: ASTA) のメンバーです。ASTA には AOL、Yahoo、EarthLink、Comcast、British Telecom などの企業が参加しています。このアライアンスは、不要な電子メール メッセージの削減に積極的に取り組んでいます。

マイクロソフトの迷惑メールへの取り組みについては、オンライン進行状況レポート (英語) を参照してください。

参加を選択した場合、後で取り消しはできますか?
はい。CEIP への参加オプションを備えたすべてのリリース済み製品では、いつでも参加を開始または停止できます。ほとんどのプログラムで CEIP オプションは [ヘルプ] メニューから選択できます。一部の製品では [設定]、[オプション]、[基本設定] などのメニューを確認する必要があります。開発中のプレリリース製品によっては、最終的なリリース製品で頻繁に使用される機能を向上させるため、またプレリリース ソフトウェアの一般的な問題を解決するのに役立てるため、CEIP への参加をお願いする場合があります。

カスタマ エクスペリエンス向上プログラムはスパイウェアなのですか?
いいえ。スパイウェアはユーザーにまったく気づかれないように、またはユーザーの同意なしにコンピュータ上で情報を収集したり動作したりするものです。CEIP はカスタマ エクスペリエンス向上プログラムのプライバシーに関する声明で説明されている活動以外の行為は行いませんし、いつでも参加を開始または停止できます。

ヒント : スパイウェアに対する不安がある場合は、マイクロソフトのセキュリティ At Home のスパイウェアに関する Web サイト (英語) でスパイウェア除去のための情報とツールを入手できます。

マイクロソフトに送信する前に情報を確認できますか?
申し訳ございませんが、次の 2 つの理由により情報の確認はできません。

カスタマ エクスペリエンス向上プログラムは多くのお客様の参加が可能なように設計されています。膨大な数のお客様によるデータ送信をサポートするため、収集された情報は、マイクロソフトのサーバーですべてのデータを効率的に処理できる形式で記録されます。この記録形式の性質により、情報の確認は多くのお客様にとって困難となっています。

CEIP を使用するアプリケーションからは、通常、アプリケーションの終了後にマイクロソフトのサーバーにデータが送信されます。アプリケーションの終了時に情報確認のダイアログが表示されてお客様の作業が中断されないように、データは自動的に送信されます。

こうした理由により、CEIP プログラムでは収集できる情報の種類と情報の利用方法に制限を設けています。カスタマ エクスペリエンス向上プログラムのプライバシーに関する声明では、収集できる情報の種類と、マイクロソフトによる情報の利用方法について説明しています。

CEIP で収集された情報が、十分に確認する機会を与えられないまま送信されてしまうことにご不満のお客様もおられることをマイクロソフトは認識しています。連絡先は情報に含まれず、情報の取り扱いはカスタマ エクスペリエンス向上プログラムのプライバシーに関する声明に従いますが、情報の共有を望まないお客様はプログラムに参加されないことをお勧めします。

参加を選択した場合、プライバシーはどのように保護されますか?
CEIP レポートには、名前、住所、電話番号など、お客様の連絡先情報は含まれません。CEIP ではグローバル一意識別子 (GUID) が生成され、コンピュータを一意に識別するためにそのコンピュータに保存されます。GUID はランダムに生成された番号で、個人情報は含まれません。また、お客様の特定には使用されません。CEIP ではマイクロソフトが受信するフィードバックの範囲やその重要度を区別するために GUID を使用します。たとえば、マイクロソフトは GUID を使用して、ある問題が 100 回起こっているお客様と、同じ問題が 1 回だけ起こっているお客様を区別できます。GUID はコンピュータに保存され、CEIP レポートと共に毎回送信されます。一部のレポートには、お客様のコンピュータに接続されているデバイスのシリアル番号など、個人識別子が意図せず含まれる可能性があります。マイクロソフトは、CEIP レポートに含まれる情報をフィルタリングして、含まれている可能性がある個人識別子を削除することに努めます。個人識別子を受信する限りにおいて、マイクロソフトが個人を特定したり、連絡を取ったりするためにこれらの識別子を使用することはありません。詳細については、カスタマ エクスペリエンス向上プログラムのプライバシーに関する声明を参照してください。

いずれかの製品で CEIP への参加を選択した場合、その製品のプライバシーに関する声明でもプライバシーとデータ収集に関する情報を確認できます。