MICROSOFT サービス規約の追加契約

MICROSOFT OFFICE 365 CONSUMER SUBSCRIPTION サービスおよびソフトウェア : MICROSOFT OFFICE 365 HOME MICROSOFT OFFICE 365 UNIVERSITY MICROSOFT OFFICE 365 PERSONAL

Microsoft Office 365 Consumer Subscription をお選びいただきありがとうございます。お客様による Office 365 Consumer Subscription サービスおよびソフトウェアの使用には、Microsoft アカウント ( Windows Live ID) のサインアップ時にお客様が同意されたマイクロソフトサービス規約の契約条件、ならびに本追加契約の契約条件が適用されます。これらの契約条件は、本追加契約に記載されている Web リンクに掲載されているその他の条項と共に、お客様と Microsoft Corporation (またはお客様の所在地に応じた関連会社。以下、「マイクロソフト」といいます) との契約を構成します。ライセンスを取得したデバイスに本ソフトウェアをインストールまたは使用する場合、別途のライセンスが表示されることがあります。かかる別途のライセンスが本追加契約と矛盾する場合は、別途のライセンスが適用されます。便宜上、本追加契約は 2 つの部分で構成されています。最初の部分には、導入的な条項が記載されています。その後に続く追加条項には、内容がより詳細に記載されています。すべての条項が重要であり、お客様に適用される本契約を形成するため、リンク先の条項を含む本追加契約全文を確認してください。お客様は、使用しているブラウザーウィンドウに転送リンクを貼り付けることで、リンク先の条項を確認できます。マイクロソフトサービス規約と本追加契約との間に矛盾がある場合、お客様による Office 365 Consumer Subscription の使用については、本追加契約が適用されます。

お客様は、本契約に同意することにより、または本ソフトウェアおよび本サービスを使用することにより、以下のすべての条項に同意し、ライセンス認証中および本ソフトウェアおよび本サービスのインターネットベースの機能において、特定の情報が送信されることに同意するものとします。お客様がこれらの条項に同意せず、またこれらの条項を遵守しない場合、本サービスおよび本ソフトウェアを使用することはできません。

本サービスの一部として提供される本ソフトウェアはどのように使用できますか。当社は同ソフトウェアまたはその複製物をお客様に販売するものではなく、その使用許諾を与えるものです。マイクロソフトは、マイクロソフトのライセンス許諾の下、お客様が本追加契約のすべての条項に従うことを条件として、一度に 1 人のユーザーが 1 台のライセンスを取得したデバイス (最初にライセンスを取得したデバイス) に本ソフトウェアの複製 1 部をインストールして実行する権利を許諾します。Microsoft アカウントが最初にライセンスを取得したデバイスのソフトウェアライセンスに関連付けられているユーザーは、「ライセンスを保有するサブスクライバー」です。お客様は、本追加契約のすべての条項に従うことを条件として、以下のとおり、ライセンスを取得したデバイス (最初にライセンスを取得したデバイスを含みます) に本ソフトウェアの複製をインストールして実行することができます。

Office 365 Home5 台の PC または Mac 5 台のタブレットにインストールして、ライセンスを保有するサブスクライバーと同じ世帯の一員のみが使用できます。1

Office 365 University1 台の PC または Mac 1 台の追加の PCMac、またはタブレットにインストールして、ライセンスを保有するサブスクライバーのみが使用できます。2

Office 365 Personal1 台の PC または Mac 1 台のタブレットにインストールして、ライセンスを保有するサブスクライバーのみが使用できます。1

1Military」および「Canadian Forces」サブスクリプションに適用される資格および要件については、「追加条項」をご参照ください。

2 「アカデミックパック使用対象者」に適用される資格および要件については、「追加条項」をご参照ください。

一度に 1 人のユーザーのみが、ライセンスを取得した各デバイス上で本ソフトウェアを使用することができます。本サービスおよび本ソフトウェアは、商用、非営利、または収益が発生する活動では使用できません。本ソフトウェアのコンポーネントは 1 つの製品として許諾されているため、お客様はコンポーネントを分離または仮想化し、複数のデバイスにインストールすることはできません。下記「リモートアクセス」に規定されている許諾された使用方法を除き、本ライセンスは、キーボード、マウス、タッチスクリーンなど、ライセンスを取得したデバイスの入力機構を通じて本ソフトウェアを直接使用する場合にのみ許諾されます。本ライセンスでは、本ソフトウェアを、サーバー上にインストールすること、および内部もしくは外部ネットワーク上のサーバーに接続されているその他のデバイスで、またはかかるデバイスを介して使用することは許諾されません。また、本ソフトウェアは商用ホスティングのためにライセンスされるものではありません。マルチユーザーシナリオおよび仮想化の詳細については、「追加条項」をご参照ください。

本ソフトウェアの使用期間は何日ですか。本サービスおよび本ソフトウェアを使用するお客様の権利は、サブスクリプション期間内に限定されます。お客様は、サブスクリプション期間を延長するオプションを留保します。サブスクリプション期間を延長する場合、お客様は延長されたサブスクリプション期間の終了まで本サービスおよび本ソフトウェアを使用することができます。サブスクリプションの詳細については、本ソフトウェアのライセンス認証に関する画面またはその他の付属する資料をご参照ください。サブスクリプション期間の終了後、本サービスおよび本ソフトウェアの大部分の機能は実行できなくなります。

本ソフトウェアを別のデバイスに移管したり、別のユーザーに譲渡したりできますか。ライセンスの移管および譲渡は禁止されています。お客様は、上記のインストールおよび使用に関する権利に従って、本ソフトウェアライセンスを別のデバイスに移管することができます。お客様が本ソフトウェアライセンスを新しいデバイスに移管した場合は、以前のデバイスでは本ソフトウェアを実行できなくなります。

インターネットでのライセンス認証はどのように行われますか。ライセンス認証により、本サービスまたは本ソフトウェアの使用が特定のデバイスに関連付けられます。ライセンス認証は、ソフトウェアライセンスが割り当てられているライセンスを取得したデバイスごとに行う必要があります。ライセンス認証中に、本ソフトウェアによってマイクロソフトまたはその関連会社への問い合わせが自動的に行われ、当該ライセンスがライセンスを取得したデバイスに関連付けられていることが確認されます。ライセンス認証は、本ソフトウェアのライセンス機能またはライセンス認証機能への不正な変更を特定したり、本ソフトウェアの不正使用を防止したりすることを目的としているため、お客様は、ライセンス認証が認められた期間の終了後に本サービスおよび本ソフトウェアを使用する権利を有しておらず、ライセンス認証を無視または回避することは禁止されます。お客様が、ライセンス認証が認められた期間中にプロダクトキーを入力されなかった場合、本サービスおよび本ソフトウェアの大部分の機能は実行できなくなります。

本ソフトウェアによって個人情報が収集されますか。お客様がお客様のデバイスをインターネットに接続すると、本サービスまたは本ソフトウェアの一部の機能によって、マイクロソフトまたはサービスプロバイダーのコンピューターシステムに接続されて、情報が送受信される場合があります。接続が行われる際、お客様に対する個別の通知は行われない場合があります。お客様は、このような機能を使用することを選択した場合、その機能の使用時にこの情報が送受信されることに同意するものとします。これらの機能の多くは、無効にするか、使用しないように選択することができます。

追加条項

A.ライセンスに関する権利と複数のユーザーが使用するシナリオ

1.      デバイス。本契約では、「デバイス」とは、本ソフトウェアを実行することのできる、記憶装置を搭載したコンピューターハードウェアシステム (物理的システムまたは仮想システム) またはモバイルデバイスを意味します。ハードウェアのパーティションまたはブレードはデバイスとみなされます。

2.      複数接続またはプールされた接続お客様は、マルチプレキシング (多重化) または接続をプールするためにハードウェアまたはソフトウェアを使用することはできず、複数のユーザーまたは複数のデバイスが、ライセンスを取得したデバイスを介して間接的に本ソフトウェアにアクセスまたは本ソフトウェアを使用できるようにすることもできません。

3.         仮想化された環境における使用。お客様は、クライアント Hyper-V を含む仮想化ソフトウェアを使用して単一のコンピューターハードウェアシステムに 1 台以上の仮想デバイスを作成する場合、各仮想デバイスおよび物理的デバイスは、本契約の目的上、別個のデバイスとみなされます。本ライセンスでは、物理的デバイスであるか仮想デバイスであるかにかかわらず、ライセンスを取得した各デバイスに本ソフトウェアの複製 1 部のみをインストールして使用することが許諾されます。お客様は、本ソフトウェアを仮想化する場合、本ソフトウェアの別個の複製を取得し、複製ごとに別途ライセンスを取得しなければなりません。仮想化された環境では、デジタル著作権管理技術またはその他のフルボリュームディスクドライブの暗号化テクノロジで保護されたコンテンツのセキュリティレベルは低い場合があります。

4.         リモートアクセス。ライセンスを保有するサブスクライバーは、ライセンスを取得したデバイスにインストールされた本ソフトウェアに、他のデバイスからリモートアクセスして使用することができます。ただし、ライセンスを取得したデバイスにインストールされた本ソフトウェアが、別のユーザーによってリモートアクセス以外の方法で同時に使用されていない場合に限ります。例外として、お客様は、お客様にテクニカルサービスを提供する目的に限り、他のユーザーが本ソフトウェアに同時にアクセスすることを許可できます。

B.   ライセンス認証

1.         ライセンス認証の仕組みの詳細。ライセンス認証中、本ソフトウェアにより本ソフトウェアおよびお客様のデバイスに関する情報がマイクロソフトに送信されます。この情報には、本ソフトウェアのバージョン、ライセンスバージョン、言語、プロダクトキーのほか、デバイスのインターネットプロトコルアドレス、およびデバイスのハードウェア構成から派生した情報が含まれます。ライセンス認証の詳細については、microsoft.com/piracy/activation.mspx をご参照ください。ライセンスを取得したデバイスがインターネットに接続されている場合、本ソフトウェアはマイクロソフトに自動的に接続してライセンス認証を行います。本ソフトウェアのライセンス認証は、インターネットにより手動で行うこともできます。インターネットのご利用に際しては、別途通信料金が発生することがあります。

2.         再ライセンス認証。お客様がデバイス構成を変更した場合や、本ソフトウェアの設定を変更した場合には、本ソフトウェアの再ライセンス認証を行う必要が生じることがあります。

3.         ライセンス認証の失敗。オンラインでのライセンス認証中、本ソフトウェアのライセンス機能またはライセンス認証機能が偽造されているか、ライセンスが正式に取得されていないことが確認された場合、ライセンス認証は失敗します。本ソフトウェアは、インストールされた本ソフトウェアの複製のライセンスが正式に取得されているかどうかをお客様に通知します。また、適切にライセンスを取得したソフトウェアの複製を取得するよう求める通知がお客様に表示されます。

4.         更新プログラムおよびアップグレード。お客様は、マイクロソフトまたは正規マイクロソフト販売代理店からのみ、本ソフトウェアの更新プログラムまたはアップグレードを入手することができます。特定のアップグレード、サポート、およびその他のサービスは、正規のマイクロソフトソフトウェアのユーザーにのみ提供される場合があります。正規のマイクロソフトソフトウェアを識別する方法については、howtotell.com をご覧ください。

C.      追加のライセンス制限、条件、および使用権

1.   Office 365 Military サブスクリプション。お客様は、「Military」サブスクリプションとして指定されている本サービスおよび本ソフトウェアに登録して使用するには、「認定軍事ユーザー」でなければなりません。アメリカ合衆国において認定軍事ユーザーになるには、お客様は適用される合衆国連邦制定法および規制に従って軍施設購買部の認定顧客でなければなりません。

2.      Canadian Forces サブスクリプションお客様は、「Canadian Forces」サブスクリプションとして指定されている本サービスおよび本ソフトウェアに登録して使用するには、「CANEX 認定顧客」でなければなりません。CANEX 認定顧客になるには、お客様は以下のいずれかの条件を満たさなければなりません。

·カナダ軍 (CF) に服務するメンバーまたはその配偶者であること

·カナダ軍予備部隊のメンバーであること

·カナダ軍退役メンバーであるか、または国防総省 (DND) 軍属で DND 年金を受給していること

·Non-Public Funds (NPF) または DND の終身雇用常勤または非常勤の従業員、もしくはその配偶者であること

·CANEX 営業許可取得者 (代表者のみ) であること

·外国の適格軍人であること

·NPF の退職従業員で NPF 年金を受給していること

·代替的サービス提供の契約業者の常勤従業員であること

·CF 関係者の寡婦で、子供家庭サービス法、国防サービス拠出年金法、年金法、または退役軍人手当法に基づく給付金を受給していること

·Canadian Corps of Commissionaires のメンバーで、基地または航空団に居住または雇用されていること

·カナダ連邦警察のメンバーであること

3.      University サブスクリプション。お客様は、「University」エディションのサービスおよびソフトウェアに登録して使用するには、「アカデミックパック使用対象者」でなければなりません。University サブスクリプションの詳細について確認する場合、またはお客様がアカデミックパック使用対象者かどうかを確認する場合は、microsoft.com/education を参照するか、最寄りのマイクロソフト関連会社までご連絡ください。

4.      再販禁止サブスクリプション (Not For Resale」または「NFR)。再販禁止サブスクリプションカードは、限定された目的のために頒布されています。お客様は、「NFR」または「Not for Resale」の表示のあるサブスクリプションカードを販売することはできません。

5.      第三者のプログラム。本ソフトウェアには、第三者ではなく、本契約に基づいてマイクロソフトからお客様にライセンスされる第三者のプログラムが含まれていることがあります。第三者のプログラムの注意事項がある場合は、お客様への参考情報としてのみ含まれます。

6.      フォントコンポーネント。本ソフトウェアの実行中、お客様は本ソフトウェアに付属のフォントを使用してコンテンツを表示および印刷することができます。お客様は、コンテンツを印刷するためにフォントをプリンターまたはその他の出力デバイスに一時的にダウンロードしたり、フォントの埋め込みに関する制限の下で許容される範囲でコンテンツにフォントを埋め込んだりすることができます。

7.      試用版および移行。本サービスおよび本ソフトウェアは、一部または全体が試用版ベースでライセンスされることがあります。試用版のサービスおよびソフトウェアを使用するお客様の権利は、試用期間内に限定されます。試用版のサービスおよびソフトウェア、ならびに当該試用サブスクリプションは、そのライセンス認証プロセス中に示されます。お客様は、試用版に関する権利をサブスクリプションまたは永続的な権利に移行するオプションを留保します。移行するオプションは、試用期間の終了時にお客様に提示されます。権利を移行することなく試用期間が終了すると、試用版のサービスおよびソフトウェアの大部分の機能は実行できなくなります。

D.      地理的制約と輸出規制

お客様は、本サービスまたは本ソフトウェアを取得した地域でのみ、本サービスまたは本ソフトウェアを使用することができます。マイクロソフトのソフトウェアおよびサービスは、米国およびその他の管轄地域における輸出および技術に関する法律の対象となります。お客様は、本ソフトウェアおよび本サービスに適用される、当該すべての法律および規制を遵守することに同意するものとします。かかるソフトウェアおよびサービスを禁輸措置対象国または特定の規制対象当事者に譲渡するには、米国政府の許可が必要です(詳細については、treasury.gov/resource-center/Documents/soc_net.pdf をご参照ください)また、有料サービスは、米国および日本国の輸出に関する規制の対象となります。お客様は、適用されるすべての国内法および国際法 (輸出対象国、エンドユーザーおよびエンドユーザーによる使用に関する制限を含みます) を遵守しなければなりません。詳細については、www.microsoft.com/japan/exporting を参照してください。

E.      完全合意

本追加契約 (ならびにマイクロソフトが提供してお客様が使用する任意の追加ソフトウェア、更新プログラム、およびサービスに付属する条項、およびライセンスを取得したデバイスに本ソフトウェアをインストールして使用する際に表示されることがある別途のライセンス) および本追加契約に記載されている Web リンクに掲載されている条項は、本サービスおよび本ソフトウェアならびに当該追加ソフトウェア、更新プログラム、およびサービスに関する完全なる合意です (ただし、マイクロソフトが、当該追加ソフトウェア、更新プログラム、またはサービスについてその他の条項を提供している場合は、この限りではありません)。本追加契約は、本ソフトウェアの実行後、本ソフトウェアの [ヘルプ] 画面を表示し、[マイクロソフトソフトウェアライセンス条項] リンクをクリックすることによって確認できます。また、本契約に記載されているリンク先に掲載されている条項は、使用しているブラウザーのアドレスバーにその URL を入力することでも確認できます。お客様は、かかる条項を確認することに同意するものとします。お客様は、本サービスを使用することによって、本追加契約およびリンク先の条項に同意することになることを理解するものとします。また、本契約には情報が掲載されているリンクも記載されています。お客様とマイクロソフトが法的拘束力を受ける条項が記載されたリンクは、以下のとおりです。

·        go.microsoft.com/fwlink/?LinkID='246338' (Microsoft サービス規約)

This site in other countries/regions: